三連休の営業日程



三連休と言いましても、もう半ばを過ぎてしまいました(汗)

お陰様で忙しくさせて頂いております。

今夜は27時まで営業致します。明日月曜は定休日を返上して24時まで、翌火曜はお休みとさせて頂きます。


連休中は良く晴れて、うららかな春の陽気そのものですね。

お休みの方も、そうでない方もどうぞ素敵な休日となりますよう!



シンスケ




会員制システムを廃止します!




タイトルの通りです。


実は、かなり前から会員制というシステムは形骸化しておりました。

いちげんさんのお客様はお断りの旨の看板があっても割と入っていらっしゃるのですが、まさかドア越しに「会員制でーす、ゴメンね」なんて追い返したりはしていませんでした。

割と快くお招きしてる僕を見かけたお客様も多いと思います。

じゃ、なんで「いちげんさんお断り」看板なんて出してたの?と聞かれると、、


今更引っ込みが付かなくなったのと、ちょっと格好いいかもってのと、ヤバそうな方がいらした時に断りやすい、とかそんなの。




そもそも。2008年頃に店で漫画みたいに大暴れした恐ろしいお客がいて、翌日に会員制の旨の看板を出したのが始まりでした。グラス投げられ、怒鳴られ、そりゃもう怖かったです。

あとは、前の雑居ビルの時にですけど、音楽やってると通りがかった外人さんやサラリーマンの方がドア越しにガンガン覗いていました。毎回断るのが面倒臭かったのです。




今は、、ワンフロア占有の最上階なので誰も通りかかりません。





形骸化した看板はそれでも、律儀で繊細な方ほど効果がありました。

今夜も来て下さったTさんは過去に三回、看板をご覧になって引き返したと聞きます。凄く素敵な方なのに勿体無い、、。


そういう方が少なからずいらっしゃる、とも聞きます。出張でお一人でお越しの方なんてお友達同伴が難しいので全滅だったとか。



思えば、いちげんさんお断りなんて重い足枷をつけて、よくこんなに長い間やらせて頂けたなぁ、なんて我ながら感心してしまいます。


どこのお店も集客には苦労なさっている中で、今も口コミだけでこんなに来て下さってます。


でも、そろそろ次のステップへ。




看板も一部カットしました。









ここからは蛇足です。いつもの赤裸々ブログ。


会員制をやめるなんて言い出すと、きっと売り上げ落ちたんだろ、そう思われる方も多いかもです。まあ、売り上げがうなぎ登りならわざわざ変更なんてしませんよね(笑)

その辺りはご想像にお任せします。



でもね、もし笑われても別に平気です。商売ってとても難しいのですよ。少しくらい恥をかいても最終的に長く続けられた方が勝ちだと思っています。

過去に、小さなプライドを守るばかりに突然閉じられたご同業を沢山見てきました。




とはいえ、実際はそこまで困窮しているわけではないのでご安心下さい。

ただ、このまま行くと将来的にどうかな、という予感はあります。

SNSの発達や、若者のお酒離れ、、。始めた頃と比べると色々な変化があります。


細かい話は置いておいて、今回はシンプルにこう思うのです。

初めての人が増えるという事は既存のお客さまにとってベターな事も増えるんじゃないか?と。(新たな出逢いが増えるのはいい事でしょ)


もうすぐ新年度ですし♪(´ε` )





今後は看板に頼らず、困った時は自分の力で解決するのだ。既に僕にはそのノウハウがあります。合わなければこれまでと同じくお断りする事もあると思います。

それはどのお店も同じこと。





なので、明日からはどなたでもどうぞ!




と言いたいところなのですが、、、


ストレートの方とストレートの女性は、ゲイ同伴にてお願いします。m(__)m



新宿に場所を選んだのは、数少ないオアシスとして、ゲイが余計な気を遣わない店をやりたかったからです。


ご意見などあるかもですが、僕の好みでそうしております。

その点は今まで通り最優先したいと思っております。ご理解下さいませ。



まあ、そんなにすぐには拡散しないと思いますが、周りに来てみたいお知り合いがいらっしゃったら「会員制じゃなくなったらしいよ」とお伝えいただければ幸いです。






いつも通り長ったらしいブログでした。拝読ありがとうございます。









本日水曜日は終日貸切となります



タイトル通り、本日水曜日は終日貸切となります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

そして、、、


来週火曜日は博多に行くことになりました。前日の定休月曜日から飛行機にてビューっと。


今週の貸切と、二週間に渡り臨時休業が重なりますが、何卒ご容赦下さいませ。
どうしても見ておきたいお店が、偶然博多に三軒あります。春になるともう年末までお休みを取りづらくなってしまいます。取るなら今しかないかと。

定休日で一泊でも帰って来られるのですが、流石に博多では勿体無いです。二泊させて頂いて、英気を養って戻ろうと思います。

3月からはノンストップで頑張ります!どうぞ宜しくお願い申し上げます。





お店を閉めるのは心苦しいのですが、どうぞご理解を賜りますよう、よろしくお願い致します。






ポトフ好評です(^_-)



火曜、水曜、木曜と出すことにしましたポトフ。

上手く残れば日曜日も少し出せるかもしれません。在庫の様子に依るところですね。

金、土曜日も出したいのですが、こちらは完全にアウトでした、、。どうやっても手が足りなそうです。なので、どうぞ平日にお越しくださいませ。



さて、今回はサザザっと20食分をお店のキッチンにて拵えました。





具材は定番の人参、玉ねぎ、じゃがいも、セロリにブロッコリー、ソーセージ。

ハーブはローリエとローズマリーです。

大鍋で一気に仕込んで、6食毎にタッパーに分けておく。それを電気式の機械で保温する、という訳です。後は盛るだけ。


茹でておいたブロッコリーは直前に保温機で温め、ベランダのローズマリーを添えてお出ししています。

何故かお箸を添えていますが、これはこれで気楽で良いでしょw







お客様が撮ってくださった別の盛り付け。玉ねぎ1/4カットも煮崩れずに煮えました。






70〜75度でゆーっくり煮込むと、型崩れしないのですってよ。口の中で溶けます(^_-)



そして、僕の好みでポメリーのマスタードを添えて。骨壷のようなこの仏蘭西のマスタード、一度食べると他のマスタードは霞んでしまいます!




我ながら美味しくできましたよ。野菜ばっかりですが、これで500円ですもの。オススメでーす。

今夜もお出しします。



いやー、寒い日が続きますね。ゼロ度を下回る日なんてザラですし、僕も自転車通勤に辟易しながらも、何とか通っておりますが、温かい食べ物に暖められる暖かさは暖房とは全然違いますね、、。


関西の料理に粕汁というのがあります。酒粕に根菜類と鮭のは身、セリまで入ります。これがね、本当に美味くて温まるんですよ。この冬に必ず一度はやりますね。

拾い物画像ですがこんなんです。




汁もの料理、、。大好物です。ラーメンも汁重視で選んでいます。


豚汁におでん、クリームシチューにビーフシチュー、けんちん汁もミネストローネもクラムチャウダーもやりたいですね、、、。


まだ未定ですが、平日のお料理は暫く続くかもです。作っていて楽しいのです。w

昼前から入ってモーツァルトなんか流しっぱなしでね、ベランダ開け放って。

バーカウンターで切り物してたら小鳥がベランダで鳴いていて。ローズマリーを刈り取りに行くついでに小皿にお米を載せて餌をあげて。

庭の木を観察してるとミモザや梅、バラの新芽がパンパンに膨らんでます。

冬なのに強く春を感じます。



春が待ち遠しいですねー。





ではまた。♪( ´θ`)ノ






ハッピーアワー始めます!



真冬のキヌギヌちゃん、お陰様で忙しく営業させて頂いております。ありがとうございます!



週末は床が抜け落ちそうな位混み合うのですが、平日の早い時間がイマイチ閑散としています。


その差はどう見ても別の店。平日は静かな喫茶店のようで、週末は台湾の混んでるクラブみたいな感じです。


僕としては、平日の早い時間は営業している中でお楽しみの時間帯なんですよ。おひとりさまのお客様が数人集まって世間話をしたり、声を張らずにゆっくりとお話し出来るのは平日の醍醐味。


やっぱり、人と話すの好きなんですよねぇ、、。


そこで、冬のハッピーアワーとして平日火曜、水曜、木曜の夜8:00から10:00までご来店の方は、チャージ500円をフリーとさせて頂きます♪(´ε` )



*近所のお店だとチャージフリーの全品500円!とかありますけど、流石にそこまでは難しいです。ごめんなさいね。



そして、同じ平日のみ、自家製ポトフを販売します。

ベランダで採れたローズマリー、タイムを使っての暖かい一品です。


【調理例】





グランドピアノの上で、グツグツ煮込んじゃいます(汗)


おとなしい感じのおひとり様、大歓迎です。

ポトフ食べながら、声を張らずにボソボソお話ししましょうよ。BGM抑えめのキヌギヌならではの大人の男のバーライフ。

(自分がそーいう店が好みなだけなんだけど。)



冬のハッピーアワーっちゅー事で、3月末まで予定しております。


どうぞよろしくお願いします!




今年もありがとうございました。



あと5時間程で今年も終わろうとしております。




本日は25時よりオープン、元日の夜よりお休みとなりまして、1/5より通常営業となります。

店内にも、お正月用の生け込みをお願いしました。大王松という松、ウメモドキ、百合の花などを組み合わせて貰いました。





ピアノの上に飾っております。お楽しみに。
今年は、皆さんどんな一年だったでしょうか?


僕は、なんだかとても穏やかな気持ちで大晦日を迎えております。



困難に直面する事が多かった一年でしたし、かなりハイテンションで突っ走った時もありましたが、なんだかんだで最終的に辻褄が合ったようで、特にこの一週間は卵の殻がバリッと割れて落ちたように、憑き物が取れたような気がします。


自分のいいところ、悪いところ。


僕はバカでお喋りで、何でも思った事をブログや店頭で話してしまう悪い癖があるのですが、それも大切な個性だから直そうとせず、そっと抱きしめてやろうと、41歳にもなって改めて思いました。


来年も思った事バンバン撒き散らして生きていきます。w
そして、悪い所を指摘されたらきちんと謝る。誤魔化したり逃げたりしない。

これは自分の好きな部分でもあります。


色んな人と話す機会が多い自分の仕事では、色んな人のお話を聞く機会があります。

人が集まるとどうしても、酒も手伝ってか、誰かを傷付けたりする事がたまーに起こります。


その時、素直に謝れるかどうかが肝心だと思うのです。


パッと表情を変えて「いやー、ゴメン。言い過ぎた」なんて謝るお客さんを見ると、心から惚れます。

強いし格好いいなと。




ゴメンね、その一言だけでその場は平和に包まれる。それで良いじゃないか。


謝れるという強さ、僕も心から憧れます。お客さんの若い子に対してももちろん、友達や仲間にも。




てな訳で、自分もバカなりに来年も色んなことを撒き散らして、失敗したりご迷惑を掛けたら速攻で素直に謝りますw




お店は、というと。レイアウト変更を経て、未曾有の大混雑が続いております。昨夜一晩だけで107名、床が抜けるかと思いました(汗)


レイアウト変更前の9月から10月にかけて、平日はガラガラでした。一晩かかって6席のカウンターが埋まらない事も。


昔はあれだけ混んでいたのに。本気で悩んで落ち込んでいました。最初は現実逃避したり悪口言ったりしてました。


でも、やれるだけやってみようと、毎日午前中から買い出しに行き、工作をして、楽しかったな。


11月丸々かかって工事をして、12月にはクチコミを聞いたという人で溢れていました。お陰様で息を吹き返しました。


程よく狭い今のキヌギヌは、素敵なオカズが詰め込まれた小ぶりの幕内弁当みたいにキラキラしています。

僕の得意なサイズにより近づきました。来年もご期待下さい。




そして、手伝ってくれているスタッフの皆さん。本当にありがとう。いつも感謝してもしきれません。


僕は、本来は1人で働く事の方が向いているようです。

今後は固定スタッフは置くつもりはなく、沢山のアルバイトさんに週末はお手伝いして頂き、平日は気ままに1人でやらせて頂くのが性に合ってるのかと。

そんな中での色んな味のあるスタッフの皆さんは、幕内弁当のメインたる日替わりの焼き魚のような、唾液を刺激する存在であります。

このシステム、大好きですw



スタッフの皆さん、こんな僕ですが、これからも宜しくお願い致します^_^


そしてそして、大切なお客様へ。


こんなブレブレな僕に、懲りずに通ってくださりありがとうございます。



これから先、ブレないとはお約束出来ません。テンション上がるとまた、相変わらずの暑苦しさで攻めまくる事もないとは言い切れません。


でもね、40過ぎて性格なんてそうそう変わらないのですよ(汗)


それでも良かったら、またいらして下さい。
他の店にはない、キヌギヌだけのおもてなしを精一杯心がけます。


僕がすべき事は、空気の読める大人なお客様を集めて、素敵な人たちを適度に繋ぎ、混ぜる事、それだけ。

たまに隙間を埋める生の音楽のセッション。それさえあればキヌギヌなんですよね。


今年はより、その事に気付けたので来年は更に研究を重ねます。そしてさりげなく。

何より、地味でも良いんです。皆さんの息抜きや心の止まり木になれますよう。



2017年もどうぞ良いお年をお迎え下さいませ!




晋輔











12/21 徹子の部屋



キヌギヌのお客様であり、僕の良き理解者でもありますフォトグラファーの下村一喜さんが12/21の徹子の部屋に出演されます。


下村さんによる数々の女優さんのエピソードなど満載の、徹子の部屋を是非ご覧くださいませ!








師走とて急ぐなかれ


酔ってまた変なブログを上げてしまいました、、。


いや、実はですね、昨日の夕方に自転車同士の接触事故に遭いまして、僕は無傷でしたが相手の方のお怪我が重く、そのまま入院なさってしまいました。



完全に出会い頭の事故でした。

昨日も警察や病院で様々なやり取りをしましたが、お命に別状はなく一安心といった状況なのですが、まだまだこれから色々な事をせねばなりません。


今は何より、相手の方のご回復をお祈りするだけです。


引き換え、僕の体は怪我もなく、ものすごく元気ですので心配なさらないで下さいね。


お店もきっちり開けています。スケジュールは少し前のブログの通りです。


自転車同士の交通事故は、警察は介入してくれませんし、示談の交渉も当事者同士で進めなければいけません。

もし通勤で自転車に頻繁に乗られる方がいらっしゃいましたら、どうか自転車保険に加入なさる事を強くお勧めします。

事故の際に、保険に守られるという安心感は余りにも大きいです。

僕だって数十年自転車に乗っていますが、こんなこと起こるとは思いませんでした。


これから少しブログの更新が遅くなるかもですが、僕は元気ですのでご安心下さいませ。


今からまた病院に行って参ります。


別件で、今夜のオープンは8時少し過ぎるかも知れません。お電話下さいませ。申し訳ありません。


年末年始の営業予定です



2016年も後少しとなりました。もー、毎年早い早いと言いながら、本当に早かった本年。


色々ありましたが、自分を省みるチャンスを頂いた一年となりました。

長い人生の中で、男の本厄だった2016年だけは絶対に忘れない一年となると思います。

何だか色々焦ってしまった一年ではありましたが、それも自分。残された今年の1日1日を大切に過ごそうと思っております。



そして、2017年はひたすら穏やかに、大人しくやらせて頂きます。(笑)


隠れ家を営むオッサン、それも悪くないですよね。ってか、長期的に考えるとその方が性に合ってるかと。

来年も宜しくお願い致します!

さて、年末年始の営業ですが、年内は月曜の定休日以外、全て開けます!
ただし、12/31だけは日付をまたいだ25:00よりオープン致します。

年明けは1/5より、通常通りオープン致します。どうぞよろしくお願い致します。

まとめたものをトイレに貼ってあります、どうぞご覧くださいませ。






本日、休業となりますm(__)m



昼過ぎに京都に着きまして、なんやかんや用事を済ま済ませていましたら、、

僕のミスで、スタッフさまのシフトを勘違いしておりまして、今日は誰もおりませんでしたm(__)m

大変申し訳ないのですが、本日日曜日は休業とさせて頂きます。もしもいらした方がありました、大変申し訳ないです、、。

明日は定休日で、火曜日から通常通り再開致します!


シンスケ




calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 並木、ドアその後。
    yukie
  • 風立ちぬ、を観てきました
    店主
  • 風立ちぬ、を観てきました
    takepon
  • 秋からの制服を考える
    店主
  • 秋からの制服を考える
    yukie
  • 昭和レトロ探訪〜新宿三丁目「千鳥街」
    三橋 順子
  • うーん、調子がよくないのです。
    シンスケ
  • うーん、調子がよくないのです。
    ゆう
  • うーん、調子がよくないのです。
    YASUO
  • マンハッタン旅行記(その1 街並み編)
    Sige

recent trackback

recommend

南の島に雪が降る (知恵の森文庫)
南の島に雪が降る (知恵の森文庫) (JUGEMレビュー »)
加東 大介
太平洋戦争末期、赤道直下の戦地ニューギニアで慰問団を結成し、7000人の兵士を楽しませた元歌舞伎役者の実話。ジャングルの中に歌舞伎座を建て、馬の尻尾や棕櫚の繊維で結いあげた鬘、パラシュートの打ち掛けや緞帳、ガーゼの糸を間引いた紗幕、そして紙吹雪を用いての雪景色に、遠い故郷を思い出し、兵隊たちは声を上げて泣く。究極の状況下での知恵と優しさの詰まった人々の心の触れ合いを描いた温かい作品。

recommend

伽羅の香 (中公文庫)
伽羅の香 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
宮尾 登美子
何不自由なく育った主人公は、何気なく始めた香道の奥深さに知らぬ間に溺れてしまう。免許皆伝の暁には、と始めた会合。気がつけば彼女の自宅は時のサロンに変貌し、有力者が訪ねて来るまでになる。しかし少数の仲間はそれをよく思わず、時を同じくして太平洋戦争の足音が忍び寄る、・・・・。
蘭奢待を始めとする平安から連なる奥深くも豪華な数多くのエピソードが、読み人を香りの世界へと誘う。
安いもので構いません、お好みの香木を焚き締めながらの拝読をお勧め致します。グッと気分が出ます。

recommend

グロテスク〈上〉 (文春文庫)
グロテスク〈上〉 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
桐野 夏生
悪気もなく、ただ人の不幸を喜びに生きる「私」と、類い稀な美貌を持ち、出会う人々を皆驚嘆させてしまう実の「妹」、人に勝利する事でしか自分の存在意義を見いだせない、容姿に恵まれない和恵。その三人を中心に描かれるQ女子高(私立慶應女子高校がモデルになっている)の超閉鎖的階級社会を舞台に、途中入学組に対しての、富裕層からなる内部進学者からの壮絶ないじめを軸とした数々のエピソードは圧巻。物語全体は東電OL事件を主軸にして描かれており、後半は生生しい売春婦の日常が詳細に描かれている。店主がここ最近の著書で、久々に気骨を感じた作品。

recommend

一の糸 (新潮文庫)
一の糸 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
何不自由ない造り酒屋の娘茜は幼き日に目を患い、その時連れられて聞いた文楽、露澤清太郎が奏でる三味線の音に恋をしてしまう。大正から太平洋戦争後にかけた女の一大抒情詩。乗馬を好む娘、宝石や宿屋を惜しげもなく買い与えるおおらかな母、その後の茜の命を賭けた壮絶な苛めとの戦い、本物の芸に賭ける壮絶なエンディングと、読みどころが随所に散りばめられた文句なしの女流文芸娯楽作品。

recommend

悪女について (新潮文庫 (あ-5-19))
悪女について (新潮文庫 (あ-5-19)) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
公子という一人の貧しい女が中華屋の仲居からスタートして何百、何千という嘘を重ねて戦後の混乱期にのし上がる様を描いた作品。嘘を重ねると言っても、無論、それだけでは決して成功はしない。夜学に通って簿記の試験をパスし、自らの美貌を磨いて出会う男を翻弄し、汗まみれになり生き抜くさまは寧ろ潔い。とある事件後の週刊誌記者による聞き取り調査と云う一風変わった文体で綴られる全編は、時を忘れ、あっという間に読めてしまう。中でも、登場スr数々の大粒の宝石の描写は秀逸。「取材魔」の異名を取る有吉文学の中でも比較的軽めな現代もの。特に初心者にお勧めの一品。

recommend

女系家族〈上〉 (新潮文庫)
女系家族〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
山崎 豊子
船場に続く大商家の物語。入り婿の父が突然亡くなり、残された三姉妹が遺産相続を期に豹変を始める。狡猾な大番頭、突然現れる妾の存在に、三姉妹は関係を結んだ男の入れ知恵や様々な駆け引きを繰り返し、遺産を減らさぬよう奔走する。団結した三姉妹と叔母が妊娠したと思しき妾を抑えつけ、懇意の医師が器具を用いて検査を始める妾宅での描写は、昭和女流文芸史に残る陰惨な情景と云えるだろう。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

昭和初期の船場に三代続く女系の老舗足袋屋に生まれた男の半生を描く。女親に反発するかのように愛人を4人も囲いながらも商売に精を出す主人公。迎え入れた新妻の妊娠を探るために肥溜めを棒で掻き回す姑と大姑の陰惨な嫌がらせ、襲名披露の配り物がたった足袋一足だと聞いてケチだと馬鹿にする参加者を尻目に、実は踵の留め金具が純金製で帰宅した一同を仰天させるエピソードなど、船場の粋と意地が詰まった珠玉の作品。

recommend

針女 (新潮文庫)
針女 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
出征した帝大出の弘一が残した青春の遺書を胸に、パンパンや闇成金の持ち込む針仕事に打ち込む孤児の清子。彼女は過去に踏んだ針が体を周り運悪く跛(びっこ)になるというハンディキャップを持つ。復員した夫は戦争のせいで性格が豹変しており・・。パンパンや気違いといった現代では禁止用語の登場人物が行き交い、戦後の混乱期をそのまま原稿用紙の上に広げたような生々しい作品となっている。

recommend

連舞 (集英社文庫)
連舞 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
昭和初期の日本舞踏の一大流派、梶川流の栄枯盛衰を描く。先代家元の妾の子に生まれながらも伸び悩む自分の踊りの才能、踊りの天才と謳われる性格の悪い妹、妹しか愛さない母に悩まされる青春時代。しかし、GHQ接収後のアーニーパイル劇場での歌舞伎ショーにてストリップを強要され、大逆転の末成功となり、家元夫人にまで上り詰めてしまう。忌わしい過去と出自に翻弄されつつも、過去をねじ伏せるかのように踊りに邁進し、遂に芸の道に境地を見出す主人公、月の直向な横顔が涙を誘う。

recommend

明治のお嬢さま (角川選書)
明治のお嬢さま (角川選書) (JUGEMレビュー »)
黒岩 比佐子
明治期の令嬢の実態を探る。たしなみ、学力、美醜の葛藤、結婚生活まで多岐にわたる。面白いのは多くの令嬢は今と変わらず贅沢品に執着したらしく、友人の持ち物を嫉む生々しい手紙なども解説入りで紹介されている。その他、当時の流行の髪型や美人術、痩せる薬などの広告資料も収録。

recommend

宮中賢所物語―五十七年間皇居に暮らして
宮中賢所物語―五十七年間皇居に暮らして (JUGEMレビュー »)
高谷 朝子,明石 伸子,太田 さとし
千代田の森の奥深く、宮中賢所に57年お住まいの神職の女性の半生を描いた作品。下界と分断された森の中で祈りを捧げる日々。厳格な穢れの区別(下界のものに触れると潔斎しなければいけない)、四足のものは食べてはならない、毎朝数時間かけて髪おすべらかしに結うなど驚愕の生活と共に、日本古来の自然に寄り添った質素な習慣を紹介する。

recommend

朝香宮家に生まれて
朝香宮家に生まれて (JUGEMレビュー »)
北風 倚子
渋谷・松濤の鍋島公園一帯は戦前、広大な鍋島侯爵邸であり、著者の住まいであった。大空襲で火の海になった屋敷を逃れ、昭和という時代を生き抜いた、旧華族のお姫様の生涯。

recommend

社長 島耕作(8) (モーニングKC)
社長 島耕作(8) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
弘兼 憲史
言わずと知れた島耕作シリーズ単行本。長い経緯はさておき、弊店が表紙になっております。店主もタキシードでモデルを致しました。
是非お買い求めくださいw

recommend

梨本宮伊都子妃の日記―皇族妃の見た明治・大正・昭和 (小学館文庫)
梨本宮伊都子妃の日記―皇族妃の見た明治・大正・昭和 (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
小田部 雄次
佐賀藩主鍋島家令嬢伊都子。彼女はのちに梨本宮に嫁ぐが、明治から昭和に渡って77年間日記を残していて、その様相は「書き魔」と言わんばかり。初の洋行先のパリで買い物の様子や婚礼、即位式などの華やかな思い出を経て、戦中戦後の倹約の様子や時代に対する落胆ぶりなど。往時の匂いが漂ってくるかのような生々しさ。著者、小田部雄次の解説が当時の世情をわかりやすく補ってくれる。

recommend

写真集 酒井美意子 華族の肖像
写真集 酒井美意子 華族の肖像 (JUGEMレビュー »)
酒井 美意子
加賀藩前田家令嬢の酒井美意子。マナー講師として厚化粧キャラでメディアに登場した姿をご存じの方もいらっしゃるであろうが、彼女は戦前まで駒場の前田侯爵邸に居住していたことを知る人は少ない。莫大な財産と華麗な人脈を、膨大な写真とコメントで紐解く、いわば現代版歴史絵巻的な写真集。必読。

recommend

極楽商売―聞き書き戦後性相史
極楽商売―聞き書き戦後性相史 (JUGEMレビュー »)
下川 耿史
戦後の性関連産業を裏側の視点から取材した戦後風俗史。進駐軍専門のパンパン宿や性具の販売店、愚連隊、ゲイバー、カストリ情報誌、個室喫茶・・・。戦後の性に携わった人々の汗や息遣いが聞こえそうな一冊。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

京セラ、auの創始者ににして仏門に入った稲森氏が、街の小さな碍子工場を一代にしていかに大企業へと成長させたかを描く。単なるサクセスストーリーに収まらない哲学や思想を散りばめた珠玉の一冊。

recommend

芝桜〈上〉 (新潮文庫)
芝桜〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
我らが有吉佐和子先生の長編。戦前の花柳界を舞台に、二人の女が艶やかに力強く生き抜く。温厚で情緒的な梅弥、狡猾で気ままな蔦代。共に授かった類い稀な美貌を武器に、ただひたすら戦前、戦後の花柳界を生きる。花柳界独特のお茶屋の仕組みや旦那制度、一本や水揚げなど、判りにくい独自の世界がこの一冊でよくわかる。ストーリを彩る、旦那からの贈り物の三越謹製三百円の帯や、大粒の翡翠の簪、英国土産の巨大ダイヤモンドなど、随所に登場する豪華絢爛な衣裳拵えと、それを取り巻く年増女将との丁々発止のやりとりの描写は必見。店主のバイブルと同時に、不動の一位たる女流文芸作品。

links

profile

書いた記事数:784 最後に更新した日:2017/04/30

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM