本日日曜日は16:00より



このところ、曇り空でスッキリしませんね、、。

キヌギヌちゃんは相変わらずマイペースに。窓全開で風が吹き込む中、それぞれ本を読んだり携帯いじったり。


なんせ空いてますので^_^




しかし、ビニールカーテンにもずいぶん慣れました。もう存在を忘れてるくらいです。





それを僕は水族館の深海魚の如く、水槽の中から眺めております。水を得た魚、とまではいかないけど。







どうせなら近藤玲子水中バレエ団を模した仕掛けでも作ろうかしら、、。人魚姫かな、やっぱ。



当面の営業時間について




当面の営業時間です。ご参考になさって下さい。


月曜定休日
火曜定休日
水曜18:00〜22:00
木曜18:00〜22:00
金曜18:00〜22:00
土曜18:00〜22:00
日曜16:00〜20:00

ラストオーダーは閉店時間の30分前となります。日曜のみ前倒しになっております、ご確認下さい。

このようにカウンター全面に4mのビニールカーテンがごさいまして、お酌などが難しい状態にあります。お客様ご自身にてお願いします。



*カーテンにより、ソファからのお声がよく聞き取れません。その点もお汲み取り下さい。


*閉店後のご来店「一杯だけ!」もお断りしますー。ステップ1の言いつけ通り、時間が来たらクローズしないとですので(*´∀`*)


二日間開けてみて、かなり沢山のお客さまに恵まれましたが、取れる対策として密を避ける事しか、BARの生き残る道はありません。

お断りするのが忍びないので、ご来店前に混雑状況の電話確認をお願いします。




明日より18:00〜オープンとなります





いやー、初日。書きたいことは沢山あるのですが、まずは楽しかったです。そして、流石に2ヶ月ブランクにより、かなり忘れております。結果、メチャ疲れました。

明日より18:00オープン〜22:00クローズに変更させて下さい。午後5時では皆さん仕事終わったばかりですし、早すぎましたσ(^_^;)


5/27(水)より営業再開します




(はぁ、ついにこの題名の記事を書ける日が来たぞ)

題名の通り。5/27(水)より営業を再開します。時間は17:00〜22:00。21:30ラストオーダーです。


いやー、嬉しいです。みんなと逢える、お店に立てる、収入が入ってくるwそりゃもう、ウズウズします。



以下、細かなお知らせです。ぜひともお読みください。

*どちらかというと読書室のようなイメージです。ヒソヒソ話したり、テンション低めで参りますが、それでも良ければお付き合いくださいませ。

*営業時間ですが、当面は17:00〜22:00にて参ります。まだ定まっておりませんので微調整などあるかもです。開店時間変更の場合は前の夜にこちらに書きますのでご確認ください。土日は日差しの入る15:00くらいから開ける予定です。

*混雑致しますと入店をお断りいたします。知った方でも止む無くお断りをお願いしますので、無駄足を踏まないためにも事前の電話確認をお勧めします。

*客席の換気を最優先するために喫煙場所をベランダからトイレ奥の階段部分へ移動します。 今後ベランダでは喫煙できなくなります。ご理解の程お願いします。

*ラストオーダーは21:30となります。入店もこの時間までとさせて頂きます。

*コロナの脅威が完全に消えたわけでは無いそうです。異常なハイテンション、泥酔状態などの方にははんなりとお会計を促しますので(あ、前からか)





ああ、こんなに早く解禁されるとは思ってなかった。電気は全部落としてるし、在庫も持たないまま休業に入りました。復旧の準備が大変です。


喫煙所を早く整えてベランダを無煙にしないと、店内換気できないのです。ベランダでの喫煙が楽しみだった方には申し訳ないですが、実は開け閉めのたびに結構な量の煙が入ってきていたのです。世の中の流れと申しますが、すみません。

この散らかった場所の奥に換気扇を付けなければいけません。荷物は6/8に全てゴミに出しますが、それまでは各方面に散らして置くしかない、、。





しかし取り付け、、明日中に間に合うか?!





6日目(動画配信)



引きこもり6日目。流石に退屈なのでお店に行って片付け物をする。ストックしてあったレモン、ライムを回収するのがメインのミッションです。

他のものはアルコールなので、数年は日持ちします。これは本当にバーをやってて良かったことの一つですね。花屋さん、ケーキ屋さん、魚屋さん、寿司屋さん、、。ロスの出る商売なんてたくさんあります。

今はお辛いと思いますが、頑張って耐えてくださいませ!!


で、このレモンとライム。




買ってから10日ほど経ちますが、まだキレイ。ツヤツヤしてます。

これ、自家消費だと絞ってジュースにして飲むくらいしか使い道ないですよね、、。あとは唐揚げに絞るか。

ライムなんてもっと使い道がない。これも絞ってジュースにするか。


と、ここで閃いた。リモンチェロを作ろう。




店でも出してるんだけど、レモン5個にスピリタス500CC、ガムシロップ750CC。

それをInstagramのライブ配信してみることにした。少し恥ずかしいのだけれど、そうも言ってられない。このままだと存在を忘れられるかも知れないのだ。

レモンの皮を剥いてスピリタスに漬ける。




間にピアノを弾いたり





結局1時間半も一人で話していました。慣れるとカメラの存在を忘れてしまうので、いつもの自分らしく振る舞うことが出来ました。






いつもの効果音ボタン、ライブ配信にはピッタリでした。拍手ボタンとかドラムロール、中々使えますね。


週末の夜辺り、またチャレンジしてみようと思います。何かを作るトライの方が飽きられなくていいと思います。フリートークだと死んでしまいます、、、。



家に帰ると、百合子さんの会見。

更に、バー、酒場などの夜間の利用自粛を繰り返しておられました。酒場での感染確認が複数あったらしい。ネットによると、感染経路を辿ると主にキャバクラだったそう。


キャバクラとBARは一括りになるのかは別として、なぜBARだけ叩かれるのか。満員電車とか、昼間の牛丼屋さんはどうなんだろう。


その直後のニュースで、今朝月曜日の新宿の通勤動画が流れる。





絵的にはこっちの方が怖いだろ


通勤はお仕事だから必要なのか?じゃあBARはお仕事ではないのか。誰が不要不急の判断をするのか。誰が優先順位をつけるのか。昼は安全で夜は危険?そりゃ業態によるでしょう。



この不公平感に疲れるんですよ。


やっぱりBARは不要不急。そこは否定しません。けれど、人が自腹で店をクローズしてることに対してなんの責任もない発言。それは見栄だけだからね。よく考えたら全然割が合わないじゃないか。一斉ロックダウンして、早くウイルスやりこめようよ。

政府は良心につけ込むという1番ずるいやり方をするなよと言いたい。


昨日はコロナ禍以降、1番腹が立った。冷静でいたいけど、そういつまでもお人好しではいられない。特に不公平な中では。




しばらく休業とさせて頂きます。




いやー、お店開けたいのは山々なんですよ。春が来て、元気過ぎて走り出しそうなんですが。


しばらくの間、お店を休業させて頂きます



今夜よりしばらくの間、お店を閉めさせて頂きます。店の売り上げより感染リスクの防止を優先です。


まだ自粛要請段階ですし、開けているお店、閉まっているお店、いろんなチョイスがあっていいと思います。

けど、ある近所の飲食店なんてのは騒動なんて無かったかのようにバカ騒ぎしてる映像をUPしてたりします。

同業者として、そういうのは見るのしんどいんです。バカかと(笑)

そろそろ、自分の営利を差し置いて休業しないといけない時期だと思うのです。いつ志村けんさんみたいな方が近くに現れるかもわからないし、東京の街がいつイタリアみたいになるか、すぐかも分からない。
綺麗事ではなく、お客さんの健康が一番大切なんです。本当にそう思います。




サラリーマンが羨ましいとも思いません。



恨むなら、自営業を選んだあの日の自分を恨め!


と言いたいです(笑)書きたいことは沢山ありますが、取り敢えずお知らせまで。



忘れ物の引き取りなどは指定の場所に置かせて頂きます。これからお店に向かい、張り紙や防犯カメラ設置などの作業して参ります。


再開時期などは追ってお伝えいたします。しばしのお別れ、サラバじゃ。




歌姫関係(完結編)





YouTubeを見ていますと、どんどんUPされております。


キヌギヌ部分のみ抜き出したのがありました




他にも、こんなのも。


リアクション付き!



いやいや、これなら共に盛り上がれますね。この姉さんの表情から目が離せません。(全く音が入ってこない)何故か後引くのですね、、。興味あるなぁ。いつか紹興酒で乾杯でもしましょ!





いやー、僕の酒場人生、色んなことがありましたが、もし僕の歴史年表を作るとすると、金文字で印刷する一行に違いありません。つまりは人生のピーク、うたかたの夢。もう少しだけ味わせて下さい。







にしても、収録前のリハーサルが楽しかった。地下のスタジオに生の楽器を入れてやるんだけれど、繰り返し演奏する中でどんどんアレンジが変わります。


僕らキヌギヌバンドは五線譜が無くても脳内コードネームで弾くことに慣れては居るんだけど、メモくらいは取ります。

が、MISIAは一切メモ取らないのです。


驚きつつも平静を保ってリハーサルを進める我々。山場のアレンジをもう少し変えようと言うことになって、3パターンくらい歌う訳ですよ。エモーショナルなのと、抑えめなのと、その中間位のと。(歌謡界の北島マヤですな)


それぞれを歌い終わってから、全員に真っ直ぐな目で「どれがいいかな?」と聞く。


いやいや、3バージョンとも別格に良いんですけど、、、。




とにかく上手過ぎて魅力的過ぎて、仕事なのにみんなニヤニヤしてしまう。特にマイクを通していない生の彼女の歌声、、これがまた素晴らしいのです。

ライブでもアルバムでも、音は電気信号又はデジタル化されてますが、 それが生だとその場の空気が振動してるのですよね。歌手の声帯から僕の鼓膜や骨へ直接波動を受ける事になるのですが、うっかり気を抜くと失神しそうになります。

これは自慢にしかならないんだけど、生声の持つヴァイブレーション、これこそがMISIAの魅力の真髄だと思います。純金と蜂蜜を溶かし混ぜたような、とことん濃厚な何かが空間を満たします。

もし戦争してる人の間に入って何か歌ったら、その場の人みんなが笑顔でトロトロになっちゃうんじゃないかな、なんて。


素敵な時間をありがとうございました。MISIAさん。


MISIA関連のブログはこの辺りで終わりとなります。さー、現実に戻りましょう(´ー`)



普段のお店が本当の姿。コロナに負けず水曜からも愛して下さいね。




ちょっといいニュース




昨日は少し落ち込んでマイナス思考andヒステリーが入ってしまいました。こういう国難のような大事件の時にはいつもこうなります。まあ、皆そうですよね。

しかし、酒飲んでぐっすり寝ればすぐに治るのであった!別に暇でもいい。健康だし友達もいるし、親もボケてないし大きな借金もない。まずは生きてる今を楽しまなきゃ。



そんな訳で元気になった僕は原宿辺りをチャリでうろうろ。その後は店に戻り、ベランダのバラを垣根のように整形して針金で止める作業。




ヒョロっと長いのを横に倒して伸ばし、他の枝を絡ませて針金で止める。繰り返して織物みたいに拡げていきます。


これをしないと、ビュンビュン好きな方に伸びて、スカスカのままになります。理想の形は花がこちらに向いており、葉は壁状になって向かいのマンションの目隠しになる状態。





4年目のバラ栽培。今年辺りで目隠しを完成させたい。つまりはマンション全面見えない状態なんだけど、、、ゴーヤと違って生育が遅いので、今年も難しいかな、、。


毎日早く入ってバラの編み込みをしっかり続けよう。



てな訳で、時短でお送りしていました開店時間を20:00〜に戻しました。用がある時はまたこちらに掲載しまして、ぼちぼちやります。



ベランダいじりもなんですが、それよりも最近正式決定した恵比寿の他店舗のデザインのお仕事。かなりボリュームが多そうなのです。(施主の方は新店舗をノンケキヌギヌ、と呼んでいます)

コロナ期間を上手く利用して、7月頭くらいまでには仕上げたいと思います。


そして、歌手のMISIAさん。


中国最大の音楽番組、「singer2020」という番組にシリーズで出演なさってるのですが、今夜放送回はなんとキヌギヌバンドが伴奏で、しかも店内で収録!という謎のプログラムです。





マンゴーテレビというアプリだと観られるらしいのですが、、YouTubeにもそのうち上がるとの事です、気になる方はどうぞご覧下さい。


あとは、僕のInstagramからも見られます(鍵掛けてませんのでイタズラはやめてね)

SHINSUKE_ENOMOTO_







スナックのオッサンがまさか、紅白トリの歌手の伴奏を自分の店でやるなんて、、嬉しいんだけど複雑な気分ですね。ファンの方に殺されそう。

撮影は臨時休業の3月4日だったのですが、店内にカメラ6台、レールを敷いてもう凄いことになっていました。





もっと凄いのが下の階。撮影の度に貸し切らせて頂くのですが、階段からケーブルが伸びまして、、













こちらの搬入出の立ち合いが大変すぎて、感動とかMISIAの横顔に見惚れるとか、ハーモニーを味わうみたいな記憶は殆どありません(涙


コロナの影響で中国全土、約6億人が観てるらしいと今頃聞かされ、変な緊張感に包まれておりますが時すでに遅し。バーのロケに見合った、何かしらのホッコリ感が伝われば嬉しいですね。ホッコリ要員なら任せてちょ。




そして僕は今夜も、いつも通り洗い物をしながらお客さんと世間話をします。

この日常の幸せなこと。コロナウイルス並みに怖いのは、人の輪が断ち切られること。特に今回はライブハウスや美術館、スポーツジムから何から何まで閉鎖になって、人との絆が希薄になりがちです。


そんな中で必要として貰える事の有り難さ。いつもは日常に溢れている当たり前が、実はそんなに当たり前じゃないのですよね。

気付かない位のささやかな幸せの日々が、長く続きますよう。



キヌギヌのお客さん、MISIAファンの皆さま、そして中国、世界中の皆さまに愛を込めて。


(´ー`)





新型コロナ検査の受け方




自分で電話して調べた新型コロナの検査の受け方です。

現状、かなりハードルが高いようです。


まず、検査を受ける前にはこの番号に相談する必要があります。


東京都 新型コロナ相談センター

0570-550-571

まあここがですね、とにかく繋がりません。すごーく待たされますが、じっと我慢。運がいいと係の方が出ますので、症状を話します。


係の方が仰るにはですね、37.5度以上の熱が三日間連続と肺の痛み、違和感がある方のみ保健所での検査を紹介するとの事です。

ただ、パンク状態なので今すぐには受けられないでしょう、とのこと。


病院でかかりつけの先生がいる場合はそちらに受診して、コロナ的所見があれば検査となるらしいのですが、こちらもすぐ検査できる状態にはない、つまり激混みらしく、病院が保険所を紹介するケースもあるらしいのです。電話の担当者の音声の中に、病院と保健所との乖離に対する苛立ちを感じました。(考えすぎ?)


そして、コロナ以外にも普通のインフルエンザも流行っているので、そちらの検査からまず受けてはどうか、との話でした。(そりゃそうだ)


すごく極端な話ですが、高熱続きで肺もおかしい、絶対コロナかも!と思うような方がいらしたら救急車呼んだ方が早そうです。まず窓口に電話だとか保健所が、土日がどうとか、、。


家族に移すリスクを考えると、すべてをぶっ飛ばして検査を受けるには救急車しかないかなと(笑)



最後に係の女性に「こんな大変な時期に丁寧なご対応ありがとうございます。大変ですが頑張ってください!」と伝えると、涙声で「いえいえ、とんでもございません」と返されまして、胸がグッと熱くなりました。


ともかく、コロナかもと思っても確かめようがないのが現実のようです。不安な場合は自宅にいて下さい、との事。「はい、そうします」なんて言えたら楽なんだけどなぁ。


東京で30数名とか発表してるけど、こりゃ相当居るだろーな。軽く千倍はいる気がする。

早く検査キット大量生産して近所の小学校で無料検査、みたいなのやれないかな。



熱下がりました!




もう、嫌なタイミングで熱なんて出るもんですから、マジでビビりました、、、。


お陰様で熱は37.4度から36.1度へ。平熱に下がりました。

相談窓口に電話するも、ずっと話し中。2時間ほど繋がらないのです。

やっと繋がった相談員の方によるとですね、新型コロナだとずっと熱が続き、咳とタンが見られるらしいのだけれど、僕の場合は咳もタンもなし。熱も下がったので心配要らないですよ、とのこと。 この時期、たくさんの方が風邪をひかれる時期でもありますから、と。で、医療機関は土曜日で一部しかやってないので不安であれば月曜に受信して下さいとの事。


ふー、落ち着いた。そりゃそうだわな。毎年恒例ののインフルエンザなんかも並行して存在してる訳で。



にしても怖かった。東京で30数人しか掛かっていないコロナだから、まさかねなんて思っていても、いざ熱が出ると自分もそうなんじゃないかと疑ってしまう。

そして、こんなプログを書くと、しばらくは来店を遠慮したくなる方が増えるんじゃないかとも思うし、それは当然だと思う。はっきり言ってこんな時期に熱出るとみんな嫌がるに決まってるし、大切な用事があっても周りが迷惑する。


少し前なら「嵐のコンサート、熱あるけど絶対行くね!」なんて女子、相当いただろうけど今ならテロリスト扱いされる。


まーでもですね、「私用につきお休み」とは書けないんですよね。店を閉めたり開けたりしてると、怪しさでバレます(笑)


僕は扁桃腺とかあるのでしょっちゅう熱が出る体質なのですが、こんな中で熱が出るのは面倒だなと、本気で扁桃腺切るか悩んでいます。


という訳で今夜から営業しますが、まだ月曜日まで病院は受信できないのです。(受信したとしてと陰性と陽性がコロコロ変わるやつがあるので、絶対なんて確約はできないのですが)

それでも良ければいらしてください!ピアノ多めで楽しく営業します!







来週も音楽関係のお仕事入ってまして、少し変動的な営業になります。しばらく許してくださいませ。メインはキヌギヌですので、必ず戻りますので。









calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 並木、ドアその後。
    yukie
  • 風立ちぬ、を観てきました
    店主
  • 風立ちぬ、を観てきました
    takepon
  • 秋からの制服を考える
    店主
  • 秋からの制服を考える
    yukie
  • 昭和レトロ探訪〜新宿三丁目「千鳥街」
    三橋 順子
  • うーん、調子がよくないのです。
    シンスケ
  • うーん、調子がよくないのです。
    ゆう
  • うーん、調子がよくないのです。
    YASUO
  • マンハッタン旅行記(その1 街並み編)
    Sige

recent trackback

recommend

南の島に雪が降る (知恵の森文庫)
南の島に雪が降る (知恵の森文庫) (JUGEMレビュー »)
加東 大介
太平洋戦争末期、赤道直下の戦地ニューギニアで慰問団を結成し、7000人の兵士を楽しませた元歌舞伎役者の実話。ジャングルの中に歌舞伎座を建て、馬の尻尾や棕櫚の繊維で結いあげた鬘、パラシュートの打ち掛けや緞帳、ガーゼの糸を間引いた紗幕、そして紙吹雪を用いての雪景色に、遠い故郷を思い出し、兵隊たちは声を上げて泣く。究極の状況下での知恵と優しさの詰まった人々の心の触れ合いを描いた温かい作品。

recommend

伽羅の香 (中公文庫)
伽羅の香 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
宮尾 登美子
何不自由なく育った主人公は、何気なく始めた香道の奥深さに知らぬ間に溺れてしまう。免許皆伝の暁には、と始めた会合。気がつけば彼女の自宅は時のサロンに変貌し、有力者が訪ねて来るまでになる。しかし少数の仲間はそれをよく思わず、時を同じくして太平洋戦争の足音が忍び寄る、・・・・。
蘭奢待を始めとする平安から連なる奥深くも豪華な数多くのエピソードが、読み人を香りの世界へと誘う。
安いもので構いません、お好みの香木を焚き締めながらの拝読をお勧め致します。グッと気分が出ます。

recommend

グロテスク〈上〉 (文春文庫)
グロテスク〈上〉 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
桐野 夏生
悪気もなく、ただ人の不幸を喜びに生きる「私」と、類い稀な美貌を持ち、出会う人々を皆驚嘆させてしまう実の「妹」、人に勝利する事でしか自分の存在意義を見いだせない、容姿に恵まれない和恵。その三人を中心に描かれるQ女子高(私立慶應女子高校がモデルになっている)の超閉鎖的階級社会を舞台に、途中入学組に対しての、富裕層からなる内部進学者からの壮絶ないじめを軸とした数々のエピソードは圧巻。物語全体は東電OL事件を主軸にして描かれており、後半は生生しい売春婦の日常が詳細に描かれている。店主がここ最近の著書で、久々に気骨を感じた作品。

recommend

一の糸 (新潮文庫)
一の糸 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
何不自由ない造り酒屋の娘茜は幼き日に目を患い、その時連れられて聞いた文楽、露澤清太郎が奏でる三味線の音に恋をしてしまう。大正から太平洋戦争後にかけた女の一大抒情詩。乗馬を好む娘、宝石や宿屋を惜しげもなく買い与えるおおらかな母、その後の茜の命を賭けた壮絶な苛めとの戦い、本物の芸に賭ける壮絶なエンディングと、読みどころが随所に散りばめられた文句なしの女流文芸娯楽作品。

recommend

悪女について (新潮文庫 (あ-5-19))
悪女について (新潮文庫 (あ-5-19)) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
公子という一人の貧しい女が中華屋の仲居からスタートして何百、何千という嘘を重ねて戦後の混乱期にのし上がる様を描いた作品。嘘を重ねると言っても、無論、それだけでは決して成功はしない。夜学に通って簿記の試験をパスし、自らの美貌を磨いて出会う男を翻弄し、汗まみれになり生き抜くさまは寧ろ潔い。とある事件後の週刊誌記者による聞き取り調査と云う一風変わった文体で綴られる全編は、時を忘れ、あっという間に読めてしまう。中でも、登場スr数々の大粒の宝石の描写は秀逸。「取材魔」の異名を取る有吉文学の中でも比較的軽めな現代もの。特に初心者にお勧めの一品。

recommend

女系家族〈上〉 (新潮文庫)
女系家族〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
山崎 豊子
船場に続く大商家の物語。入り婿の父が突然亡くなり、残された三姉妹が遺産相続を期に豹変を始める。狡猾な大番頭、突然現れる妾の存在に、三姉妹は関係を結んだ男の入れ知恵や様々な駆け引きを繰り返し、遺産を減らさぬよう奔走する。団結した三姉妹と叔母が妊娠したと思しき妾を抑えつけ、懇意の医師が器具を用いて検査を始める妾宅での描写は、昭和女流文芸史に残る陰惨な情景と云えるだろう。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

昭和初期の船場に三代続く女系の老舗足袋屋に生まれた男の半生を描く。女親に反発するかのように愛人を4人も囲いながらも商売に精を出す主人公。迎え入れた新妻の妊娠を探るために肥溜めを棒で掻き回す姑と大姑の陰惨な嫌がらせ、襲名披露の配り物がたった足袋一足だと聞いてケチだと馬鹿にする参加者を尻目に、実は踵の留め金具が純金製で帰宅した一同を仰天させるエピソードなど、船場の粋と意地が詰まった珠玉の作品。

recommend

針女 (新潮文庫)
針女 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
出征した帝大出の弘一が残した青春の遺書を胸に、パンパンや闇成金の持ち込む針仕事に打ち込む孤児の清子。彼女は過去に踏んだ針が体を周り運悪く跛(びっこ)になるというハンディキャップを持つ。復員した夫は戦争のせいで性格が豹変しており・・。パンパンや気違いといった現代では禁止用語の登場人物が行き交い、戦後の混乱期をそのまま原稿用紙の上に広げたような生々しい作品となっている。

recommend

連舞 (集英社文庫)
連舞 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
昭和初期の日本舞踏の一大流派、梶川流の栄枯盛衰を描く。先代家元の妾の子に生まれながらも伸び悩む自分の踊りの才能、踊りの天才と謳われる性格の悪い妹、妹しか愛さない母に悩まされる青春時代。しかし、GHQ接収後のアーニーパイル劇場での歌舞伎ショーにてストリップを強要され、大逆転の末成功となり、家元夫人にまで上り詰めてしまう。忌わしい過去と出自に翻弄されつつも、過去をねじ伏せるかのように踊りに邁進し、遂に芸の道に境地を見出す主人公、月の直向な横顔が涙を誘う。

recommend

明治のお嬢さま (角川選書)
明治のお嬢さま (角川選書) (JUGEMレビュー »)
黒岩 比佐子
明治期の令嬢の実態を探る。たしなみ、学力、美醜の葛藤、結婚生活まで多岐にわたる。面白いのは多くの令嬢は今と変わらず贅沢品に執着したらしく、友人の持ち物を嫉む生々しい手紙なども解説入りで紹介されている。その他、当時の流行の髪型や美人術、痩せる薬などの広告資料も収録。

recommend

宮中賢所物語―五十七年間皇居に暮らして
宮中賢所物語―五十七年間皇居に暮らして (JUGEMレビュー »)
高谷 朝子,明石 伸子,太田 さとし
千代田の森の奥深く、宮中賢所に57年お住まいの神職の女性の半生を描いた作品。下界と分断された森の中で祈りを捧げる日々。厳格な穢れの区別(下界のものに触れると潔斎しなければいけない)、四足のものは食べてはならない、毎朝数時間かけて髪おすべらかしに結うなど驚愕の生活と共に、日本古来の自然に寄り添った質素な習慣を紹介する。

recommend

朝香宮家に生まれて
朝香宮家に生まれて (JUGEMレビュー »)
北風 倚子
渋谷・松濤の鍋島公園一帯は戦前、広大な鍋島侯爵邸であり、著者の住まいであった。大空襲で火の海になった屋敷を逃れ、昭和という時代を生き抜いた、旧華族のお姫様の生涯。

recommend

社長 島耕作(8) (モーニングKC)
社長 島耕作(8) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
弘兼 憲史
言わずと知れた島耕作シリーズ単行本。長い経緯はさておき、弊店が表紙になっております。店主もタキシードでモデルを致しました。
是非お買い求めくださいw

recommend

梨本宮伊都子妃の日記―皇族妃の見た明治・大正・昭和 (小学館文庫)
梨本宮伊都子妃の日記―皇族妃の見た明治・大正・昭和 (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
小田部 雄次
佐賀藩主鍋島家令嬢伊都子。彼女はのちに梨本宮に嫁ぐが、明治から昭和に渡って77年間日記を残していて、その様相は「書き魔」と言わんばかり。初の洋行先のパリで買い物の様子や婚礼、即位式などの華やかな思い出を経て、戦中戦後の倹約の様子や時代に対する落胆ぶりなど。往時の匂いが漂ってくるかのような生々しさ。著者、小田部雄次の解説が当時の世情をわかりやすく補ってくれる。

recommend

写真集 酒井美意子 華族の肖像
写真集 酒井美意子 華族の肖像 (JUGEMレビュー »)
酒井 美意子
加賀藩前田家令嬢の酒井美意子。マナー講師として厚化粧キャラでメディアに登場した姿をご存じの方もいらっしゃるであろうが、彼女は戦前まで駒場の前田侯爵邸に居住していたことを知る人は少ない。莫大な財産と華麗な人脈を、膨大な写真とコメントで紐解く、いわば現代版歴史絵巻的な写真集。必読。

recommend

極楽商売―聞き書き戦後性相史
極楽商売―聞き書き戦後性相史 (JUGEMレビュー »)
下川 耿史
戦後の性関連産業を裏側の視点から取材した戦後風俗史。進駐軍専門のパンパン宿や性具の販売店、愚連隊、ゲイバー、カストリ情報誌、個室喫茶・・・。戦後の性に携わった人々の汗や息遣いが聞こえそうな一冊。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

京セラ、auの創始者ににして仏門に入った稲森氏が、街の小さな碍子工場を一代にしていかに大企業へと成長させたかを描く。単なるサクセスストーリーに収まらない哲学や思想を散りばめた珠玉の一冊。

recommend

芝桜〈上〉 (新潮文庫)
芝桜〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
我らが有吉佐和子先生の長編。戦前の花柳界を舞台に、二人の女が艶やかに力強く生き抜く。温厚で情緒的な梅弥、狡猾で気ままな蔦代。共に授かった類い稀な美貌を武器に、ただひたすら戦前、戦後の花柳界を生きる。花柳界独特のお茶屋の仕組みや旦那制度、一本や水揚げなど、判りにくい独自の世界がこの一冊でよくわかる。ストーリを彩る、旦那からの贈り物の三越謹製三百円の帯や、大粒の翡翠の簪、英国土産の巨大ダイヤモンドなど、随所に登場する豪華絢爛な衣裳拵えと、それを取り巻く年増女将との丁々発止のやりとりの描写は必見。店主のバイブルと同時に、不動の一位たる女流文芸作品。

links

profile

書いた記事数:1122 最後に更新した日:2020/05/31

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM