伊勢丹本店にて6日間ピアノ弾きます



僕にとって憧れの、伊勢丹本店。

過去にも屋上盆踊りやアコーディオン練り歩きなどのお仕事をさせて頂きましたが、久しぶりにお仕事をさせてもらえることになりました。






伊勢丹新宿 蚤の市「No Mi No」 5/29〜6/3

本館6階 催事場にて

詳細はこちらに!


アンティークモールが6日間、伊勢丹に出現します。その中央に飲食ブースの広場がありまして、ど真ん中にアップライトピアノを置きまして、そこで弾きまくります。


アンティークモールに合わせて、アンティークな衣装を、との事。丸いメガネとかサスペンダーとか、1930年代風でいこうかな。



演奏予定及びメンバーは

5/29(水)ピアノソロ (わたくし)
14時 15時 16時 17時 18時
5/30(木)ピアノ(てっぺい)、ベース
14時 15時 16時 17時 18時
5/31(金)ピアノソロ(わたくし)
14時 15時 16時 17時 18時
6/1(土)ピアノ(たかちゃん)ベース(私)
14時 15時 16時 17時 18時
6/2(日)歌(RM)ピアノ(たかちゃん)ベース(わたくし)
14時 15時 16時 17時
6/3(月)ピアノソロ(わたくし)
13時 14時 15時 16時 17時


最終日は18時閉場となります。


ピアノは基本的に毎日私なのですが、5/30テッペイ氏、6/1〜2はたかちゃん。6/2ヴォーカルは周年で歌ってた髭の方です。(不動の固定メンバー)

開店前に毎日弾いては、店に戻り開ける日々が続きます。身体持つんだろうか、、、。



皆様のお越しをお待ちしております!!



14周年パーティー終わりました




まずは、狭い中来て下さった178人の皆様に御礼を申し上げます。ありがとうございました。


山奥の小さなフェスみたいな、いい雰囲気に仕上がりました(笑)





個別にお話も出来ませんたが、アイコンタクトとたくさんの音符、という形で「ありがとう」と叫んでいましたの、分かりました?(ズルいですかね)




今回のバンドは留学中のM氏とその伴侶が一時的に抜けまして、5人。そこへヴォーカルが3名でした。





我ながら良いメンバーに支えられ、弦楽器とジャズというキヌギヌ新境地を進んでおります。編曲はピアノのたかちゃん。本当にいつもありがとう!


そして、スタッフはこの通り。レギュラーも居れば年に一度の方もいれば、という村祭り的なメンバー。一番古い方で2年半なんだけど、家族のような存在です。





日の差す中で、ミネストローネの香りと共にスタート。






数々の飛び入り。オペラ歌手いずみちゃんにドラァグクイーンのドリアンによる美輪明宏氏、ジャズピアノのてっぺいくん、パーカッショニストのHくんに、、、もう数え切れないくらい。


途中、警察がいらしたりしましたが、その後はアンプラグドにてラストまで突っ走りました。





8時間の間に、本当にたくさんのいい男達が来てくれました。そう、ウチのお客さんはいい男が多いのです。物静かで知的で、群れて騒がず、でもよく笑い、ノリも良い。
7時くらいでしょうか、思わず店内を見回して見惚れてしまった瞬間があります。


内輪ネタのうるさいガキ共や、沢山で群れないと行動できないようなチーム、説教臭い上に、すぐ口説こうとするジジィなんかは居ませんの。よそは知らんけど。




そして、このブログでお馴染みの三橋順子先生がお見えになり、、、準備に2日徹夜なのと飲みすぎた僕はビービー泣いてしまいました、、。





三橋先生は僕がこの10数年欠かさずに毎日ブログをチェックしている、トランスウーマンの大学の先生。

いわゆる、「僕のアイドル」なんですね。

性社会、性分化史研究がご専門なのですが、あらゆるジャンルを網羅してらっしゃる。



まあ、ずっと泣きそうでムズムズしてた所に、トドメを刺された感じですかね。嬉しかったな。








節目とはいえ「長年の想い」とか「今年の抱負」みたいなのはもう良いですよね。毎年書いてるし(汗)


今後への抱負があるとしたら「日数減らしながらもより充実した営業を」的な感じですかね。ちょこちょこ連休なぞ取りながら、この後長くやらせて頂けたらと思います。

お休みを限りなく減らして、いつも開いている店って、割り切ればすぐ出来るのだけど、それって何の意味があるんだろうか。

そう言うお店のマスターって、疲れ切ってて愚痴っぽい話が多い気がする、、。


僕ならリフレッシュしながら、常に元気な状態で長く続けたい。延いてはお客さんの為でもあるのです(笑)



なので、お休み確認としてこのブログをチェック頂くよう、今後ともよろしくお願い申し上げます。無駄足は踏まないでください。あ、今夜もお休みです。



もはや、バーだからとか飲食業だから、こうあるべきなんてのは脇に置いておいて、もっとプリミティブな課題に向き合わないといけないのです。

究極的には酒と音楽があって、素敵な「しがらみのない」知り合いが少し横にいて(これ重要)違う生き様の人から刺激をもらえて息抜きが出来、なおかつちょっとだけ色恋の期待もある、そんな場所が僕の店の理想なわけです。


それはバーへの期待すべきコンテンツ、延いては生きる上での不変の欲求とも言えるんだけど、永遠に変わらないそれを最大限に引き出せるよう、僕が毎日チューニングできるようなる、という課題。

今は出来る日と出来ない日があるのです。当たり前だけど。

こんなに楽しくて難しい課題はないんで、とにかく長く続けるしかない、のですねぇ。


年に一度の周年パーティーは、この答え合わせ的な部分も多分にあります。今年は夕方の段階で上手く流れが作れたな、と言うわけで意識的に酔わせて頂きました(笑)



ノリが作れて流れ出したら、僕なんかは酔っ払いの木偶の坊の方が良かったりします。

これも経験上だけれど、フワーッと漂うクラゲみたいにアホな方がお客さんも横同士が結びつきやすい。

「あー、シンスケかなり出来上がって来ましたね、、」

「さっきから叫んでるだけですよね、、w」



こんなにも平和な共通の話題が、果たして他にあるでしょうか、、。


たかが酒場の、そんな風な割とどうでもいい事を真剣に考えている毎日です。




そんな中で騒音により警察が来てしまいました。子供の日の6時前、夕方でもうアウトなんだ、と愕然としつつもちゃんと謝る。

来年からマイク控えようかとも思っています。多分僕の声で苦情頂いたんだと。

アンプラグドで出来れば、それも森の中みたいで楽しいかも。元々、そんな空間目指してるところではあるのですが。

んで、半分くらいの人はウトウト寝てる、みたいなノリを目指したいです。






ともあれ、今後もゆるーく、頑張らず、楽しく参りましょう。

もう少し気を張らず、楽しんだっていいんじゃない?




15年目もどうぞ、変わらぬご愛顧を宜しくお願い申し上げます。



店主より。










ティアラ研究その3




さてさて、令和という新時代が幕を開けました。あけましておめでとうと言うのか、なんと言うのか。

正月が二度来たような、という言葉がぴったりな心境でございます。そして、待ちに待ったティアラチェックのタイミングでもあります。



なんせ、検索で「皇室 ティアラ」と入れると一番上にここが出ちゃう。昨日あたりからエゲツないアクセス数で困惑しております。


しかし、ビビって書かないわけにはいかないのです。代替わりのタイミングでごっそり出揃う、こんな機会は滅多にありません。





まずはおさらいから。


皇后のティアラは三種類。


美智子さまは首をお痛めになられてから、お付けになられるのを控えられました。なのでここ数年は見ることが叶いませんでした。

第1はトップに大粒ダイヤの付いた山型デザイン。第2は大正6年製、菊花デザインのバンド状。第3は昭和3年製のクルクル螺旋を描いたようなデザイン、通称パルメットのティアラ。



その中でも第1ティアラ。




明治18年、ドイツのレオンハートフィーゲル社で作られまして、元々は星のようなのがトップに付いており、取り外しが出来たとの事ですが、後にセッティングが変更されて背が低くなっております。オリジナルはこんなでした。




今回の朝見の儀に於いて雅子さま、きちんと受け継がれております!!!





はぁ、やはり美しいですね。ダイヤの粒が他のティアラより格段に大きい。位取りとしては当然だけど、流石の貫禄。


胸元のダイヤのネックレスも二連に。

歴代の皇后の正装だと三連装着が多いのだけれど、美智子さまはある時を境に一連でのみ装着なされていた。




美智子さま、きっと「わたくしには華美すぎるのでは、、」なんてお控えになっていた、と勝手に推測してみる。

この辺りは皇后それぞれの好みなのか、何かプロトコルがあるのか、、。僕のような平民には知る由もない。


下衆の勘繰りはまだまだ続きます。
続きましては皇太子妃のティアラ。こちらは二種あるらしいのだけれど、そのうちの第1ティアラ。もう長い間誰もお付けになられていませんでした。ネット上には無くなったんじゃないか、なんてニュースも。





今朝の紀子さま、こちらを装着なさっておられました。スゲ!





幅広のネックレスも皇太子妃からそのまま横滑り、と考えられます。紀子さまは秋篠宮皇嗣妃殿下(で合ってますか?)なのですが、皇位継承順位第2位の奥さま。前のままのティアラと言うわけにはいかないですもんね。


以前のは少し小ぶりなデザインでした。




今後の式典や晩餐会などにて、皇太子妃の第2ティアラにも注目したいと思います。

個人的に好きなデザイン。









しかし皇室のティアラ、何個あるんだろか。もしかしたら皇太子妃の第3ティアラ、なんてのもあるのかな、、なんて思いながら香淳皇后の画像検索をしていたら、また見つけてしまいました。

1924年頃、ご成婚直後と思われる絵葉書。






ひゃー!アンテナみたいなティアラ!!











思わず懐かしい方のお顔が浮かびました、、。





このティアラ、今も宮内庁の金庫の奥深くにあったりするんだろうか。

もしも改元を記念してティアラ展、なんて開催されて、日本橋高島屋辺りに全てがズラッと並べられたら、、。


見たい気もするけど、お寺の秘仏と同じく奥深くに閉まってある方が有難い気がします。そして、こういう晴れの日の目出度いタイミングでキラっと出現して、僕のような得体の知れないマニアがあれこれ予測する。


何事も開かれ過ぎない方が、ロマンがあっていい気がしますよね^_^







にしても雅子さま。とても晴れやかな、輝くような笑顔でいらっしゃったなぁ。ご体調の問題など色々ありましたが、ここで一安心。


どうかご無理をなさらず、陛下と共にご公務頑張って下さいね!








5月のシフト






五月のシフトは以下のようになります。どうぞよろしくお願い致します。(空欄はシンスケ一人で開けております)

1(水)お休み
2(木)とも
3(金)ケンジ
4(土)タケ
5(日)14周年パーティー15:00〜23:00
6(月)定休日
7(火)急遽お休み頂きます!
8(水)
9(木)
10(金)タケ
11(土)とも
12(日)〜24:00
13(月)定休日
14(火)
15(水)
16(木)
17 (金)あも
18(土)タケ
19(日)〜24:00
20(月)定休日
21(火)
22(水)
23(木)
24(金)とも
25(土)あも
26(日)〜24:00
27(月)定休日
28(火)
29(水)
30(木)
31(金)タケ



両陛下のご退位に伴い、このアホみたいなブログのアクセス数がとんでもない事になっておりまして、恐怖を感じております。捕まらないかな、、。

まあ、元号が変わるなんて大ニュース。過ぎ去るのを待ちましょうかね。

テレビでは毎日、平成最後の、、というフレーズを聞き飽きた感がありますが、そんな少し浮かれた年末感の中、怒涛のゴールデンウイーク。


新スタッフ氏もとても頑張って下さり、スタッフの皆さんに助けてもらう中で僕の平成も静かに終われそうです。

令和も引き続き、キヌギヌちゃんをご愛顧を賜りますよう心よりお願い申し上げます。


月曜定休以外に4/30と5/1.5/7はお休みを頂戴致します。どうぞよろしくお願い申し上げます。




新宿区&渋谷区議選2019




昨日の新宿区議選、きちんと投票に行って参りました。

ブログには選挙の話は相応しくない、とはいえ、自らのダイエットや鬱にハゲ、皇室を危惧する心情まで何でも晒している以上、書かないわけにいかない。


僕がどなたに投票したか、詳細は置いておいて(なんだそれ)


で、今回目立ったのはLGBTの候補者。我が新宿区には2名もいらっしゃるのです。


依田カレンさん(47)

彼女はMtF、つまり男性から女性になられた経歴を持ちます。




ショーダンサー(プロフには六本木金魚とありました)を経て、立候補なさったということ。


そしてもうお一方、高月まなさん(45)こちらもMtFだそう。





こちらは日本共産党より立候補。重度の介護現場にて17年働かれたという経歴をお持ちです。趣味はヴァイオリンとの事。

写真もヴァイオリン演奏姿。






当事者側からしてみると、新宿二丁目を擁する新宿区で、どうして同性パートナー法案が無いのかは謎でした。よりお硬そうな港区、世田谷区に続き渋谷区、中野区にあるのに新宿区にはない。

こんなカオスな新宿区の癖に(笑)



新宿区議会には、何やら闇がありそうだな、と邪推しておりました。



自分の側からしてみると、ゲイとしてより商売しやすく生きやすい新宿区であってほしい。そう思いまして今回はこのお2人のどちらかで、賛同ポイントが多い方の方に投票致しようと思っておりました。ショービズと介護現場。全く違う畑からのお2人。

LGBT政策だけを論点に投票する訳ではなく、福祉や教育なんかも読ませて頂きましたが、どちら様も納得の内容。

というか、新宿区議選だけで53名の候補者。まさか全員読んでらんないでしょ(汗)





なので、僕は自分の利益に近い方にグーッと絞ってから決めることにしてます。

頭の固そうな保守系議員さまは元々沢山いらっしゃるのだから、柔らかそうな方が増えた方がいいでしょ。


気になる選挙結果はお二人とも当選なさいました!おめでとうございます。ダンサー姉さんが4位当選、ヴァイオリン姉さんは14位でした。




そしてお隣渋谷区。


キヌギヌにもたまに来て下さる岡田マリさん。






マリさんも偶然にもヴァイオリンを弾いてらっしゃいまして、キヌギヌでもたまに弾いて下さるんですよ。

プロフィールにも載ってました。NHKのチコちゃんみたいで可愛い(笑)









対するは今回の渋谷区議選の話題。元仮面女子、東大卒アイドル。

こちらがその仮面女子、橋本ゆきさん。(プロフィール写真より)






結果は岡田マリ、年の功もあってか(笑)今回もトップ当選、3288票でした!4期目突入おめでとうございます。


橋本さんも2376票にて、見事ご当選。

マリちゃん、東大卒アイドルと共に素晴らしい渋谷区政を運営出来ますよう頑張って下さい。




(と、ここで終わるつもりでした)



***





書き終わっていつも通り読み返してみると、奇しくもヴァイオリンを弾ける(趣味欄に書いてらっしゃる)候補者がここには2名。






そして、全ての写真が偶然にも白いジャケット、、、。本当に、ランダムに検索して使用させて頂いただけなんですが、見事に白いジャケット。チコちゃんまでもが白い。












ヴァイオリン、白い上着、、、。うむむ。







ワシも立候補出来るかも!!





肝心のマニフェストどーしましょうか。



景気刺激策として、深夜に都心から郊外に向かう地下鉄を1時間に一本くらい動かします。これは治安対策にもなる。


そして、潰れそうなレトロな建築全てを保全するかな。区指定文化財みたいなのにして。これから建築される建物がレトロならいっぱい補助金を出す。50年後位には戦前の銀座みたいな雰囲気の街に。


食文化向上にも力を入れたいですね。僕の好物のC&Cのカレー、天下一品のレシート提出で住民税から控除される。ペヤング焼きそば、ビシソワーズ、生ウニとハモも対象。


長寿社会樹立のため、糖質制限ダイエットを行う住人には補助金として月に10万円を最長24カ月支給して、、、。


区民サービスとして、皇室所有の全ティアラを一斉に展示。過去の写真パネルを使って偽装疑惑を詳しく解説(怒られそう)


アホなのしか思いつかないよ、、。やはりモチは餅屋に任せておきましょう。






住人ファーストの区政を心より期待しております。







近況あれこれ





さて、お店の方は大型連休の前という事で少し落ち着き気味であります。まあ、暇なんですよね(笑)でも、これははこれで味わいつつ、楽しくやっております。


ベランダのバラ、もう少しで咲きそうです。木瓜からピンクのクライミング、ピエールドゥロンサールへと4週間ほど楽しめますよ。






5/5の14周年パーティーに向けて準備も順調です。どうぞ会員の皆様のお越しをお待ちしております。


一部の読者の方よりモルモット日記的に支持を得ていますダイエットその後。


今年の1/9より始めて、今日で3ヶ月ちょっと。

9キロ落ちたところで見事に停滞しております(笑)20日ほど変化なし。






いや、停滞というより安定、ともいえる。だって、ダイエット始める前レベルに食いまくってるんだけど増えないんですよ。


思い切りドカ食いして、「あー、しまった」と翌日体重を測るも、少し痩せてたりする。始めた頃の、気を抜くと2〜3キロ増えちゃう、って危うさはもはやどこにも無い。この調子でさらに落としていきます。




僕は結婚式や撮影の為に瞬間的に痩せたいんではなく、中肉中背の普通体型で今後の人生を歩みたいのです。特に腹側れなくてもいいし、筋肉もいらんのです。

普通体型、、この甘美な響き、、。


普通体型を維持する前に横たわるのが、リバウンド問題です。恥ずかしながらリバウンドはもう4回ほど経験してますが、ダイエット成功のご褒美、という名の暴食。この罠に何度ハマった事か。

今回はもう騙されないもんねー。体重維持に命を懸けます。

16キロダウンが目標なので、あと7キロ。月に2キロ落とすペースで7月にそこへ持って行って、そこから2年間かけてキープ、完全に体を慣らす予定。






リバウンド、、と言えば、僕なんかよりかの方が心配になります。











これは先月くらい、大幅リバウンド後のご尊顔ですが、、、





一時期はここまで痩せられておられました。







って、同じ人なの、これ?



このブログ、皇室関連の記事が多い中、今まで我慢して触れずにいましたが、どう見ても違います。更には、、





これらの写真、全部違う方にお見受けするのは僕だけでしょうか、、、。


デブ歴の長い僕の知識によりますと、どんなに太っても鼻には脂肪が付きにくいんですって。頰や瞼、オデコも等しく太るのですが、鼻はいちばん最後に太ります。




鼻の形に注目してご覧ください。






うむむ、、、。上段右は明らかに鷲鼻でいらっしゃる。脂肪云々以前の話ですわ。


写真から見る客観的事実。そんな事が行われているだなんて、書きつつも未だに信じられません。だって、そんな事を祖父母であるお2人なら咎めるに決まってる。(お婆ちゃんも替え玉、という話は全てがなし崩しになるので他に譲ります)


信じたくない反面、材料が出揃いすぎているこの現状。愛子さま、と検索すればすぐに「替え玉」と予測が出る。


このお鼻の形、、、。はぁぁ。




最近のお太りになられたお写真を見る限り、、。また昔のお顔に戻られてます。シフトなのか、持ち回りなのか。


なんか、町内会の班長みたいだな(汗)






一番見慣れたお顔の愛子さまへ。





鷲鼻にもガリガリにもならなくていいよ。もはやシフト制でも何でも良い、ずっと そのままのあなたでいてくれさえすれば。


来月からも変わらず応援してますよ!













話は変わりまして、先日、日本橋高島屋さんにて両陛下の展示をやってましたので拝見して参りました。


何と無料なんですね。流石は宮内庁御用達。

一階にドドンと馬車がございます。





皆さんご存知だと思いますが、この上の屋根、カポッと外れるんですね。

僕としては中のファブリックを見たかった、、。白地に花柄なんですが。







そして、今月末の儀式に伴う見所として、ティアラ問題があります。



前提として、現皇后陛下美智子さまは首を痛められてから、ティアラを着用なさってません。

ティアラ関連ははこちらをご覧ください

国所有で、皇室に貸し出されている皇后のティアラは3つ。明治以来の第一ティアラと菊のティアラ、パルメットのティアラ。

皇太子妃のティアラは2つ。ご成婚パレード着用の第1ティアラと僕が気にしているサンシャインのティアラ。作られた頃と今とでは、石の透明度が全く異なります。




新皇后雅子さまが即位関連の儀式でお付けになるのは第1ティアラなのか、それ以外なのか。

秋篠宮皇嗣妃殿下(ややこしいな)である紀子さまは皇太子妃ではないにしろ、どのティアラなのか、皇太子妃のをお使いになられるのならば第1なのか第2なのか。第2ならばバゲットダイヤの透明度はどうか、など。


これらが全て、生中継で詳らかになってしまいます。
きっと、即位の前後はハラハラして気が休まりません。引き続きこちらにてウォッチしようと思います。(何のために、、)





揺れ動く皇室を御心配申し上げながらも、つくづく平和な国に生まれて良かったと再認識する春の昼下がりでございました。






松山こぼれ話




いやー、本当に素敵な街だった、松山市。

好きな理由は前のブログにも買いたのですが、コンパクトで情緒のある街。







お城のある勝山を中心に地図左から右に向かって種目別エリアが並んでます。一番左に松山駅があり、官庁街、金融街、飲食店街、歓楽街、そして道後温泉、さらにはその奥に風俗街まで。偶然か、左から見事に綺麗な順に並んでいます(失礼!)

お城をくるくる回る可愛い路面電車。用事があれば好きなところで飛び降りる。ただしスイカ等は使えません。





この構造って、テーマパークそのままですよね。彩りのある街割を丸く貫く電車。サイズ感も熊本や金沢ほど広くなく、京都ほど観光客が多くない。


この、観光客が多くない、というのは今後大切なポイントとなりそうです。インバウンドが増えるのは大変結構なんだけども、仮に静寂を求め遥々東京から京都の苔寺に行って、爆音の中国語しか聞こえなかったら、それは何の癒しでもありません。差別とかではなく、僕がわざわざそこへ出掛ける意味がなくなるのです。


次回はこの線で行くと城下町で歴史の残る街、、。新潟市、広島市、会津若松市、松本市、、、まだまだあるぞ。


あー、月に一度のリフレッシュ火曜日を使って、寅さんみたいに全国くまなく行きたい。




話を戻します。

広い街には比例して観光スポットが沢山あり嬉しい反面、時に疲れます。

僕のような2泊くらいの旅行者にしてみると、見所を取りこぼしたくないという心理から、たいてい詰め込み過ぎて疲れてしまうのです。ローマに行った時も行きたいところが多過ぎて、回れないストレスから心身ともにヘトヘトになりました。

2回目に行った時にリラックスすれば良い、なんて話もあるけど、僕には余裕がなく中々難しい。

1度目の訪問で適度に観光しつつ刺激を貰いながらも、ホッと 休まるサイズ感ってのは大切だと思います。偉大なるコンパクトタウン、松山市。

街の人の南国らしいホンワカした心意気も外せません。関西人ほどサービス精神が旺盛ではなく、九州ほど暑くもない(笑)丁度いい温厚なところに加えて、お遍路さんへの「ご接待」精神が息づいているんだそうです。





お遍路さんをお見かけすると手を合わせ、商家なんかではお米やおミカンなどをお渡しするそうなのです。お遍路さんって沢山いらっしゃるだろうに、米だってバカにならないわな、と思いきや、そうらしいのです。

そして、所によっては宿泊までお世話したりもするそうです。


そーんな、巡礼の街でもある四国。その最大の都市だからか、どこのお店も旅行者に対して優しかったです。笑顔が自然というか、接客ではなく「ご接待」なんでしょうかね。



ある一軒を除いては。




検索引っかかったら嫌なので画像にて参ります。

ここのデパート、




その最上階レストラン。





誰もいないレストランを昨日もアップしました。誤解を解くために補筆させてください。

松山って過疎の街なの??なんて思われた方がいるかもですが、全くそうではないのです。51万の松山市民の名誉にかけて違うと言えます。(僕は誰?)

このレストランに限り、ダメダメなのです。

気の抜けたような案内係、面倒臭そうな配膳、調理場の人が客席で店員と大声で話し出す、、。お客さんを舐めているとしか思えない。物静かな婆さまがあんみつ食べてる横でも、日々繰り返してるに違いない。


僕から見ると、殿様商売の成れの果てのようでした。これではちょっと、、。個人経営なら絶対にこんな事出来ないって。潰れるもの。

大看板のデパートの慢心がもたらす弊害、とは考え過ぎか。いや、残念でした。



僕は平日の百貨店のレストランが好きです。子供の頃に食べたオムライスやクリームソーダ。今では天ぷらと日本酒に取って代わりましたが、レトロで畏まった、しかし緊張しつつもワクワクしたい期待が詰まっています。

特に、地方にお邪魔した時は必ず地元のデパートを覗くことにしております。

地方の方が僕の好きなレトロ畏まり感が濃厚なんですよね。玉屋、鶴屋、浜屋、丸井今井、、、。


それぞれ、多少くたびれてはいても「デパート」としての矜持というか、プライドがありました。ユーミン曰く「日本橋高島屋の特別食堂はデパガ(デパートガールの略)の局のさらにお局様の集まったような所」と形容されるような、特殊な空間。


出来れば、大変だろうけど更なるご努力を持って続けて頂きたいと思います。(偉そうにすみません、、)




話は変わりまして、伊予松山藩。明治には伯爵を叙爵され、東京本邸はイタリア大使館へ。松山のお城の麓にも「萬翠荘」という壮麗な洋館が建っております。

現在重要文化財指定。




これがなかなか素晴らしい。車寄せからの正しいアプローチ。




堂々たる玄関ホール。




一階の広間




二階へ続く大階段




二階、階段ホールの照明器具




東京でも、明治期の洋館で完全保存されているところと言えば上野の三菱さんとことろや駒場の前田さんのところ辺り、それに並ぶ見事さではないでしょうか。

ただ、、ここにもまた文句を。(そればっか)


せっかく美しい建物なのに、ほとんど全ての部屋で安モノのパネルを立てた展示なぞをやってます。別の部屋では子規に因んだ俳句展、過去にロケをしたドラマのパネル展示など。他にもあったかな。




わざわざこゝでやらんでもええぞなー。ちいとも壁が見えんのじゃ、、。わしゃ遥々東京から建物見に来たんぞなもし!


建物フェチの僕としては、もっと建物見たかったです。


文句はこの辺にして。


最終日、ホテルのチェックアウト後はまた電車にて道後温泉に。最後の市電となります。


あー、美しい車内。床油の香り。



運転席もやっと撮影できました。





こんな素敵な乗り物が市民の足だなんて、、。東京に今でも市電あったらなぁ。
「次は、四谷三丁目でござゐます。チーン」

出掛けるの楽しくなりそうなのにな。

東京メトロは便利で結構なんだけど、景色は見えないし混んでて苦痛な時が多いです。

それに引き返し、松山の市電は何とのんびりしたことか。桜が見えて、お山にはお城。お堀には白鳥が遊びます。





あー、やはり住むなら松山か。


初日に見逃した道後温泉本館裏側の皇室専用入口を見学して、思い残すことなし。





もうすぐ両陛下がご退位され、元号も変わる。お札も新しいのが発表され、オリンピックに向けていよいよバタバタしてくる。

長く馴染んだモノがどんどん新しくなっていく毎日。

少し歳を重ねた僕は、そういうのが苦痛で仕方がない。毎度、また慣れなきゃいけないのか、、とため息を吐く始末。

僕はiPhoneなんかはバンバン最新型に買い換える癖に、何となく付いていけてない、疲れている自分がいます。(笑)


そういう中で、こういう古く懐かしいコンパクトな街は僕をチューニングしてくれました。


松山よ、本当にありがとう。

また戻ってきますね!と再び道後温泉本館に誓う、わたくしでありました。





松山や 春より高き 天守閣



本日火曜日はお休みを頂いております。明日から営業再開します。どうぞよろしくお願いします。




今回の一人旅シリーズは初の四国、松山。ずっと来たかったのですが、伸び伸びになっておりました。

特にこの街には春先が似合う気がしていまして、この時期に来られる今回まで取ってありました(笑)


このブログは町を見下ろす松山城の桜の下で書いております。




ふと目をやると、天守閣。桜の香りがして、桜吹雪が頬を撫でます。遠くでチンチン電車のブレーキの音。ヒバリの鳴き声に、風が吹いてまた花吹雪が、、。





こりゃ落ち着いてちいとも書けんぞなもし!


むむ、、集中していつも通りダラダラ書きます。



昨日は14:00松山空港着の飛行機にて到着しました。チェックインまで時間があるので、、と道後温泉に向かう。






14:45にはもうお湯に浸かっていました。そうなのです。松山空港は僕の中で、三大街近空港なのです。

福岡空港と、台湾の松山空港、そして奇しくも愛媛の松山空港。街からすぐそばにある玄関から、イージーアクセス。


道後温泉本館は改装中でして、大広間の休憩室などは完全閉鎖。せまーいお風呂1つだけが営業中でした。


(撮影禁止なので拾い物)




ですがね、これが最高なんですよ。小さな中に、なんとも言えない情緒がありましてずっと居られる落ち着きがある。こんなに重厚なのに、爺さん達は我が家の風呂のようにリラックスなさっている。

僕の周りにはない、入浴施設ですよ。いーな、いーなー。

つい長湯してしまいました。


細かな所も精巧に作られています。時代が下るたびに建て増しを重ねたカオス的レトロ建築。

また戻ってきます!と誓うわたくし。


と、タオル忘れてきて帰りはビショビショ。ダメだこりゃ。




でですね、街をぶらぶらと歩きます。


この街はとても美しくてコンパクトなんですね。お城を中心に素敵な街並みが拡がる。そこを美しいとオレンジのチンチン路面電車がすり抜ける。




そして、車窓からは常にお城の緑やお堀が見えます。





そして、僕の好きな床の油の臭いがする。ああ、もう手に入ったもんね、この香り。




何かが起きて、東京から離れることになったら松山に住みたい!と心に決める(同じこと金沢でも思ったような、、)


そんなこんなで陽も暮れて夜の街へ。

サントリーバー露口、というお店があるのです。いわゆるサントリーの出店したウイスキーバーの四国での走りです。

缶入りの「ハイボール濃いめ」のレシピ監修をなさってるという、、。ふむふむ。

ホテルからタクシー。歩けるけど迷うと間に合わなきゃので高くつく。と言ってる間に着いたっ!




凄い迫力、、これぞ歓楽街のお化け屋敷!





中はやはりレトロ。ご夫婦でしっとりやってらして、とてもいい雰囲気。(撮影許可済み)



今年で60周年のこのお店。僕の店が60周年だと、満90歳か、、。ヒー(汗)


物凄いマイペースな会話なんですよ。「明日雨なのよ」と言ったかと思えば、何気ない強引な取っ掛かりで隣の方と結びつけてくださる。そう、このくらい強引でないと隣の方とはお話しできない。しかも、お店側は無重力で照れや作為は微塵も感じない。

これか、、、。脱力系癒しバー。僕の接客は緊張すると力が入ってて、作り物のように何とも恥ずかしい時があります。





伝説のハイボールのお味は濃いめ。多分濃いめのウチの店よりも更に濃いんではないか。完成時で13度くらいはあるとみました。トロッ、と濃厚で美味しいです。小さなグラスにレモン無しで、ほぼステアなさってない。ちょっと真似して試してみようかな。





どうぞいつまでもお元気で!!




その後ははしご酒。お近くのゲイバーに向かう。20周年を期にクローズされたお店の跡地がまた新しい方によりバーになっている、とのこと。


月曜から混雑した店内は若いお客さんが多い印象。ってか、僕が一番ジジィだった!(笑)偶然にも旧ママと新ママが両方いらっしゃるという状況に。

さー、更にリラックスして飲もう。酒にも、松山の街にも酔いたい、旅先の一泊目であります。

地方ゲイバーにありがちな「お酒ご馳走した時だけ集まって、あとは放置」だけは勘弁して欲しい、、と思いつつお酒を注文すると、僕の存在を凄く周りに振って会話を拡げて下さる。

これはね、何をどうして旅人には暖かいんですよ。僕もたまに旅して客目線の温度感を体に刷り込んで帰ってきます。なんせ、バーに毎日いると常連さんという真綿に包まれるので、良くも悪くもバランス感覚を失うのが怖いんですよね。


そして、3時間ほど経過。会話の中で口が滑ってしまい、自分も新宿でお店をやってる事を話すこととなりました。

そうしたら、たまたま旧ママが僕のブログを10年くらい読んでいらしたそうで(ブックマークに入ってるの見せて下さいました)

アコーディオンを弾いて営業に回っていた事、ソファを出したり引いたり工事してた事、細かな思いまで全部ご存知で。

何でも思った事書いてて凄い、とも感想頂きました(汗)



その後はお店あるあるトーク。自己実現と商売と、どの辺りの中間点で線を引くか。自分が無理なく続けられるラインと、お客さん寄りの奉仕型営業。その狭間で僕ら生きてます。もう話が止まりません。

そして、旧ママは先月、20年の節目で流行ってたお店を閉じられ、別のママに譲って再スタートさられました。

これって、僕にも自分ごとのように分かるんですよね。この商売は辞めるタイミングだけは誰も決めてくれない。65歳の年度末、とか、決まってたら楽なんですけど、どちらかというと病気、とか人気低迷、とかネガティブな要因で閉める方が多い。

もしキヌギヌが時間が経ち、忘れられて化石化したまま、まだ虫の息でやってたとする。ある日閉めます、、でも誰も来てないから辞めても気付かれないよね、、なんてのは悲しすぎるわけで。

僕もこのママのように、山口百恵的に、混んでてもどこかでキリ良く突然閉めたいな(あと20年くらいしたら)なんて思ってたのでかなり驚きました。


自分が愛する店を閉める事を語る日が来るとは。まだオープンしたてのような青臭い気分なのに、やはり年月には勝てません。


ママにはこれからも頑張って欲しいと思います!そして、このややこしいブログも引き続き読んで下さいね。






松山旅行記なのに、別な方向に話が飛んでしまいました。

というのも、松山三越8階に移動してじゃこ天で日本酒を飲んで、ブログを書いてます。えへへ。






つーかここ、2時間くらい誰もいないんです。僕には最高ですが、、。



話が前後しますが、目覚めてからは一路、松山城を目指します。


チンチン電車に揺られ、大街道駅で降りる。そこから徒歩8分。


何と、山頂までモノレールに乗ります。




高所恐怖症なのを忘れてまして、目とか瞑って。でもすぐ慣れるんですよね、不思議なんだけど。



ビビってる間に到着。




そこからは、坂の上の雲の世界。











うーん、いい街だなぁ。真ん中にお城があるってのがシンボリックでまた良い。シンデレラ城みたいだな、と思ったら、東京も大阪も名古屋も、大体そうなってんだよね。


にしても松山は格別です。


僕個人の感覚では、物価も相当安いんじゃないかな。

洋服の類は1割、バーのショット価格やタクシーの運賃も同じく2割ほど、三越の松花堂弁当に至っては日本橋三越より4割ほど安い。



(この松花堂で2,000円なのです)




こっちはデパートの総本山、日本橋三越の和定食。なんでこうも高いのか。







暮らしやすく、歴史があり、押し付けがましくない人々の民度の高さと誇り。レトロなチンチン電車が駆け抜ける城山の緑とコンパクトな街。空港からも車で20分。


住むなら松山がいいな。




松山の皆様、それまでにまた遊びに伺います。




溢れるカレー欲



糖質制限を始めて早3ヶ月が経ちました。9キロ落ちたところで体重は行ったり来たりを繰り返してなかなか落ちません。



だって、食いたいんだもの!


低糖質縛りの中、なんだかんだで量を食べてしまっています。食べりゃカロリーがあるので痩せませんわな。

その上、週に一度の解禁日が解禁しすぎてヤバい事になってます。先日の月曜日。カレーを日に3皿も食べてしまいました。文字通り爆食い、白目を剥いて流し込みました。

C&Cのオーソドックスなチェーン店カレーを食べた後に、、




新宿ガンジーの欧風カレーをふた皿(汗)




5,000キロカロリーを平らげ終えた後もカレーのサイトを見たり、動画を見る日々。カレー、ああカレー。


今回の食事制限にあたり、僕はカレーが最も好物たった分かりました。以前はランキング一位はラーメンだと思っていたのですが、どうやらカレーだったようです。(どうでもいい)


それに反して甘いものは殆ど欲しくなりません。寝る前にたまに欲しくなると糖質オフのチョコレートを少し、もしくは「たらみ」の糖質オフゼリーを半分とか。

自分の好みって普段は意外とわからないもんですね。



さて、問題はこのカレー封じをしない事にはダイエットが進まない。

カレーといってもご飯が大敵なのです。今のところご飯の代用品としては、こんにゃくやカリフラワーを刻んだ商品しかない。(試す気はなし)


ご飯をあきらめ、カレー味の食生活がベター。ネットを調べると、カレールウは糖質が多いので缶入りのカレー粉がいいよ!との情報。





ほほう。確かにローカロリーで低糖質。味はカレーだから、カレー欲は満たされるかもな。


早速買って試してみたよ。先ずはカレー味の炒めキャベツとふすまパンホットドッグ。



汁物はカレースープ。ベースのスープに豚バラ、油揚げとネギを入れてカレーうどんの麺抜き状態。これは温まります。


カレー粉、かなりの優れものです。この他にもカレーシチュー、カレー味のオムレツ、カレー豚汁、、、。






こんな食生活を10日ほど続けました。体からカレーの匂いがする(笑)


流石にカレー、飽きた




あんなに思い描いたカレーが疎ましく思えるなんて、、。やったー!と喜んだのも束の間、ネットの通販のオススメに出てきたヴィシソワーズに目を奪われた、、。






ぎゃー!!旨そう!!ヴィシソワーズの海に飛び込みたい、溺れたい。


あー、思い出した。食事制限始める前から、この繰り返しだった。何かを激しく愛し、2週間くらいこねくり回しては飽き、次に進む。

僕の予想だと、ヴィシソワーズの後はキャンベルのクラムチャウダーで、その次は中華風卵入りのコーンスープなんです。その次はソルロンタン、鱧の湯引き、牛しゃぶに胡麻ダレ、チキンのコチュジャン煮込み、生ウニ刺身、という具合に。


お店の楽器もそう。練習曲もそう。内装いじりもそう。飽きるまでこねくり回しては、その後見向きもしない。


何種類かのレパートリーをクルクル回っては、また頭から戻って。


そんなのを繰り返す人生なんです。まあ、良いんですけどねぇ。











今日から15年目




2005年の4/4、まだまだ肌寒い夜に、キヌギヌをオープンしました。


あれから14年。お越しいただいた皆さまには、長い間に渡り僕にご飯を食べさせてくれて本当に感謝致しております。(笑)お返しとして、変わらずのんびり気持ちのいい空間を提供して参りたいと思います。


14年、あっという間でした。本当にまばたきするかのようなあっという間。これからもこんなに早いのでしょうか。嫌になります(笑)


驚くのはですね、オープン当日も今も、そんなに楽じゃないという気持ちが持続しているということ。

お勤めの時は多少慣れてくると「俺ノウハウ手に入れたわ」なんて感じていたんだけど、水商売とは上手く言ったもので流れる水の如くに毎日状況が変わります。お客様の組み合わせによってはウケなかったりハラハラしたり、、。


ノウハウなんてなんの役にも立たないのです。


だけども、そうだからこそ色々工夫出来るのかな、と感謝したりもします。飽き性な僕にはピッタリです^_^

昨日も2時間くらい工事してしまいました。お店への誕生日プレゼントです(笑)


今夜はピアノの蓋の重量を分散して、調律用の窓を付ける作業でした。




中蓋を分割して、新たに取り付けた向かい合った歯が互いに重量を受け止め、直接鉄骨フレームにかかるようにしました。これにより負荷が分散され、天蓋の反り(凹み)がなくなりました

歯と鉄骨フレームの接地面には7センチ厚のクッションを6箇所固定して共振をカット。天蓋と中蓋の間にもシリコンマットを敷いて、防水強化とズレ防止(当社比70%アップ)


そして天蓋を上に跳ね上げて赤い部分の中蓋を引き抜くと、すぐに調律出来ます。 以前は金魚鉢から音響配線を全部取り払い、蓋を二枚外していましたが、これが死ぬほどめんどくさい。元に戻したらスピーカーから音が出なくなった、なんてしょっちゅう。


面倒な作業から解放されました♪(´ε` )





とはいえ、ピアノ弾きが見たら「ピアノ可哀想!!」って悲鳴上げるだろうな、、。

だって、こんなに物を置いてるんだもの。





物を置きまくって酒まで置いて、しかも調律も素早くやりたいなんて酷すぎる。

がしかし、やはり生のピアノの上で歌ったり寛いだりして欲しい。手を入れまくって独自路線で行かせて頂きます。ピアノくん、すんません。






なーんて、やる事がまだまだ沢山あるのです。使いやすくする為に、まだまだ先は長い。


そうやって、あーでもない、こーでもないなんて気がついたら90歳くらいになってるんですかね。でも、そんなのも悪くないなと思ったりもしてます。

暇で何もやる事ないなんて、死んでしまいます。僕のおもちゃを取り上げないで(笑)


そして、お客さんにとっても長くしつこくやってる方が良いんだろうな、と。数年ぶりに思い出した来たよ、ああ、全く同じだね、懐かしい。ゆっくり過ごせました。そんな店が出来たら良いな、と心から思っております。


プレハブみたいな鯛焼き屋に行列が出来てて、次に行ったらコインパーキングだった!みたいなお店より、ボロいガラスケースに固めの赤飯とか並んでるような老夫婦の営む饅頭屋みたいになのが20年、30年と変わらずある。良いなあ。






長く続けさせて下さい、、。

そんな中、3年前くらいから意識的に営業日数を減らしております。(笑)


2016 333日
2017 282日
2018 292日
2019 280日


2016年までは社員さんがいまして、盆暮れ以外は無休に近いシフトでやっておりました。今の体制に切り替えた2017年は入院をしたので目標300日の所が282日。去年は踏ん張ってみたものの、今年はその数字をさらに下回る最低日数。なのに売り上げは上がってるという(謎)


まあ、営業280日にメンテナンスや工事、掃除、撮影貸しなんかを入れるとすぐに300日を超えます。この店、かなり維持が大変なんですね。ピアノ含む楽器群、ベランダの植物に照明器具。電気のスイッチも50箇所くらいあります。星が落ちてきたり椅子の足がグラついたり、毎日何処かのネジが緩む。



決して設備自慢とかではなくてですね、そもそもがDIYベースなので常にメンテしないと使い物にならない。そこはやはり素人レベルなので。


若い頃はしっかりメンテしながら徹夜営業とか20連勤とかやってましたが、だんだん無理になってきました。身体が持たない(汗)

何が言いたいかと言いますとですね、


末長く頑張りますので、この先ちょいちょいお休み下さいませ!!



(と言っても月5回休みなんだけど、、。)その代わりと言っては何ですが、、本当にしつこく長く続けますので。宜しくお願いします。

つきましてはこのブログにてこまめに営業予定をチェックしていただけると助かります。細かな出勤の変動は毎日のブログにて、大まかな予定は当月のシフト、というタイトルになります。


ま、何の変化もなく15年目もやって参りたいと思います。 会員の皆様におかれましては、気が向いた時にフラリとご利用下さいませ。


どうぞよろしくお願い申し上げます。











calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 並木、ドアその後。
    yukie
  • 風立ちぬ、を観てきました
    店主
  • 風立ちぬ、を観てきました
    takepon
  • 秋からの制服を考える
    店主
  • 秋からの制服を考える
    yukie
  • 昭和レトロ探訪〜新宿三丁目「千鳥街」
    三橋 順子
  • うーん、調子がよくないのです。
    シンスケ
  • うーん、調子がよくないのです。
    ゆう
  • うーん、調子がよくないのです。
    YASUO
  • マンハッタン旅行記(その1 街並み編)
    Sige

recent trackback

recommend

南の島に雪が降る (知恵の森文庫)
南の島に雪が降る (知恵の森文庫) (JUGEMレビュー »)
加東 大介
太平洋戦争末期、赤道直下の戦地ニューギニアで慰問団を結成し、7000人の兵士を楽しませた元歌舞伎役者の実話。ジャングルの中に歌舞伎座を建て、馬の尻尾や棕櫚の繊維で結いあげた鬘、パラシュートの打ち掛けや緞帳、ガーゼの糸を間引いた紗幕、そして紙吹雪を用いての雪景色に、遠い故郷を思い出し、兵隊たちは声を上げて泣く。究極の状況下での知恵と優しさの詰まった人々の心の触れ合いを描いた温かい作品。

recommend

伽羅の香 (中公文庫)
伽羅の香 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
宮尾 登美子
何不自由なく育った主人公は、何気なく始めた香道の奥深さに知らぬ間に溺れてしまう。免許皆伝の暁には、と始めた会合。気がつけば彼女の自宅は時のサロンに変貌し、有力者が訪ねて来るまでになる。しかし少数の仲間はそれをよく思わず、時を同じくして太平洋戦争の足音が忍び寄る、・・・・。
蘭奢待を始めとする平安から連なる奥深くも豪華な数多くのエピソードが、読み人を香りの世界へと誘う。
安いもので構いません、お好みの香木を焚き締めながらの拝読をお勧め致します。グッと気分が出ます。

recommend

グロテスク〈上〉 (文春文庫)
グロテスク〈上〉 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
桐野 夏生
悪気もなく、ただ人の不幸を喜びに生きる「私」と、類い稀な美貌を持ち、出会う人々を皆驚嘆させてしまう実の「妹」、人に勝利する事でしか自分の存在意義を見いだせない、容姿に恵まれない和恵。その三人を中心に描かれるQ女子高(私立慶應女子高校がモデルになっている)の超閉鎖的階級社会を舞台に、途中入学組に対しての、富裕層からなる内部進学者からの壮絶ないじめを軸とした数々のエピソードは圧巻。物語全体は東電OL事件を主軸にして描かれており、後半は生生しい売春婦の日常が詳細に描かれている。店主がここ最近の著書で、久々に気骨を感じた作品。

recommend

一の糸 (新潮文庫)
一の糸 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
何不自由ない造り酒屋の娘茜は幼き日に目を患い、その時連れられて聞いた文楽、露澤清太郎が奏でる三味線の音に恋をしてしまう。大正から太平洋戦争後にかけた女の一大抒情詩。乗馬を好む娘、宝石や宿屋を惜しげもなく買い与えるおおらかな母、その後の茜の命を賭けた壮絶な苛めとの戦い、本物の芸に賭ける壮絶なエンディングと、読みどころが随所に散りばめられた文句なしの女流文芸娯楽作品。

recommend

悪女について (新潮文庫 (あ-5-19))
悪女について (新潮文庫 (あ-5-19)) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
公子という一人の貧しい女が中華屋の仲居からスタートして何百、何千という嘘を重ねて戦後の混乱期にのし上がる様を描いた作品。嘘を重ねると言っても、無論、それだけでは決して成功はしない。夜学に通って簿記の試験をパスし、自らの美貌を磨いて出会う男を翻弄し、汗まみれになり生き抜くさまは寧ろ潔い。とある事件後の週刊誌記者による聞き取り調査と云う一風変わった文体で綴られる全編は、時を忘れ、あっという間に読めてしまう。中でも、登場スr数々の大粒の宝石の描写は秀逸。「取材魔」の異名を取る有吉文学の中でも比較的軽めな現代もの。特に初心者にお勧めの一品。

recommend

女系家族〈上〉 (新潮文庫)
女系家族〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
山崎 豊子
船場に続く大商家の物語。入り婿の父が突然亡くなり、残された三姉妹が遺産相続を期に豹変を始める。狡猾な大番頭、突然現れる妾の存在に、三姉妹は関係を結んだ男の入れ知恵や様々な駆け引きを繰り返し、遺産を減らさぬよう奔走する。団結した三姉妹と叔母が妊娠したと思しき妾を抑えつけ、懇意の医師が器具を用いて検査を始める妾宅での描写は、昭和女流文芸史に残る陰惨な情景と云えるだろう。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

昭和初期の船場に三代続く女系の老舗足袋屋に生まれた男の半生を描く。女親に反発するかのように愛人を4人も囲いながらも商売に精を出す主人公。迎え入れた新妻の妊娠を探るために肥溜めを棒で掻き回す姑と大姑の陰惨な嫌がらせ、襲名披露の配り物がたった足袋一足だと聞いてケチだと馬鹿にする参加者を尻目に、実は踵の留め金具が純金製で帰宅した一同を仰天させるエピソードなど、船場の粋と意地が詰まった珠玉の作品。

recommend

針女 (新潮文庫)
針女 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
出征した帝大出の弘一が残した青春の遺書を胸に、パンパンや闇成金の持ち込む針仕事に打ち込む孤児の清子。彼女は過去に踏んだ針が体を周り運悪く跛(びっこ)になるというハンディキャップを持つ。復員した夫は戦争のせいで性格が豹変しており・・。パンパンや気違いといった現代では禁止用語の登場人物が行き交い、戦後の混乱期をそのまま原稿用紙の上に広げたような生々しい作品となっている。

recommend

連舞 (集英社文庫)
連舞 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
昭和初期の日本舞踏の一大流派、梶川流の栄枯盛衰を描く。先代家元の妾の子に生まれながらも伸び悩む自分の踊りの才能、踊りの天才と謳われる性格の悪い妹、妹しか愛さない母に悩まされる青春時代。しかし、GHQ接収後のアーニーパイル劇場での歌舞伎ショーにてストリップを強要され、大逆転の末成功となり、家元夫人にまで上り詰めてしまう。忌わしい過去と出自に翻弄されつつも、過去をねじ伏せるかのように踊りに邁進し、遂に芸の道に境地を見出す主人公、月の直向な横顔が涙を誘う。

recommend

明治のお嬢さま (角川選書)
明治のお嬢さま (角川選書) (JUGEMレビュー »)
黒岩 比佐子
明治期の令嬢の実態を探る。たしなみ、学力、美醜の葛藤、結婚生活まで多岐にわたる。面白いのは多くの令嬢は今と変わらず贅沢品に執着したらしく、友人の持ち物を嫉む生々しい手紙なども解説入りで紹介されている。その他、当時の流行の髪型や美人術、痩せる薬などの広告資料も収録。

recommend

宮中賢所物語―五十七年間皇居に暮らして
宮中賢所物語―五十七年間皇居に暮らして (JUGEMレビュー »)
高谷 朝子,明石 伸子,太田 さとし
千代田の森の奥深く、宮中賢所に57年お住まいの神職の女性の半生を描いた作品。下界と分断された森の中で祈りを捧げる日々。厳格な穢れの区別(下界のものに触れると潔斎しなければいけない)、四足のものは食べてはならない、毎朝数時間かけて髪おすべらかしに結うなど驚愕の生活と共に、日本古来の自然に寄り添った質素な習慣を紹介する。

recommend

朝香宮家に生まれて
朝香宮家に生まれて (JUGEMレビュー »)
北風 倚子
渋谷・松濤の鍋島公園一帯は戦前、広大な鍋島侯爵邸であり、著者の住まいであった。大空襲で火の海になった屋敷を逃れ、昭和という時代を生き抜いた、旧華族のお姫様の生涯。

recommend

社長 島耕作(8) (モーニングKC)
社長 島耕作(8) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
弘兼 憲史
言わずと知れた島耕作シリーズ単行本。長い経緯はさておき、弊店が表紙になっております。店主もタキシードでモデルを致しました。
是非お買い求めくださいw

recommend

梨本宮伊都子妃の日記―皇族妃の見た明治・大正・昭和 (小学館文庫)
梨本宮伊都子妃の日記―皇族妃の見た明治・大正・昭和 (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
小田部 雄次
佐賀藩主鍋島家令嬢伊都子。彼女はのちに梨本宮に嫁ぐが、明治から昭和に渡って77年間日記を残していて、その様相は「書き魔」と言わんばかり。初の洋行先のパリで買い物の様子や婚礼、即位式などの華やかな思い出を経て、戦中戦後の倹約の様子や時代に対する落胆ぶりなど。往時の匂いが漂ってくるかのような生々しさ。著者、小田部雄次の解説が当時の世情をわかりやすく補ってくれる。

recommend

写真集 酒井美意子 華族の肖像
写真集 酒井美意子 華族の肖像 (JUGEMレビュー »)
酒井 美意子
加賀藩前田家令嬢の酒井美意子。マナー講師として厚化粧キャラでメディアに登場した姿をご存じの方もいらっしゃるであろうが、彼女は戦前まで駒場の前田侯爵邸に居住していたことを知る人は少ない。莫大な財産と華麗な人脈を、膨大な写真とコメントで紐解く、いわば現代版歴史絵巻的な写真集。必読。

recommend

極楽商売―聞き書き戦後性相史
極楽商売―聞き書き戦後性相史 (JUGEMレビュー »)
下川 耿史
戦後の性関連産業を裏側の視点から取材した戦後風俗史。進駐軍専門のパンパン宿や性具の販売店、愚連隊、ゲイバー、カストリ情報誌、個室喫茶・・・。戦後の性に携わった人々の汗や息遣いが聞こえそうな一冊。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

京セラ、auの創始者ににして仏門に入った稲森氏が、街の小さな碍子工場を一代にしていかに大企業へと成長させたかを描く。単なるサクセスストーリーに収まらない哲学や思想を散りばめた珠玉の一冊。

recommend

芝桜〈上〉 (新潮文庫)
芝桜〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
我らが有吉佐和子先生の長編。戦前の花柳界を舞台に、二人の女が艶やかに力強く生き抜く。温厚で情緒的な梅弥、狡猾で気ままな蔦代。共に授かった類い稀な美貌を武器に、ただひたすら戦前、戦後の花柳界を生きる。花柳界独特のお茶屋の仕組みや旦那制度、一本や水揚げなど、判りにくい独自の世界がこの一冊でよくわかる。ストーリを彩る、旦那からの贈り物の三越謹製三百円の帯や、大粒の翡翠の簪、英国土産の巨大ダイヤモンドなど、随所に登場する豪華絢爛な衣裳拵えと、それを取り巻く年増女将との丁々発止のやりとりの描写は必見。店主のバイブルと同時に、不動の一位たる女流文芸作品。

links

profile

書いた記事数:997 最後に更新した日:2019/05/08

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM