溢れるカレー欲



糖質制限を始めて早3ヶ月が経ちました。9キロ落ちたところで体重は行ったり来たりを繰り返してなかなか落ちません。



だって、食いたいんだもの!


低糖質縛りの中、なんだかんだで量を食べてしまっています。食べりゃカロリーがあるので痩せませんわな。

その上、週に一度の解禁日が解禁しすぎてヤバい事になってます。先日の月曜日。カレーを日に3皿も食べてしまいました。文字通り爆食い、白目を剥いて流し込みました。

C&Cのオーソドックスなチェーン店カレーを食べた後に、、




新宿ガンジーの欧風カレーをふた皿(汗)




5,000キロカロリーを平らげ終えた後もカレーのサイトを見たり、動画を見る日々。カレー、ああカレー。


今回の食事制限にあたり、僕はカレーが最も好物たった分かりました。以前はランキング一位はラーメンだと思っていたのですが、どうやらカレーだったようです。(どうでもいい)


それに反して甘いものは殆ど欲しくなりません。寝る前にたまに欲しくなると糖質オフのチョコレートを少し、もしくは「たらみ」の糖質オフゼリーを半分とか。

自分の好みって普段は意外とわからないもんですね。



さて、問題はこのカレー封じをしない事にはダイエットが進まない。

カレーといってもご飯が大敵なのです。今のところご飯の代用品としては、こんにゃくやカリフラワーを刻んだ商品しかない。(試す気はなし)


ご飯をあきらめ、カレー味の食生活がベター。ネットを調べると、カレールウは糖質が多いので缶入りのカレー粉がいいよ!との情報。





ほほう。確かにローカロリーで低糖質。味はカレーだから、カレー欲は満たされるかもな。


早速買って試してみたよ。先ずはカレー味の炒めキャベツとふすまパンホットドッグ。



汁物はカレースープ。ベースのスープに豚バラ、油揚げとネギを入れてカレーうどんの麺抜き状態。これは温まります。


カレー粉、かなりの優れものです。この他にもカレーシチュー、カレー味のオムレツ、カレー豚汁、、、。






こんな食生活を10日ほど続けました。体からカレーの匂いがする(笑)


流石にカレー、飽きた




あんなに思い描いたカレーが疎ましく思えるなんて、、。やったー!と喜んだのも束の間、ネットの通販のオススメに出てきたヴィシソワーズに目を奪われた、、。






ぎゃー!!旨そう!!ヴィシソワーズの海に飛び込みたい、溺れたい。


あー、思い出した。食事制限始める前から、この繰り返しだった。何かを激しく愛し、2週間くらいこねくり回しては飽き、次に進む。

僕の予想だと、ヴィシソワーズの後はキャンベルのクラムチャウダーで、その次は中華風卵入りのコーンスープなんです。その次はソルロンタン、鱧の湯引き、牛しゃぶに胡麻ダレ、チキンのコチュジャン煮込み、生ウニ刺身、という具合に。


お店の楽器もそう。練習曲もそう。内装いじりもそう。飽きるまでこねくり回しては、その後見向きもしない。


何種類かのレパートリーをクルクル回っては、また頭から戻って。


そんなのを繰り返す人生なんです。まあ、良いんですけどねぇ。











昨日の言い訳〜鍋リメイク



昨日は急に休業してしまい、ゴメンなさい。


実は今、物凄くノッてるのです。昨日も働きたくて仕方がない。なので凄く残念でした、、。



土曜日の終業後、混んで盛り上がったので嬉しかったのか、そのまま工事をはじめました。いつもの「余ったエネルギー消化」工事です。


バックヤードの浄水器の蛇口を配管し直して30センチほど手前に移動。構造上奥まっていた蛇口、凄く使いにくくて毎日気になっていました。





これはいつも働くスタッフ向けサービスですかね。使いやすい環境で長く続けてほしいのです。


夜が明けて少し昼寝をしてから近所をお散歩したり、店に戻って植木の手入れなんてしながらゴロゴロしていた矢先、予約確認のお電話が。

1日繰り上がりました。(汗)どうにも調整ならない感じなので、はい!気持ちを切り替えて。



昨日の貸切の皆様は鍋をご所望でしたので慌ててコンロを2セットご用意いたしました。





1時間しか準備時間がなかったので余程動転していたのか、、。


白菜を買い過ぎてしまいました。

デカいの2個も!!!





不安は的中、ほとんどの白菜が余ってしまった。家に持って帰るも、こんなに食べられない。


白菜だけでなく、ネギも水菜もしめじもエノキも沢山ある。そもそも大前提として僕、鍋の白菜があまり好きではないんです。




あー、困った。










と、良いこと思いついた?!





少量で試作してみる。斜めに切った白ネギはバターで炒め、キノコ投入。大量の白菜をコンソメで煮込んでおく。

ここまでは寄せ鍋にしか見えない。




2つを合わせてミキサーにかけて粉砕。





ローリエを入れて再度煮込み、無調整豆乳と生クリームを少し。青ネギを散らす。



白菜のポタージュスープ!!







バターで炒めたネギの香り、ローリエがこんなにまで西欧感を高めるのか。寧ろ、トボけた印象の白菜さんはポタージュに相性が良いのかも知れん。

カロリーも糖質も低いのに、かなり濃厚。食べ応えも申し分なし。


許されるなら一人で鍋ごとイケちゃうくらい進む。ヤバイ。






ここ最近は毎日キノコオムレツと野菜サラダ、アボカド、そしてローソン低糖質ブランパンでしたが、野菜サラダがとにかく飽きやすい。なんの思想もなく噛み砕いて飲み込む。


つまりは生野菜が嫌いなんです。食っててそんなに変化がないので辛いのよ。


ポタージュだと栄養が壊れるかもだけど、量は圧倒的に摂れますもんね。しばらくはポタージュをサラダの補助に組み込みたいと思います。





そんなこんなで体重、20日で5キロ減。
嬉しいのだけど先は長い。ペース早すぎるので、少し緩めます。

糖質も少しづつ意識的に取るようにしています。かなり自分を洗脳にかけたので口に入れるのが怖いんだけど、これは薬だと思って。


そしてウォーキング。





いやー、すこぶる調子が良いです。今まで調子が良いなんて思った事がなかったので(常に怠い、モヤモヤ、ボーっとしてた)ちょっと変な感じさえします。

ま、やっと人並みの平均値に戻った、位に思っておきます。いつまで続くか分からないですし、、。


火曜にお会いしましょう。




追記


道路に面した看板の電球が切れています。お手数ですが営業中かどうかはお電話などで店舗までお確かめください。

そもそもあの看板は全フロア分、一括スイッチにて付けっ放しなので、営業時間とはリンクしておりません。

今週中にはメンテ入ると思います。すみません。



幻のパンを求めて



また低糖質ネタが続きます。かなりハマっておりますが、興味のない方にはあまり面白くない話なので、読み飛ばしてくださって構いませんよ。(とは言え裁縫箱が面白いとも思えないんだけど。)

ハマっていることを書くほうが筆が乗るのと、なるべく押し付けや否定はしないよう書いていますので、その辺りはお許しくださいませ。



温泉宿にて。夜中に何故かカレーパンが食べたくなりました。それも低糖質のやつ。


普段はカレーパン、そんなに食べないんです。ベタベタしてて、ならカレー食べるし。サンドイッチやハンバーガーなんかはささっと食べるにはよく利用しますが、カレーパンをわざわざ買いに行く、ってのはそんなになかったかなぁ。


制限を始めて10日。今までにない、もう、食べたくて食べたくて仕方なくないヒステリー状態。一口でいい、匂いだけでもいい(笑)低糖質食の最中、栃木の山奥の温泉宿の食事の炭水化物全てを抜いている僕にとって、それはどうしようもない。


今日都内へ帰ってきて浅草で降りた瞬間に、駅前の柵に腰掛けて低糖質のカレーパンを調べる。


いやー、しかし東武浅草駅。なんて素敵な駅なんだろうか。縦型で、東京で一番好きな形の駅舎。




レトロな外観にデパートまで入っていて、昔は遊園地にロープウェイがあったとか。





昔読ませてもらった童話に出てきそうな、素敵な構造物。西武新宿とか始発駅なんだからこんな風にすればいいのに、、。なんて、無理だわな。

それは置いておいてカレーパン。


ナチュラルローソンにも低糖質カレーパンが置いてあるらしいとの情報。しかし、浅草駅近くにはナチュラルローソンがない。


ネットを検索してみると、新宿線の菊川駅前に夫婦で低糖質パンを作ってる店があるそうなのです。


こうなったら、カロリー消費も兼ねて、菊川駅前まで歩くことにしてみた。そして、そこにたどり着くまでに仮にナチュラルローソンがあっても入らない事にした。


合理的でないこだわり、何がしたいのかよくわからない制約なのですが、大体の場合、こうやって生きてきました。


ナチュラルローソンではいつでも買えるけど(自宅の側にある)菊川はそうそう行く場所ではないし。


何より、このナチュラルなご夫婦にお会いしたくなってきた!!








浅草から一路、くねくね好きな道を歩く。あっ、バナナ?細長いカレーパン?!



何でも標的に見える。ヤバイ。


こんな大都会の真ん中でカレーパンなんて、10分もあれば5種類くらい揃いそうなのに、僕が今食べたいカレーパンは墨田区菊川にしかない。




昔からなんですけど、ある制約下、限られたもので何かを再現した料理というものに強く惹かれます。


精進料理なのに山芋で作ったうなぎの蒲焼とか、ベジタリアンで大豆のカツ丼作ったり、豆乳で濃厚なパフェ作ったり、凄いと思います。普通の作り方ですごく美味しい!よりは、制約のある中でなんとリアル!しかもそこそこ美味しい、の方が僕の胸には響きます。


パンなんて殆ど小麦粉だから糖質カットはどうやっても難しいらしいのです。しかも中のカレーも実は糖質過多。因みに市販のカレーパン、平均的な糖質量は29グラムの所を菊川のは5グラムですって。


小麦の胚乳を使わず、ふすま(ブラン)と、複数の材料でオリジナルのレシピでお作りになってるそう。

正にサバイバル、です。



あった!!





中は思ったよりコンパクト。パンは低糖質だけではなく、普通のも作っていらっしゃいました。





さー、ジャンジャン買います。生まれてこんなにパン買ったの初めて。(ご飯派ですので)






「優しさ」と「謙虚さ」を絵に描いたような素敵な奥様。色々ご相談に乗っていただき、オススメのを買わせて頂く。またいらして下さいね、との事。僕も「また是非寄らせてください!」と大きな声で返事をした。


いつ以来だろうか、こんなに大切に食べ物を買ったのって。すぐに持ち帰って冷凍して、毎日のサラダにプラスして頂きます。




市販品の1/6の糖質量の貴重なカレーパン、どんな味なのか。待ちきれないので失礼して新宿線の車内喰いをする。サイテーです。




キャハハ!!確かにカレーパンです!!うわー、素晴らしい。


お味は、、そりゃ制約だらけだから無条件に美味しいとは言えません。それを求める方が酷というもの。頑張ってる味、とでも言うのか、、。素直な味で、好きです。大袈裟だけど味とかコスパじゃなく、命のバトンを頂いてるような、そんな妙な感動がありました。(恥ずかしい)


続いてのトンデモパンは大豆で出来た地味な丸パン。



こちらの糖質量はですね、驚愕の0.6グラム。普通のコッペパンが25グラム位なので、1/40という恐ろしい低糖質。これがどのくらい大変なパンかは、糖質サバイバーにしか分からないかも。

僕の1日の許容糖質量は厳しめの上限60グラム。軽めのご飯一杯と同じです。

外食においてハンバーグやグラタンのような食品に繋ぎのパン粉や隠れペンネが入ってる事を予想すると、いきなりご飯やパンを制限一杯に食べるわけには行かない。

しかしこのパンなら1日で100個食べても範囲内。(そんな事しないけど)




大豆やグルテンのオリジナルレシピで作られてるそうです。素晴らしい。


お味は、、




いやいや、驚きました。ちゃんとパンです。パンしてますよ。

口でチギろうとしても硬く、少し引っ張られる。食べた後に少しふすまの匂い?があるんだけど、僕は気になりません。サンドイッチなんかにしちゃったら全然分からないレベル。

なんかね、、全体的に有難いんですよ。頭が下がるというか、貴重というか。

自分で植えた桃の木に、やっと実がなった、そんな感じの有難さでした。甘くないとか丸くないとか、そんなウワベなんてどーでもええねん。


また行きます!


「みんなのパン」

東京都墨田区菊川3-17-2 アドン菊川ビル 1F

交通手段: 都営新宿線 菊川駅 A3出口から徒歩1分

営業時間AM 9:00〜PM 7:00

定休日: 水曜日・日曜日







何でここまでやるかと言うとですね、、今後、もう二度と太りたくないんですよ。

太った人にしか分からない、人に会った時ほぼ全員に「太りましたね」と返される悲しさや、自分をコントロール出来ない気恥ずかしさ。そして、段々と人前に出ることが億劫になる。

何よりいつもドカドカと食べてる自分に疲れました。長い人生、食べることとは付き合わなきゃいけないし、食べることは変わらず大好きなんですけど、今までは「何食べようか」が生活の8割を占めていました。ご褒美にはまた美味しいものをたっぷり食らう。嫌なことがあったらヤケ食いで夜中に大盛りラーメン、チャーハン、カレー。

胃もたれしながら、明日はざるそばか、お茶漬けか、中華粥も良いなぁ、、なんて考えながらポテチを食う。

新宿辺りに住んでいると悲しいほど簡単に24時間好きな食事が摂れます。それに深く依存していた僕。これって中期の過食症なんですってね。


そして、太りたくないのと同じくらい強く思う事があります。



もうね、食べ物に支配されるの、ほとほと疲れたんですよ。



ご馳走へのプライオリティを「旅行」とか「コンサートに行く」とか、「洋服を買う」くらいのところに下げたいのです。最近じゃ食べることにさえ感動しなくなってました。飲み込んだらもう終わりですもの。噛みながら次に何を食うかを考え始めます。

そろそろヤバイな、と思いながら2年くらい過ぎておりました。




糖質制限は最初の二ヶ月が肝心だそう。ケトン体を燃やせる体に切り替え、カロリー計算は3,000キロカロリー以下ならまあ肥満は気にしなくていいらしい。



もう少しサバイバルして、燃えやすい体になったら毎日の糖質量を緩めて、運動を増やして、ご褒美の日も作っていこう、と。当然、今の生活で一生は無理です。あくまで癖付け期間としてトライしております。

最終的には末永く、人より粗食な生活を送りたいと思ってます。うちの婆さん、102歳で亡くなったけど菜っ葉と油揚げの炊いたのと漬物と、ご飯くらいでした。

例えば生前の婆さんに、かつての僕のように1日のうちに大盛りカレーと豚骨ラーメンと天津飯と餃子とからあげクンを食べさせたらどうなってただろうか。





まずは低糖質のおかずは大体頭に入った。次は主食を工夫しよう。コメはどうしても再現不可能なので、制約下でも食えるパスタやパンをしっかり研究する。


楽しみながら運動して、食い意地の奴隷から解放されますよう。









糖質制限と向き合う




ダイエット日記は書くつもりがないと書いたのに、やはり書いてしまいました。

「**キロ痩せました!」なんて報告されても読んでてつまらないでしょ。

僕が読み手なら、そんな事報告されても「へ〜、そりゃ良かったですねぇ。なら何故今までそんなに太ってたの?」と思う(笑)





10年前のわたくし。






これは、、辛いw


このオッさんに一体どんなドラマがあったのか、太っただけでは語り尽くせない色々な歪みが表情に出ております。



このブスなおっさんがどうやって立ち直れるか、高みの見物をお楽しみ下さいませ。話題の大河ドラマみたいに、年末にはどんな結果にせよ完結すると思います。


ダイエット日記は読んでてつまらない、と書きましたが、敢えてライフハックとして晒して取り組もうと思います。

ここはキヌブログ 、汚いところも全部見せます。

低糖質OLの書く、小さな自慢がさりげなく散りばめられてるようなブログには負けません。デブ顔のアップまで晒しているダイエットブログは見たところ皆無です。やれるもんならやってみろ。

おヒマな方はお付き合い下さいませ。




そもそも糖質制限とは。


やった事ないので知らなかったんですけど、何と目から鱗な仕組みでした。

食事を取ると様々な栄養が消化吸収されますが、注目すべきは炭水化物。小腸から吸収されると血液中を駆け巡ります。つまりは血糖値が上がる。

血糖値の上昇により膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、指示を受けた各臓器は糖質をエネルギーに利用したり蓄えたりの活動を始めます。
余った糖質は脂肪の形で蓄積される、これこそが肥満の第一歩なんだけども、そもそもこの「貯蔵サイン」であるインスリンを出させない(減らす)食生活を続ければ、脂肪が貯まらなくていいんじゃね?という理論に基づき、アメリカのアトキンス博士が提唱したダイエット方法です。


蓄積されなかった脂肪は尿から排泄されるとの事。なのでお水をたくさん飲みます。

肉や魚、乳製品に油脂、もちろん野菜も食えて、むしろしっかり食うと効果が高いとまで書いてある。バターをおやつにしろと言うドクターの記事まである。

食べてはダメなのは米や麺類、パスタにパン。あと砂糖。かなり豊富な食事が取れることになります。


そんなにカロリーを摂って、痩せる?ホントに排泄されるの?というもの。


調べてると、どうやら排泄されるのは確実らしい。疑問は尽きないし、実体験しないと信用できないんだけど。




そして、低糖質で倒れたりしないのか?という疑問。

驚くべきは、全身の血液に溶け込んでる血糖の正常値は4グラム(角砂糖1個)でしかないんですって。しかも、肝臓は脂肪からブドウ糖を作れるらしく、低糖質の心配は全くないらしい。

稲作以前の石器時代の民の多くが低糖質でも生きられたとかなんとか、(中略)とにかく取らなくても平気らしい。


気をつけないといけないのは、うっかり筋肉がエネルギーとして分解されないようにタンパク質をしっかり摂ってのトレーニングは必須となるとの事。


そして、低糖質から通常食に戻す時にリバウンドが起きやすい、そこで失敗する人が多いという情報も。


低糖質ダイエットを推奨する意見はあくまで学説の1つだそうで、悪い面が全くないとは言えないよう。見極めて続けたいと思います。



能書きはこのくらいにして、取り敢えず始めてみることに。







とにかく2週間は低糖質の体を作るために糖質をカットしろ、との事で(ライザップのやり方ね)自炊の日々となりました。


まずはサラダを大量に作り置き。毎食用意が面倒臭いのは苦手です。





これを主食と思う事にする。米やらパスタは無かったことにする。しばらくの我慢です。

そしてオカズ。色とりどりのオカズさえあれば生きていける私。

サラダチキンは常に5、6個ストック。それでは飽きるので、普段は自炊をしていきましょう。

卵はオッケーだったから、今日はきのこオムレツにする。油は推奨のオリーブオイルで、ケチャップは低糖質。サラダはノンオイル。


ほい、今朝の朝ごはん。






糖質量は1.4グラムでした。ご飯お茶碗一杯の1/40。数字だけ見ると米が食えなくなくなります。



中々の満足感。前のカロリー制限の時、キツ過ぎて天明の大飢饉の夢を見たりしたんだけど、低糖質、、本当にこんなのでいいのか、、?



とはいえ、始めて4日で3キロ落ちたのでやはり効果があるのかも。と、調べたら体内の水分とグリコーゲンが失われただけですって。なるほど。



5日目でぶち当たったのは、無性にジュースが飲みたくなるという問題。ケーキや饅頭は普段、ほぼ食べないんだけど、起き抜けにオレンジジュースとリンゴジュースを半々で混ぜて飲んでおり、これが習慣となっておりました。禁止されると無性に欲しくなるのが人情というもの。


ネットで調べるとリンゴ酢とパルスイートを水で割って飲んでます、というご意見が。酸味と甘み、そりゃ間違いなくジュースですよ。





これがですね、メチャ旨いの!!


堂々の糖質量0.0グラム。なんだこのいい事している感じは。



間食もあまりしなくなりました。それでも欲しくなるとお豆腐とか納豆食べたり、ネット上にはからあげクンくらいは全然問題ないと書いてるんですよ。そうか、糖質制限だったか。ついカロリー制限と混同してしまう。


食生活全般において、万事こんな感じでやっております。サバイバルみたいで楽しくなってきました。何より、外食しなくなってお金を使わなくなったのがいい。



トレーニングをして、ランニングをして汗をたくさんかき、プロテインを飲んで、緑黄色野菜をモリモリ食らう日々。



運動嫌いでタバコと飲酒と夜中のラーメンが大好きなダメ人間の僕としては、こういう生活は、ある種の壮大なギャグだと思ってます。今も、始めた自分を少しバカにしてます。

健康を手に入れた人が陥りがちな「ソフトな押し付け感」にも抵抗あります。


若いお客に開口一番、「今日はジム行ってみっちりトレーニングしてきたんですよー」と言われても。こんなデブに一体どんな返答があるというのか。

「僕は同じ時間帯、ラーメン食べて寝てたよ」と答えることにしています。




でもですね、心の隅には「健康を手にしたスリムな人」への羨ましさがあります。そんなの、誰だってなりたいに決まってるじゃん。

もしそうなれたら、生きるのも楽そうだし、顔にハリも出て人前に出るのも苦じゃなくなるし、洋服も好きなの選べて、背中が痒くても手が届いて、そりゃモテたらこの上ない(笑)




飲み屋のマスターなんてのは不健康なイメージのほうが愛されるという持論がありまして、店では健康生活ついては話すのは控えます。恥ずかしいので店ではあんまり振らないで下さいね(笑)

しかしながらブログは別人格。クリックして見に来て下さってる選択制なので、好きなことを書かせて頂いてます。


たまにアップさせてもらい、気長に地道に頑張って行こうと思います。







ダイエット始動





ついに重い重い腰を上げ、ダイエットを始動しました。

ブログでのカテゴリー分類はもちろん、トラウマ系です。


お正月にはお呼ばれなどありまして、どうにもダイエットが無理という事で、諦めて食事もいつも通り。というよりも、最後の晩餐よろしく食べたいだけ食べてました。

通常食ならまだしも、ポテチやペヤングまで。ツケは後に回ってくるのを分かっていながら、食べる食べる。



そして、満を持してのエニタイムフィットネスクラブさま。





入会後しばらく経ちましたが、今夜初めて行ってきました。

午前3時のエニタイム、誰もいないかと思いきや2人ほどいらっしゃる。



しかも、自宅からチャリで2分、それも職場方向にあるので、行かないなんて言い訳ができない。


大通りに面しているので春先になったらジム着のまま走ってってトレーニングして、シャワーなんて浴びずに自宅に走って帰れる。タオルと非接触の鍵さえ持っていれば24時間何度でも出入り自由。

そこへ来て会費は半分だし、余計な干渉もされない。何て便利なんだろか。


昔行っていたジムはビルの上にあり、着替えてマシンに辿り着くまで15分くらい掛かりました。行くだけで疲れてしまう。

せっかちなので、とにかく要らない機能を省いて欲しかった。


今回は驚くくらいの便利さ、コンビニに買い物に行くような感覚です。こーいうライトなの待ってました!






早速、体重と体脂肪率を測ります。

体重はなんと過去最高の85.45キロ(笑)




体脂肪率も28パーセントという結果。


「まるで豚じゃん!」と言いたいところなんだけど、豚の平均体脂肪率は15パーセント。僕はその倍もあります。

豚さん、痩せ方教え下さい、、。






てな訳で7キロほど走りましたら、信じられないくらい塩辛い汗が出ました。あー、色んな老廃物が溜まってたのかな。



今回のダイエットはスローペースで長く続ける方式でやる事にしたんだけれど、とにかく最初が肝心です。

「痩せた喜び」を味わい、ダイエットを毎日の生活にしっかり取り込むために前半はガッツリやらせて頂きます。



脂肪燃焼を加速させるために、最初はしっかり糖質を抜きます。




しっかり絞り込んで取り敢えず5キロほど落とします。

この見た目で説得力無いんですけど、真剣にやるとすぐ痩せるんですよ。昔に賭けをして、やり過ぎて6週間で18キロ痩せたこともあるんですけど、嬉しくなって食べたらきっちりリバウンドしました。そこで今回は長期的に。



痩せたらまず何をしたいか。それは前から決まっています。いつかに伊勢丹で作った麻のジャケットを着たいんです。




このジャケットが大好き過ぎて仕方ないのです。ひとたび着ると、背筋が伸びて立派な大人になったみたいな気分になります。43にもなってバカみたいですけど。

これを着るとですね、頭が良くなったような気がします。 まあそんな魔法のジャケットですが、とにかく今は袖さえ入らないので(笑)

そして、今ずっと頭の上の雨雲みたいにのしかかってる変なモヤモヤ、自信の無さとか恥ずかしさみたいなのが取れたら良いなって。

何かに誘われてもとにかく断ってます。あまり人前に出たくない、それはいつも思ってしまいます。そんなに誰も僕のこと見てないのは知ってるんだけど(笑)

痩せたら僕の悩みの8割くらいが解決しちゃうかもです。

多分堂々と振る舞えるし、今より余裕が出て優しくなれる気がする。



お店にとっても、とても良いことなのでゆっくり頑張りますね。




ダイエットブログは間を開けてたまーに書きますね。人のダイエットなんて読んでて楽しい内容ではありませんし(笑)



年末恒例「地獄鍋」





毎年年末になると、お店が忙しいせいか食べる行為自体が面倒くさくなります。

外食ですら、オーダーしたり待つのが億劫になります。


自炊だって面倒。切ったり洗ったり、何もしたくありません。もっと言えば噛むことすら面倒くさい。







そこに現れた救世主!!!





ご存知、鍋の終盤用、シメのラーメンなんですが、これが優れもの。

鹹水が大量に入っておりまして、アンモニアのような風味があります。僕は昔の昭和のラーメンみたいなこの匂いが大好きです。


これを進化(退化?)させたのが地獄ラーメン。具材と水分を足してを繰り返し、麺を煮込んでは翌日に持ち越し、どんどん濃厚に仕上げていきます。10日ほど続けると、ドロッドロのコクが出ます!




まずは昨日の残り汁。鍋の後でも良いんだけど、流石に豆腐やマロニーの屑なんかが入ってると生ゴミ感が強くなるので、網で濾しておきます。見た目はスッキリさせないと長く続かない。


基本となる食材は豚肉とネギなど。ニラや白菜も推奨です。キノコなんかも良いですね。




火を入れてアクを取る。神経質なくらい、しっかり取ります。





盛り付けてこんな感じです。まあ、普通のラーメン。しめじを少し足したりしました。





これはこれで旨いのですが、こんな程度ではダメです。鹹水や豚のコラーゲンがしっかり溶け出さないと地獄にはならない。


食べ終わったら、野菜や肉を足してしっかり火を通します。野菜が溶け、豚のコラーゲンと麺の澱粉質でとろみがつく。

最終的に天下一品のこってりスープ並みに仕上げます。


スープには唾液が入らないようにする。食べ終わったら移し変えてしっかり冷蔵庫で冷やす、などなどの自主ルールを守りながら、どんどん濃度を上げていきます。




ところが大事件!!その夜食べるつもりで鍋ごと冷蔵庫に入れておいたんです。ジップロックではなく。

伴侶にはLINEで「ラーメン鍋だから、食べないでね」って念を押しておいたにも関わらず、、


念を押したにも関わらず、食いやがった!!



せっかく濃厚に仕上がってきたのに、、。念押ししたのに、、。

気持ち悪い食べ方を念入りに説明して、凄く怒ってしまった。



「食べた後で気持ち悪い話しないでよ」と正論を吐いて、部屋に閉じこもる伴侶。フンだ、ざまーみろ。人のスープ取るから後味悪くしてやった。


なんだか虚しいのは気のせいか、、、。


とはいえ、また一からやり直しです。頑張ろう。






伴侶の機嫌を直す為に、初めてのふるさと納税をやってみました。

限度額がよくわからないので、3万円から始めてみた。


知らなかったんだけど、肉から魚から米に商品券、本当に何でもある。


取り敢えずここは伴侶の一番好きな食べ物、漫画みたいな形のステーキ肉と「ながらみ」という雑貝にする。




彼はウニやらアワビ、伊勢海老にはそこまで興味ないようです。カニは普通に好きそうだけど、僕ほど真剣でもない。

特に肉の塊には異常な興味を見せます。アメリカ育ちだからなのか、肉がご馳走と刷り込まれたのか、とにかく凄い。

僕なら、迷わず魚介を選んでしまうのです、、。肉も好きなんだけど、バラエティの面で魚介には負ける気がする。


ともあれ、年末は美味しいものを食べる機会が増えます。

無理やりご馳走を食べなきゃいけない食事会だった、のような話をお客さんから聞くと、何と不幸な話なんだと。

ご馳走は自分のペースで食べたいものですよね。


年末にかけて、食べ過ぎと口内炎にはくれぐれもご注意下さいね。






肉で暑さを乗り切ろう




暑いですね〜。暑くて暑くて、嫌になります。

お店はというと、30畳用のエアコンを2台設置してますので、どんなに暑くても結露するくらいに冷えます。取り付け見積もりの時に、こんなに出力高いの二台も付けたら勿体無いですよ、と言われた。


それでもいいのです。前の店は夏は外気と変わらない暑さだったんです。あんなに辛い日々はなかった。

多分、近隣の飲食店のどこよりも坪辺りの冷却効率が高いと思います。安心してお越しくださいませ。



さて、暑いとなるとなぜか肉とカレーが食べたくなる。


ざるそばや素麺の方が喉越しは良いのだけれど、何となくパワーにかける気がするのです。


となると肉が欲しくなる。ああ、肉欲の日々。普段は魚と炭水化物が多いのですが、ここんとこ肉ばかり食べています。


ジンギスカンも、生ラムに限っては克服した模様です。





あんなに毛嫌いしていたのに、、。牛肉では物足りない気分の時に、その上のラムが欲しい!となる。

肉の臭みもハーブの香り、とセルフ洗脳をかけたその日から美味しく頂けるようになりました。不思議なんですけど。


平日昼間に一人ジンギスカン、という幸せ(不幸)






そして、新宿ねぎしの牛タン。これは最近ハマりまくっています。

がんこちゃんセット、という赤身のタンのグリルにとろろ、テールスープ、麦飯にお漬物が付いて1100円。

お肉を増量して税込1500円のが僕のお気に入り。






これね、とにかくバランスが良いのですよ。最初はタンを麦飯とを交互にいく。タンは二枚重ねにして豪快に掻き込む。

薄味のテールスープを一口、二口啜って、また麦飯を口に放り込み、秋田の青菜のお漬物を齧る。





またタン。少し胡椒を振って頂く。後半は麦飯をハーフお替りして、とろろを掛けて、啜り込む。

そうなんです、麦飯は食べ放題なのです!!



1,500円レベルの昼食は数あれど、その辺りの中では一番コスパが宜しいんではないか。それぞれのバランスがとても良く、タンは低カロリーで麦飯もとろろも栄養価は文句なし。

カロリーも700キロ少しなので、半チャーハンラーメン餃子なんかよりもずっと低い。


今週4回も行ってしまった!!



焼肉屋さんに行くのは面倒、お金勿体無い。でもお肉を食べたいなんて時にはとても良いですね。

今までそういうモードの時には松屋さんに行っていました。


牛焼肉定食ダブル、というやつです。900円。





安くてお財布には優しいのですがね、圧倒的に脂がシツコイんですよ。半日くらい胃がムズムズします。肉体労働してたらまだしも、僕みたいな喋ってるだけの仕事には明らかにカロリー過剰。


あんなに行っていたのに、今では全く行かなくなりました。牛タンのサッパリした肉の味が、僕には合うようです。

認めようが認めまいが、やっぱり歳なのですねぇ。秋には43歳になります。


とはいえこの数年、歳を重ねることに何の感慨も無いんです。悲しいとか辛いとか、もちろん嬉しいも無いですけど(笑)


こればっかりは順番ですしね。




まだまだ暑くなりそうですね、お体には充分ご注意下さいませ。



サイクリング餃子




サイクリング餃子、といっても誰もわからないでしょう。僕が名付けたのですから。


本当に疲れた時、お店に入る事すら疲れた時に、これをします。


2日経ってまだ、ご近所イタリアンの件は釈然としません。はっきり言って落ち込みました。

会話という会話があるような関係でもなかったので、またお邪魔して何かをお伝えするなんて事も考えにくい。

ここは一期一会、去るしかないのかな、、。またご縁あるかもだしね。



そんな事でモヤモヤしてたら、餃子を食いたくなった。大阪王将の焼き餃子。それもサイクリングしながら。



たまーにやるんですけど、余りにダメ人間な食べ方なのでたまにしかやりません。良い子は真似しないでください。


まずは大阪王将、歌舞伎町店に自転車で乗り付けます。


焼き餃子を任意の個数、注文します。お箸は一膳でいいです、と伝える。





このようにカゴ付き自転車に搭載します。


フタを開けると、、、





このように、小さな幸せが広がります。向かい風により、餃子の香りに全身が包まれます。

たれをかけて、走りながら喰らいます。たまにギャルが「超いい匂いしねぇ?」なんて聞こえますが気にしない。







サイクリング餃子の利点は二つ。時間の節約と冷ます効果です。


家に着いたら歯を磨くだけのスケジュール。これは多忙な方には堪らない。

そして、餃子を箸で摘んで前方にかざすと、餃子が冷めます。空冷式餃子冷却装置。


餃子、今日の三日月と同じ姿です。遥か彼方の上弦の月。





今日のところは3人前(18個)で許しておいてやる。経験上、自宅に着くまでに丁度いいのもこの3人前。


ふと見上げると、朝焼けが綺麗。自転車走りながら餃子食いながら見る朝焼けは中々ないぞ。





今週末はパーティー。今日も忙しくさせて貰いました。


明日も頑張らねば。







近所のイタリアンと決別の巻




ちょっとネガティブな話になります。


家の近所の某イリアンレストラン。


なんだかんだでもう10年近く通っておりました。旅行や何か以外、ほぼ週に一回は通う、人生初の常連レストラン。美味しいパスタを味わい、ワインを頂きながら本を読んだり、考え事をしたり出来る僕の心のオアシスでした。

シェフと会釈しあい、「いつものお願いします」でオーダーが通るくらいの距離感でした。



昔は3人体制でしたが、数年前から1人で営業なさってるのです。ご事情は計り知れないけど、とにかくいつも疲れ気味のこのレストラン。比較的空いているのでまたそれが良かったりします。

そもそも、元気でハッピー全開みたいなオーナーシェフのお店は好きじゃない。なんか疲れます。




疲れるとついイライラするのは僕も同じ。でも、してはいけない事がある。今日は許せなかった。






テーブル3つとカウンター3席の店内。備え付けのポットには週替わりのスープが入っており、ランチにはカップ一杯付いて来ます。注ぐのはセルフサービス。


スープのポットは店内に2個しかないので、皆さんご自分で近くのポットに注ぎに行くシステムです。

そういう具合に、今日もスープを注ぎました。


今日に限ってそれがいけなかったらしい!!


どうやらポットの置いてある席は5名の予約のお席だったらしく、そのポットには触られたくなかったらしい。小さなポットには5杯分きっちりのスープが入っていたのか、、。知らんけど。


そもそも過労でストレスマックスのシェフ、それを見て爆発してしまった。


走って客席に飛んで来て、イライラ全開で僕が触ったポットに大袈裟にスープを補充なさる。大きなため息をつきながら、イヤミったらしい。



その間、ずっと僕のオーダーを取ってもらえず、放置。


予約の方がVIPのような素振りに閉口してしまいました。

ここ数年間、同じようなセルフのお作法でスープを注いでいて、何で今日に限って突然キレられるのか。


せめて、「予約の席のポットは使わないで」と口頭で注意頂ければまだ分かるのだけれど、ってか、下げとけよって感じ。




そもそも、どうして口で言わないのか。人間なら言葉でポイントを説明するべきだと思う。イライラされてもそんなに察してられないって。キレ方も下手くそ。ため息ついたり大袈裟に走ったり、キレるにももっとやり方あるだろ。



僕はキレた時、どうして頭にきたか、どうしてほしいのかを穏やかに順序立てて説明するよう心掛けてます。キレるなりの流儀というか。

思想もなく単なるイライラでキレたなら、クールダウンしてからその旨を謝ります。「ただ怒っちゃったの、ゴメンなさい」って。それでいいじゃん。





怒りは他のお客さんにも飛び火して、コーヒーを頼んだ方は、これから宴会だから勘弁してくれと言われてた。いつもしていることを断るなら、欲出して予約受けなきゃいいのに、、。



完全にカチンときた僕は、出来上がったいつもの大盛りパスタに一切手をつけずに店を出ました。今までパスタ一本残した事ありません。


勿体無いし、残すの大嫌いだけどそっちが口で言わないならこちらも口で言わないよ。冷たいようだけど、ご自分が気持ちを込めてお料理したものを捨てながら、さっきの行動を思いだして欲しい。







ちょうど先週お邪魔した時に2人きりになり、シェフは僕に話しかけてきて、「最近貸切や団体受けすぎて暇なんですよね、、」と仰っていた。ここ半年くらい、とても静かなお店ではありましたが。



暇だと団体予約や貸切を受ける。そうすると休業が増えてまた暇になる。また貸切を受ける。


何でそんな簡単な事が分からないんだろう、と不思議で仕方ないんだけど、この店もまたそのスパイラルに陥っていた。


僕のお店が会員制とか、4人以下のご来店なんかをしつこく守ってるのはそこしかない。

小規模の個人店に常連さんが気持ちよく定着して貰うためには、知りもしない団体予約に一々目が眩んでるようではダメなのです。

大人数の予約を受けたとしても、常連さんを守ってる姿勢は強めに見せないといけない。

今日は騒がしくてすみません、でも本音では普段あなたが来ていることが優先なんですよ、という具合に。


今日のイタリアンは、その逆をやった。




僕はもう10年、20年通いたかったけどなぁ、、。また良いお店見つかると良いな。


飲食店をやってて一番怖いのは、暇になるのと、こういうイライラが抑えられなくなる日が来る事。誰も注意してくれず、来なくなるだけなんですよね。

これからの将来にわたってお勤めの方より少ないお休みで、なおかつ自分を律しないといけない。常連さんに甘えてキレるのも、この距離感だと物好き以外、大抵怖がって逃げられるよね。



まるで映し鏡を見ているようでした(汗)


頭にくる事は誰しもあるから仕方ないと思う。でも、大切なのは「思いを伝えられるか」ですよね。ただ怒ってるだけなのは赤ちゃんと変わらない。


僕も怒らず、上手に意思を伝えられるように精進しないとです。










【濃厚】カニの殻と向き合う




昔も記事に書きましたが、蟹の殻を使っての独自ノウハウによるカニだしの取り方です。

というか、カニの殻に残った細かな身をどこまで回収できるかが命題であります。


カニ愛好家の自慢の食べ方は種々あるでしょうが、量を沢山食べられる、などといった自慢は噴飯もの。

僕としては如何に身ひとつ残さず味わい尽くすかの愛情にこそ、カニ好きの本懐があると考えます。


普段食べ終わった殻に、普段どれだけお楽しみを残したまま捨てているか。これを是非とも出汁を取っていただき、カニ飯にでもして召し上がっていただけたらと思います。


先ずはカニ。今回は非加熱冷凍のものを7肩取り寄せました。13,000円もしたよ。





年末年始を乗り切る先行投資です。秋のカニ祭りは毎年秋の行事と化しております。

これを茹でる。茹でた側から色が変わります。うーん、いい色だこと。





茹で上がり。4肩茹でたのですが、結構な量です。









こちらを全て、剥いて殻から外していきます。剥いた身は少しは食べつつも、タッパーに取っておいて明日のお楽しみにします。(結局食べちゃって、写真撮り忘れ)



そうとうゲンナリする位の量があります。カニをフルで二杯食べて、普通なら「世は満足じゃ!」となる所です、、。


僕のカニ祭り、主役はこの剥き終わった殻にあります。





先ほどの茹でた汁を取っておいて、もう一度煮かえします。そして、よく揺すってカニの細かな身を剥がす。剥がれない身は少し冷ました茹で汁の中で割箸や指を使ってこそぎ落とす。


イライラしたら負け。砂の中の砂金を取り出すような気持ちで、根気よくこそぎ落とします。

出汁を静かに置いておき、身が沈殿したところで網で掬い取り、またカニ殻を茹でて、さっきと同じ事を繰り返す。

三回くらいやった所で今度は汁を切って、殻を木べらにてよく炒める。鍋肌に旨味がくっ付いて焦げる手前、そこへ日本酒とさっきの上澄み出汁を戻し、また煮る。そうするとカニの風味がまた出てきて、出汁に移る。


またもカニの身がユラユラと出てくるので、心を静かに保って、繰り返し沈殿させて網で掬う。



そんな事を2時間くらい繰り返し、こちらが最終的な上澄み液となります、、、





そして、捨てるはずの殻からこんなにも身が!!





カニ缶で言うところの、小さめのだったら5から6缶分はあります。


これをカニご飯にします。先ほどのペットボトルの煮汁に鰹、昆布の出汁と醤油、味醂を加えて炊き込みご飯に致します。


まあ、カニのエキスがこれでもか!というくらいに溶け出して、濃厚なカニ飯が出来上がるのですが、、。


この出汁は味噌汁にしても美味しいのです。西洋風ならブイヤベースか。それにパスタ。オイルベースで、白ワインと共に乳化させるとあっという間に魚介のパスタ。

乳化したパスタソース愛を語り出すとまた長いので、また今度にします。ああ、幸せ。




つい、カニの身を外すときに口でチュパチュパやりたくなるんだけど、それはいけません。自分は汚いのは割と平気なのですが、此ればかりは流石に食欲が無くなります。

そして何より、痛むのが早くなるので避けた方が良い。

むしろ、カニのを豪快に大きなところだけ食べ、細かな身を残す位の気持ちで取り組むのが良し。


これだけ濯ぐと、殻には少しの身も残っていません。これでカニも成仏できるかと。そうです、細かな身からエキスから、食べ尽くす事が何より供養ですわな。


カニさん、僕がこの後目覚めたら、炊きたてのカニご飯の姿で再会しましょう。




早く逢いたいよ、、、。






calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 並木、ドアその後。
    yukie
  • 風立ちぬ、を観てきました
    店主
  • 風立ちぬ、を観てきました
    takepon
  • 秋からの制服を考える
    店主
  • 秋からの制服を考える
    yukie
  • 昭和レトロ探訪〜新宿三丁目「千鳥街」
    三橋 順子
  • うーん、調子がよくないのです。
    シンスケ
  • うーん、調子がよくないのです。
    ゆう
  • うーん、調子がよくないのです。
    YASUO
  • マンハッタン旅行記(その1 街並み編)
    Sige

recent trackback

recommend

南の島に雪が降る (知恵の森文庫)
南の島に雪が降る (知恵の森文庫) (JUGEMレビュー »)
加東 大介
太平洋戦争末期、赤道直下の戦地ニューギニアで慰問団を結成し、7000人の兵士を楽しませた元歌舞伎役者の実話。ジャングルの中に歌舞伎座を建て、馬の尻尾や棕櫚の繊維で結いあげた鬘、パラシュートの打ち掛けや緞帳、ガーゼの糸を間引いた紗幕、そして紙吹雪を用いての雪景色に、遠い故郷を思い出し、兵隊たちは声を上げて泣く。究極の状況下での知恵と優しさの詰まった人々の心の触れ合いを描いた温かい作品。

recommend

伽羅の香 (中公文庫)
伽羅の香 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
宮尾 登美子
何不自由なく育った主人公は、何気なく始めた香道の奥深さに知らぬ間に溺れてしまう。免許皆伝の暁には、と始めた会合。気がつけば彼女の自宅は時のサロンに変貌し、有力者が訪ねて来るまでになる。しかし少数の仲間はそれをよく思わず、時を同じくして太平洋戦争の足音が忍び寄る、・・・・。
蘭奢待を始めとする平安から連なる奥深くも豪華な数多くのエピソードが、読み人を香りの世界へと誘う。
安いもので構いません、お好みの香木を焚き締めながらの拝読をお勧め致します。グッと気分が出ます。

recommend

グロテスク〈上〉 (文春文庫)
グロテスク〈上〉 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
桐野 夏生
悪気もなく、ただ人の不幸を喜びに生きる「私」と、類い稀な美貌を持ち、出会う人々を皆驚嘆させてしまう実の「妹」、人に勝利する事でしか自分の存在意義を見いだせない、容姿に恵まれない和恵。その三人を中心に描かれるQ女子高(私立慶應女子高校がモデルになっている)の超閉鎖的階級社会を舞台に、途中入学組に対しての、富裕層からなる内部進学者からの壮絶ないじめを軸とした数々のエピソードは圧巻。物語全体は東電OL事件を主軸にして描かれており、後半は生生しい売春婦の日常が詳細に描かれている。店主がここ最近の著書で、久々に気骨を感じた作品。

recommend

一の糸 (新潮文庫)
一の糸 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
何不自由ない造り酒屋の娘茜は幼き日に目を患い、その時連れられて聞いた文楽、露澤清太郎が奏でる三味線の音に恋をしてしまう。大正から太平洋戦争後にかけた女の一大抒情詩。乗馬を好む娘、宝石や宿屋を惜しげもなく買い与えるおおらかな母、その後の茜の命を賭けた壮絶な苛めとの戦い、本物の芸に賭ける壮絶なエンディングと、読みどころが随所に散りばめられた文句なしの女流文芸娯楽作品。

recommend

悪女について (新潮文庫 (あ-5-19))
悪女について (新潮文庫 (あ-5-19)) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
公子という一人の貧しい女が中華屋の仲居からスタートして何百、何千という嘘を重ねて戦後の混乱期にのし上がる様を描いた作品。嘘を重ねると言っても、無論、それだけでは決して成功はしない。夜学に通って簿記の試験をパスし、自らの美貌を磨いて出会う男を翻弄し、汗まみれになり生き抜くさまは寧ろ潔い。とある事件後の週刊誌記者による聞き取り調査と云う一風変わった文体で綴られる全編は、時を忘れ、あっという間に読めてしまう。中でも、登場スr数々の大粒の宝石の描写は秀逸。「取材魔」の異名を取る有吉文学の中でも比較的軽めな現代もの。特に初心者にお勧めの一品。

recommend

女系家族〈上〉 (新潮文庫)
女系家族〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
山崎 豊子
船場に続く大商家の物語。入り婿の父が突然亡くなり、残された三姉妹が遺産相続を期に豹変を始める。狡猾な大番頭、突然現れる妾の存在に、三姉妹は関係を結んだ男の入れ知恵や様々な駆け引きを繰り返し、遺産を減らさぬよう奔走する。団結した三姉妹と叔母が妊娠したと思しき妾を抑えつけ、懇意の医師が器具を用いて検査を始める妾宅での描写は、昭和女流文芸史に残る陰惨な情景と云えるだろう。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

昭和初期の船場に三代続く女系の老舗足袋屋に生まれた男の半生を描く。女親に反発するかのように愛人を4人も囲いながらも商売に精を出す主人公。迎え入れた新妻の妊娠を探るために肥溜めを棒で掻き回す姑と大姑の陰惨な嫌がらせ、襲名披露の配り物がたった足袋一足だと聞いてケチだと馬鹿にする参加者を尻目に、実は踵の留め金具が純金製で帰宅した一同を仰天させるエピソードなど、船場の粋と意地が詰まった珠玉の作品。

recommend

針女 (新潮文庫)
針女 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
出征した帝大出の弘一が残した青春の遺書を胸に、パンパンや闇成金の持ち込む針仕事に打ち込む孤児の清子。彼女は過去に踏んだ針が体を周り運悪く跛(びっこ)になるというハンディキャップを持つ。復員した夫は戦争のせいで性格が豹変しており・・。パンパンや気違いといった現代では禁止用語の登場人物が行き交い、戦後の混乱期をそのまま原稿用紙の上に広げたような生々しい作品となっている。

recommend

連舞 (集英社文庫)
連舞 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
昭和初期の日本舞踏の一大流派、梶川流の栄枯盛衰を描く。先代家元の妾の子に生まれながらも伸び悩む自分の踊りの才能、踊りの天才と謳われる性格の悪い妹、妹しか愛さない母に悩まされる青春時代。しかし、GHQ接収後のアーニーパイル劇場での歌舞伎ショーにてストリップを強要され、大逆転の末成功となり、家元夫人にまで上り詰めてしまう。忌わしい過去と出自に翻弄されつつも、過去をねじ伏せるかのように踊りに邁進し、遂に芸の道に境地を見出す主人公、月の直向な横顔が涙を誘う。

recommend

明治のお嬢さま (角川選書)
明治のお嬢さま (角川選書) (JUGEMレビュー »)
黒岩 比佐子
明治期の令嬢の実態を探る。たしなみ、学力、美醜の葛藤、結婚生活まで多岐にわたる。面白いのは多くの令嬢は今と変わらず贅沢品に執着したらしく、友人の持ち物を嫉む生々しい手紙なども解説入りで紹介されている。その他、当時の流行の髪型や美人術、痩せる薬などの広告資料も収録。

recommend

宮中賢所物語―五十七年間皇居に暮らして
宮中賢所物語―五十七年間皇居に暮らして (JUGEMレビュー »)
高谷 朝子,明石 伸子,太田 さとし
千代田の森の奥深く、宮中賢所に57年お住まいの神職の女性の半生を描いた作品。下界と分断された森の中で祈りを捧げる日々。厳格な穢れの区別(下界のものに触れると潔斎しなければいけない)、四足のものは食べてはならない、毎朝数時間かけて髪おすべらかしに結うなど驚愕の生活と共に、日本古来の自然に寄り添った質素な習慣を紹介する。

recommend

朝香宮家に生まれて
朝香宮家に生まれて (JUGEMレビュー »)
北風 倚子
渋谷・松濤の鍋島公園一帯は戦前、広大な鍋島侯爵邸であり、著者の住まいであった。大空襲で火の海になった屋敷を逃れ、昭和という時代を生き抜いた、旧華族のお姫様の生涯。

recommend

社長 島耕作(8) (モーニングKC)
社長 島耕作(8) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
弘兼 憲史
言わずと知れた島耕作シリーズ単行本。長い経緯はさておき、弊店が表紙になっております。店主もタキシードでモデルを致しました。
是非お買い求めくださいw

recommend

梨本宮伊都子妃の日記―皇族妃の見た明治・大正・昭和 (小学館文庫)
梨本宮伊都子妃の日記―皇族妃の見た明治・大正・昭和 (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
小田部 雄次
佐賀藩主鍋島家令嬢伊都子。彼女はのちに梨本宮に嫁ぐが、明治から昭和に渡って77年間日記を残していて、その様相は「書き魔」と言わんばかり。初の洋行先のパリで買い物の様子や婚礼、即位式などの華やかな思い出を経て、戦中戦後の倹約の様子や時代に対する落胆ぶりなど。往時の匂いが漂ってくるかのような生々しさ。著者、小田部雄次の解説が当時の世情をわかりやすく補ってくれる。

recommend

写真集 酒井美意子 華族の肖像
写真集 酒井美意子 華族の肖像 (JUGEMレビュー »)
酒井 美意子
加賀藩前田家令嬢の酒井美意子。マナー講師として厚化粧キャラでメディアに登場した姿をご存じの方もいらっしゃるであろうが、彼女は戦前まで駒場の前田侯爵邸に居住していたことを知る人は少ない。莫大な財産と華麗な人脈を、膨大な写真とコメントで紐解く、いわば現代版歴史絵巻的な写真集。必読。

recommend

極楽商売―聞き書き戦後性相史
極楽商売―聞き書き戦後性相史 (JUGEMレビュー »)
下川 耿史
戦後の性関連産業を裏側の視点から取材した戦後風俗史。進駐軍専門のパンパン宿や性具の販売店、愚連隊、ゲイバー、カストリ情報誌、個室喫茶・・・。戦後の性に携わった人々の汗や息遣いが聞こえそうな一冊。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

京セラ、auの創始者ににして仏門に入った稲森氏が、街の小さな碍子工場を一代にしていかに大企業へと成長させたかを描く。単なるサクセスストーリーに収まらない哲学や思想を散りばめた珠玉の一冊。

recommend

芝桜〈上〉 (新潮文庫)
芝桜〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
我らが有吉佐和子先生の長編。戦前の花柳界を舞台に、二人の女が艶やかに力強く生き抜く。温厚で情緒的な梅弥、狡猾で気ままな蔦代。共に授かった類い稀な美貌を武器に、ただひたすら戦前、戦後の花柳界を生きる。花柳界独特のお茶屋の仕組みや旦那制度、一本や水揚げなど、判りにくい独自の世界がこの一冊でよくわかる。ストーリを彩る、旦那からの贈り物の三越謹製三百円の帯や、大粒の翡翠の簪、英国土産の巨大ダイヤモンドなど、随所に登場する豪華絢爛な衣裳拵えと、それを取り巻く年増女将との丁々発止のやりとりの描写は必見。店主のバイブルと同時に、不動の一位たる女流文芸作品。

links

profile

書いた記事数:1003 最後に更新した日:2019/06/18

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM