今夜で14年目!





キヌギヌは丸13年、今夜から14年目に入ります。

こんなに長くお店をさせて頂き、ありがとうございます。こういう時って月並みな言葉しか思い浮かびません。本当に感謝してます(笑)


14歳って人間で例えたら中学三年生。スゲーな。


僕か14歳の頃。ピアノと吹奏楽のクラリネットに夢中で、真っ黒に日焼けして一日中楽器を吹き続け、図書館に通っては楽器に関連する情報を片っ端から調べ上げる、薄気味悪い少年でした。


奇しくも僕がお店をオープンしたのが29歳、母が僕を産んだのも29歳。

つまり、母と息子の年齢と、僕にとってのお店の年齢は同じという事になる。


人間とお店とを簡単には例えられないけど、なるほど少し感慨深いものがあります。母はどんな気持ちで爆音で楽器を吹きまくる少年を見守っていたんだろうか。


とはいえ、自分の生み出した子供(店)は可愛いもの。すくすくと育ってくれて、少しでも人を楽しませる機構として役に立てているのならば、父はとても嬉しいぞ。

(長ったらしいので後日カット 笑)


またさらに楽しい時間を紡ぎ出せるように考えてますので、どうぞいらして下さいませ。







4月のシフト




早いもので、4月のシフトでございます。




4月は定休日の月曜以外に6日(金曜 イベント出演のため)、24日(火曜)がお休みとなります。どうぞよろしくお願いします。

7 土 ケンジ
13 金 あも
14 土 タケ
20 金 いの
21 土 ケンイチ(新人)
23 月 お休み
24 火 お休み
27 金 あも
28 土 ケンジ
29 日 あも
30 月 タケ (24時までとなります)


5月

1 火 振替休日
2 水 ケンジ
3 木 タケ
4 金 ケンジ
5 土 タケ
6 日 シンスケ1人、24時までとなります
7 月 お休み
8 火 お休み
9 水 これより通常営業



ゴールデンウィークまで掲載しておきます。どうぞよろしくお願いします。




4/6(金曜)は東京春音楽祭、鶯谷のキネマ倶楽部にて出張バー。


キヌギヌにも若干チケットがございますので、遊びに来たい方がいらしたら大歓迎です。第1部は完売となりましたが第2部は24:00スタートの朝まで、4,500円となります。
お問い合わせは直接僕まで。












そして、少し先ではありますが、6月には1週間、四年越しのベトナム旅行に行こうと思います。


2年ぶりの海外。飛行機乗りたい。機内食食べたい。知らない街に行きたい。怪しいもの食いたい。のんびりしたい。


勉強のつもりで、たまには出かけないとですね!



今回はランタン祭りで有名なベトナムの古都ホイアンと、リゾート地であるダナンの二都市に行ってきます。










パスポートもないのに、先に宿だけ取ってしまいました、、。


世界遺産の古都ホイアンでは築200年のスイート6部屋のみのオールドホテルに(スイートなのに一泊9000円w)










ダナンではアホ丸出しの五つ星リゾートホテルに(こっちは高め)









それぞれ三泊づつして来ます。




フランス、中国の文化が混ざったベトナム文化。昔から大好物だったので、色んなことを吸収して、ガラクタも沢山買って来たいと思います。






13周年パーティーのお知らせ



キヌギヌちゃん、早いもので今年で丸13年となります!!


4月はお引越し営業などありましてバタバしますのと、暖かい時期にベランダを使ってやりたいというのがありまして、今回は何と2ヶ月遅れの5/27(日曜日)に開催したいと思います。

地域最安値の料金設定にて、普段のご愛顧に感謝したいと思います。(よくある、祝ってもらって更に巻き上げるなんて僕は好かんです)


なんせ、お礼の1日ですから!





キヌギヌ13周年パーティー(普段の会員様向けとなり、一見さんはごめんなさい)

日程

5/27(日)15:00〜23:00

料金

1,500円 ワンドリンク付き



出し物

新宿5丁目弦楽四重奏団with新宿5丁目JAZZ研究会

ジャズボーカル多数、飛び入りや紙芝居もあるかも?!

メニュー


赤白ワイン、生ビール、缶チューハイ、ソフトドリンクなどクイックメニューのみ。シャンパンももちろん(煽ったりしませんよ)。

フード

鎌倉キビヤベーカリーの特製パン、恒例フランクフルトにベランダのハーブを使った特製ミネストローネなど、いつも同じパターン。




あゝ、偉大なるマンネリ!!




去年はドリンクが600杯以上出まして、足りなくなって二回買いに行きました(笑)

今年はがっつり用意しようと思います。春の日曜日、陽気に寄って下さい。

低価格ゆえ、お客様にも片付けなどお手伝いいただく事もあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。グラスはプラカップとなります。

とにかく、安くで楽しんでいただければと思うのみです。


ご注意とお願い



新たな試みとして、今回は入り口受付を設けません。入場料はドリンクカウンターにて1,500円をお支払い頂き、ワンドリンクをお選び頂きます。善意でのシステムとなります、どうぞご協力お願いします。
2杯目以降はキャッシュオンデリバリーにて。

階下のお店にご迷惑にならないよう、混雑時に並ぶことはお控え頂くよう頂きます。電話にて混雑状況をご確認ください。

お手荷物は最低限の量にてお願いします。お預かりするスペースがございません。

ベランダにての会話は小さな声にてお願いいたします。尚、ベランダが人気となりますので、皆様にご利用いただけるよう席取りなどは禁止とさせて頂きます。




諸々まだ固まっていませんが、またアップしまーす。5/27空けておいてくださあね!






今夜は12:30クローズとなります




またまた変則的な営業時間のお知らせです。本日ですが、24:30にて閉めさせて頂きます、、。


そして、明後日の土曜、お店は20時オープンとなりますが、僕は22時前後の戻りとなります。その2時間は限定メニューにてお楽しみ下さいませ。





虎ノ門のレストランで演奏してから、急いで戻ります。急ぎます。


一昨日から風邪が治らない上に、背中が攣ってしまい、それを治してるうちに頭痛と、胃痙攣が同時に起こったりと、まるで持病の大パレードです。

防火責任者の講習もキャンセルしてしまいました。朝から9時間も授業を受けられる余裕なんてないですよ。

あんまりにもボロボロな様に、だんだん笑えてきました。あはは。(笑)


歳のせいにはしたくないんだけど、一度風邪をひくと毎度長引き、しかも他のトラブルに飛び火する事が多くなってきました。




それと、例の亡くなった友人のこと。あんまり心配される事を書くのは良くないので控えてはいるんだけど。

未だに涙が出ないのですが、その代わりに夢によく出てきます。僕は夢から覚めるとボーッとして、寝転んだままその辺りの事をぼんやり考えては止め、の繰り返し。

今までにないパターンです。悲しみよりも虚脱感が先に来る、一番辛い展開。


何人かでバーッと泣ければスッキリするんだろうけど、不完全燃焼(不謹慎?)なお別れは、やはり変な感じです。


風邪をひきながら茫然と過ごすこの何日間は、それこそ死者の世界にいるようです。夢に見る彼はリアルで、あの世とこの世の線引きって何だろう、なんて余計な事を考えたりしています。(笑)


まとめてお休みを取ればいいのだけど、ヒマは体と心に良くない。働くと自分で決めたので。。。


多少変則的ですが、なるべく長く、休まずお店を続けたいと思っております。ちょっと時間が前後することもありますが、どうぞお付き合いのほどよろしくお願いします。



3月のシフト



先に、本日ですが昨日から疲れが溜まってるのかやや風邪ぎみでして、大事をとってお休みさせて頂きます、、。

明日には防火管理者の資格取得、週末にはベースの出張演奏もありまして、両方抜けられないので今日はゆっくりさせて頂きます。




そして3月のシフト。ご確認お願いします!イノくんは4月にまた登板予定です。イノくんファンの皆様、申し訳ありません。


2(金)あも
3(土)ケン
9(金)ケン
10(土)タケ
16(金)あも
17(土)タケ
20(火)タケ
23(金)あも
24(土)タケ
30(金)ケン
31(土)タケ



3/3金曜はジャズ出前演奏の為(ベースデビュー 笑)22:00より開店となります。

3/12の定休日の翌日、3/13(火曜)はお休みとさせて頂きます。小旅行に行って来ます。


段々と寒さが緩んで参りました。春ももうすぐそこまで来ていますね。

3月は祝前日が11回もありますし、飲むには最適ですね。

どうぞ宜しくお願い致します!




キャバレーを巡る物語




春に毎年上野界隈で催されています、東京春音楽祭、というイベントがあります。今年で14回目の開催、150を超える演奏会が催されます(うち100箇所は無料!)

元は「オペラの森」という企画名で、小澤征爾さんなんかが中心となりなさっていました。

今回、その中の1つ、ソプラノ歌手の中嶋彰子さんの呼びかけにて、キャバレーナイトを開催されるのですが、そのバーをウチが出張で開くことになりました。


鶯谷駅そばのキネマ倶楽部、という元映画館のライブハウスがその場所となります。




こんな風に、二階席のバルコニーか丸くなっていて、オペラ座みたいになっとります。



パリ、ベルリン、上海、東京と各都市を音楽で旅する内容となっております。


4/6(金曜日)夜に第1部、第2部と続けて行われます。



Cabaret(キャバレー)を巡る物語 〜1920年代の華やかなりし上海から、パリ、ベルリン、そして上野へ ヒトラー率いるナチスが政権につき狂気の時代へ突入する直前の享楽と退廃の都ベルリン・パリ。
危うげな香りを漂わせた社会の中で人々は政治、芸術、性の表現自由を求め華やかなキャバレーショーに熱狂した。この独特な芸術文化が花開いた黄金の時代と呼ばれる20世紀初頭の世界を、歌唱力・演技力ともに定評のある中嶋彰子が、ジャンルを超えた音楽仲間たちと再現する、魅惑の一夜。

ヴァイルの三文オペラからピアフの歌ったシャンソンまでCabaretの世界をお楽しみ下さい。そして、第1部(21:30 〜 23:00)終了後は、朝まで繰り広げられる第2部「東京春祭LATE NIGHT SHOW」が ??。スペシャルな内容は当日のお楽しみ。




僕もインタビューに参加させて頂きました。後半にチョロっと映っております






この日はキヌギヌはお休みとなります。申し訳ありません。金曜日休むなんてどのくらい振りだろうか、、。


ご興味のある方は是非とも鶯谷までお運びください!





2月のシフト



遅くなりましたが2月のシフトです!


2(金)けんじ 3(土)あも 9(金)けんじ 10(土)タケ 11(日)タケ 16(金)あも 17(土)タケ 23(金)いの 24(土)けんじ



それぞれのファンの日を目掛けていらして下さい。たまに僕にも構って貰えたら嬉しいです。


2/12は祝日のため営業致しまして、翌火曜がお休みになります。

今月は連休は取らないことにしました。3月に少しまた頂きます。


当日にお休みする場合はこのブログに19:50までにはアップしますので、行く前に嫌な予感がした場合はポチッと開いてやって下さい。





僕は今日お休みなのですが、ウェスアンダーソンの映画を何本か見るつもりです。おとぎ話のような色彩の中にシュールで少し意地悪で下ネタも。


グランドプダペストホテルのメイキング


今朝はメロンを食べながら、ロイヤルテネンバウムズを寝っ転がりながら見ました。


構図や色彩にまでも異常なこだわりを持つ彼の世界。ああ、なんて素敵なんだろか。


それでは、どうそ宜しくお願い致します!




カウンター乾燥のためお休みします




本日はお休みとさせて頂きます。ごめんなさい。

月曜日に塗装をかけたカウンター。ウレタン塗装という、塗装の中では一番硬い皮膜を形成するという塗装剤です。






クリア塗装で、本来のローズウッドの色が出ました。オリエント急行みたいな重厚な雰囲気になりました。





木の呼吸も止めてしまうので、もう反ったり割れたりしないらしいのですが、なんせまだ乾いてないのです。匂いか凄まじい。


昨日からかかりっきりで換気扇回したりしてましたが、今日も物凄い悪臭がします。シンナー系の溶剤?のせいで居るだけで咳が止まりません、、。あーあ、働く気満々だったのになー。


とてもお酒を出せる環境ではないのと、まだまだ雪で滑るので本日はお休みとさせて頂きます、、、。通勤の皆様、どうかお怪我だけは気をつけてくださいね!



直前告知でご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。




新メニューなど。




ベランダに昔出してましたテーブル。木製なので雨の時には毎回片付けていました。

それでも湿気にやられて傷んでしまい、元々安定が悪かったので、ついには下げてしまいまして、今はテーブルがありません。



在りし日のテーブル。




次のテーブルは、水に強くてどっしりしてる大理石とアイアンなんかのコンビで。

アンティークなんだけど安くて味があって。

って、んなモノないんですよ。半年ほど粘って探していましたが、今朝見つけてしまいました!!












激安の9720円でした。大理石天板で高さは1050。ベストサイズでございます!

毎日チェックしていた、テンポスバスターズの中古取り寄せ品になります。

脚も緑でトボけた感じで、大理石の色味とかちょっとイメージとは違うけど、植物を前にすると意外と合うかもしれない。安定感と防水性は満点。許すとしよう。

今月中には届くと思います。



ソファー下のカゴもいいのが見つかりました。コンランショップにてセレクトされているものの、高いので少しづつ中古を集めています。





引き出してご利用ください。


カウンターの方はクローゼット、ピアノ席の方は赤いバケツ2個、ソファーの方はそれぞれ収納という形で、かなりゆったりお荷物が置けるようになりました。

春以降なんか楽勝でしょう。ああ、嬉しい。




そして。


日本酒やフードメニュー、ホットワインもやりたいんだけど、先にこんなもの買ってしまいました。





エスプレッソです。流行りのカプセルですけど、平日1人なもんで、これで許して下さい。

ソフトドリンクの料金設定が難しい中での迷いながらの導入です。今後料金が変動するかもです。


正直言いまして値段付けるの苦手です(笑)


ご注文がエスプレッソ一杯のみでお帰りの場合は、800円とチャージ500円となります。

エスプレッソとその他ドリンクをオーダーの場合は「抱き合わせ割引」として一杯500円でご提供。いずれも小菓子が付きます。




少しややこしいのですが、宜しくお願い致します。

カップも買いました。フランスの昔風のカフェで使われていた古臭いカップ、デッドストックのを見つけました。





6個しかありません。同時に6個までのご用意と言うことで、、(笑)




春が来たらベランダにて大理石のテーブルの上にはエスプレッソ。薔薇が咲いてて、最高ですな。





4月、5月の昼間、バラの咲く辺りに2、3回くらい、カフェやります。漫画置いて、会話控えめのゆるい感じで考えております。



昼間は本当に沢山の鳥が飛んで来ます。スズメはもちろん、メジロやウグイス、後名前のわからない鳥たち。

声を聞きながらゆっくり過ごしましょ。


カフェも相変わらず会員向けですが、会員の方、どうぞご期待くださいませ。




あけましておめでとうございます




もう1/3ですが、あけましておめでとうございます。





無事に新年を迎える事が出来まして、お世話になりました皆様には感謝が絶えません。ありがとうございます。


年末には風邪をひき、熱が40度くらいまで上がる中で年間で一番忙しい日が続き、年を越せないかと思ったり(笑)


年末のブログも書けませんでした。一応毎年、一年を振り返っているのですが、、。


開けない新年、、と怯えていても、必ず時間は流れるのですね、、不思議なようで当たり前なこの事実。


大晦日が開けて営業後、朝6時に店のソファーに倒れこみ、目が覚めたらすっかり風邪も治り ってました。

そのまま駅に行き、午前中の電車でいざ、鎌倉へ。


この2日は、ずっと料理をしていました。

京都風の白味噌の雑煮やらを作りながら、子供と遊ぶ。どこかよそ行きな晴れた新年の街を散歩し、裏路地にある小さな神社に初詣に行く。





まるで映画「男はつらいよ」のオープニングシーンみたいな、何でもない普通のお正月。

これが良いのです。何もいらない。



そして。伴侶のご実家で寝るときに、ご親切に加湿器を用意してくださっていました。


僕は、冬場も含めて年中を通して加湿器を使いません。結露とか、服にカビとか生えそうなので嫌なんですよねぇ、、。

とはいえ、ご親切なので断る訳にもいかず、(僕の部屋じゃないしカビ生えてもいいや的な 笑)そのまま眠らせて貰ったのですが、、、



メチャ調子がいい!!


起き抜けの喉と鼻の乾燥がない。当たり前なんだけどこんなに楽とは知らなかった!!

結露とかについて調べたら、起きた後にしっかり換気すればいいとの事。なーんだ、早く加湿器買えばよかった、、、。



しかも誰も教えてくれないし、、。そんなもんかね。


2日目は出力を最強にして、顔に当てて眠りました。やり過ぎは良くないんだろうけど、何だか快適。新たな生きる歓びを知ってしまいました。
自宅用にも早速注文。アイリスオーヤマの木目のやつにしました。明日届きます。





永沢君にしか見えない、、。この形流行ってるんですかね、こればっかりでしたよ、アマゾン。






しっかり充電して来たので、予定通り今夜からオープンです。

あと1ヶ月で厄年も開けますし、今年は肩の力を抜いて楽しみたいと思います。

今年の目標


漫画喫茶「ガラスの仮面」を2回くらい開催したい

流しそうめんも2回くらいやる。三味線もっと練習する。

屋形船を必ずやる!

ベランダのバラを屋根まで誘引する

ソファ周りの電気工事と改装を今年中で終わらせる

そろそろヨーロッパに旅に行きたい
体重なんかはそのままでいいや。とにかく、穏やかに、楽しく過ごせればそれでいいです。地味ですけど。


いつの間にこんなに落ち着いてしまったのか、、。それも良しとする。



何より、平穏で健康な日々が一番です。高望みは無くはないけども、そっと胸の内に秘めつつ、今年も穏やかに参りますのでどうぞよろしくお願いします!






calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 並木、ドアその後。
    yukie
  • 風立ちぬ、を観てきました
    店主
  • 風立ちぬ、を観てきました
    takepon
  • 秋からの制服を考える
    店主
  • 秋からの制服を考える
    yukie
  • 昭和レトロ探訪〜新宿三丁目「千鳥街」
    三橋 順子
  • うーん、調子がよくないのです。
    シンスケ
  • うーん、調子がよくないのです。
    ゆう
  • うーん、調子がよくないのです。
    YASUO
  • マンハッタン旅行記(その1 街並み編)
    Sige

recent trackback

recommend

南の島に雪が降る (知恵の森文庫)
南の島に雪が降る (知恵の森文庫) (JUGEMレビュー »)
加東 大介
太平洋戦争末期、赤道直下の戦地ニューギニアで慰問団を結成し、7000人の兵士を楽しませた元歌舞伎役者の実話。ジャングルの中に歌舞伎座を建て、馬の尻尾や棕櫚の繊維で結いあげた鬘、パラシュートの打ち掛けや緞帳、ガーゼの糸を間引いた紗幕、そして紙吹雪を用いての雪景色に、遠い故郷を思い出し、兵隊たちは声を上げて泣く。究極の状況下での知恵と優しさの詰まった人々の心の触れ合いを描いた温かい作品。

recommend

伽羅の香 (中公文庫)
伽羅の香 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
宮尾 登美子
何不自由なく育った主人公は、何気なく始めた香道の奥深さに知らぬ間に溺れてしまう。免許皆伝の暁には、と始めた会合。気がつけば彼女の自宅は時のサロンに変貌し、有力者が訪ねて来るまでになる。しかし少数の仲間はそれをよく思わず、時を同じくして太平洋戦争の足音が忍び寄る、・・・・。
蘭奢待を始めとする平安から連なる奥深くも豪華な数多くのエピソードが、読み人を香りの世界へと誘う。
安いもので構いません、お好みの香木を焚き締めながらの拝読をお勧め致します。グッと気分が出ます。

recommend

グロテスク〈上〉 (文春文庫)
グロテスク〈上〉 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
桐野 夏生
悪気もなく、ただ人の不幸を喜びに生きる「私」と、類い稀な美貌を持ち、出会う人々を皆驚嘆させてしまう実の「妹」、人に勝利する事でしか自分の存在意義を見いだせない、容姿に恵まれない和恵。その三人を中心に描かれるQ女子高(私立慶應女子高校がモデルになっている)の超閉鎖的階級社会を舞台に、途中入学組に対しての、富裕層からなる内部進学者からの壮絶ないじめを軸とした数々のエピソードは圧巻。物語全体は東電OL事件を主軸にして描かれており、後半は生生しい売春婦の日常が詳細に描かれている。店主がここ最近の著書で、久々に気骨を感じた作品。

recommend

一の糸 (新潮文庫)
一の糸 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
何不自由ない造り酒屋の娘茜は幼き日に目を患い、その時連れられて聞いた文楽、露澤清太郎が奏でる三味線の音に恋をしてしまう。大正から太平洋戦争後にかけた女の一大抒情詩。乗馬を好む娘、宝石や宿屋を惜しげもなく買い与えるおおらかな母、その後の茜の命を賭けた壮絶な苛めとの戦い、本物の芸に賭ける壮絶なエンディングと、読みどころが随所に散りばめられた文句なしの女流文芸娯楽作品。

recommend

悪女について (新潮文庫 (あ-5-19))
悪女について (新潮文庫 (あ-5-19)) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
公子という一人の貧しい女が中華屋の仲居からスタートして何百、何千という嘘を重ねて戦後の混乱期にのし上がる様を描いた作品。嘘を重ねると言っても、無論、それだけでは決して成功はしない。夜学に通って簿記の試験をパスし、自らの美貌を磨いて出会う男を翻弄し、汗まみれになり生き抜くさまは寧ろ潔い。とある事件後の週刊誌記者による聞き取り調査と云う一風変わった文体で綴られる全編は、時を忘れ、あっという間に読めてしまう。中でも、登場スr数々の大粒の宝石の描写は秀逸。「取材魔」の異名を取る有吉文学の中でも比較的軽めな現代もの。特に初心者にお勧めの一品。

recommend

女系家族〈上〉 (新潮文庫)
女系家族〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
山崎 豊子
船場に続く大商家の物語。入り婿の父が突然亡くなり、残された三姉妹が遺産相続を期に豹変を始める。狡猾な大番頭、突然現れる妾の存在に、三姉妹は関係を結んだ男の入れ知恵や様々な駆け引きを繰り返し、遺産を減らさぬよう奔走する。団結した三姉妹と叔母が妊娠したと思しき妾を抑えつけ、懇意の医師が器具を用いて検査を始める妾宅での描写は、昭和女流文芸史に残る陰惨な情景と云えるだろう。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

昭和初期の船場に三代続く女系の老舗足袋屋に生まれた男の半生を描く。女親に反発するかのように愛人を4人も囲いながらも商売に精を出す主人公。迎え入れた新妻の妊娠を探るために肥溜めを棒で掻き回す姑と大姑の陰惨な嫌がらせ、襲名披露の配り物がたった足袋一足だと聞いてケチだと馬鹿にする参加者を尻目に、実は踵の留め金具が純金製で帰宅した一同を仰天させるエピソードなど、船場の粋と意地が詰まった珠玉の作品。

recommend

針女 (新潮文庫)
針女 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
出征した帝大出の弘一が残した青春の遺書を胸に、パンパンや闇成金の持ち込む針仕事に打ち込む孤児の清子。彼女は過去に踏んだ針が体を周り運悪く跛(びっこ)になるというハンディキャップを持つ。復員した夫は戦争のせいで性格が豹変しており・・。パンパンや気違いといった現代では禁止用語の登場人物が行き交い、戦後の混乱期をそのまま原稿用紙の上に広げたような生々しい作品となっている。

recommend

連舞 (集英社文庫)
連舞 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
昭和初期の日本舞踏の一大流派、梶川流の栄枯盛衰を描く。先代家元の妾の子に生まれながらも伸び悩む自分の踊りの才能、踊りの天才と謳われる性格の悪い妹、妹しか愛さない母に悩まされる青春時代。しかし、GHQ接収後のアーニーパイル劇場での歌舞伎ショーにてストリップを強要され、大逆転の末成功となり、家元夫人にまで上り詰めてしまう。忌わしい過去と出自に翻弄されつつも、過去をねじ伏せるかのように踊りに邁進し、遂に芸の道に境地を見出す主人公、月の直向な横顔が涙を誘う。

recommend

明治のお嬢さま (角川選書)
明治のお嬢さま (角川選書) (JUGEMレビュー »)
黒岩 比佐子
明治期の令嬢の実態を探る。たしなみ、学力、美醜の葛藤、結婚生活まで多岐にわたる。面白いのは多くの令嬢は今と変わらず贅沢品に執着したらしく、友人の持ち物を嫉む生々しい手紙なども解説入りで紹介されている。その他、当時の流行の髪型や美人術、痩せる薬などの広告資料も収録。

recommend

宮中賢所物語―五十七年間皇居に暮らして
宮中賢所物語―五十七年間皇居に暮らして (JUGEMレビュー »)
高谷 朝子,明石 伸子,太田 さとし
千代田の森の奥深く、宮中賢所に57年お住まいの神職の女性の半生を描いた作品。下界と分断された森の中で祈りを捧げる日々。厳格な穢れの区別(下界のものに触れると潔斎しなければいけない)、四足のものは食べてはならない、毎朝数時間かけて髪おすべらかしに結うなど驚愕の生活と共に、日本古来の自然に寄り添った質素な習慣を紹介する。

recommend

朝香宮家に生まれて
朝香宮家に生まれて (JUGEMレビュー »)
北風 倚子
渋谷・松濤の鍋島公園一帯は戦前、広大な鍋島侯爵邸であり、著者の住まいであった。大空襲で火の海になった屋敷を逃れ、昭和という時代を生き抜いた、旧華族のお姫様の生涯。

recommend

社長 島耕作(8) (モーニングKC)
社長 島耕作(8) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
弘兼 憲史
言わずと知れた島耕作シリーズ単行本。長い経緯はさておき、弊店が表紙になっております。店主もタキシードでモデルを致しました。
是非お買い求めくださいw

recommend

梨本宮伊都子妃の日記―皇族妃の見た明治・大正・昭和 (小学館文庫)
梨本宮伊都子妃の日記―皇族妃の見た明治・大正・昭和 (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
小田部 雄次
佐賀藩主鍋島家令嬢伊都子。彼女はのちに梨本宮に嫁ぐが、明治から昭和に渡って77年間日記を残していて、その様相は「書き魔」と言わんばかり。初の洋行先のパリで買い物の様子や婚礼、即位式などの華やかな思い出を経て、戦中戦後の倹約の様子や時代に対する落胆ぶりなど。往時の匂いが漂ってくるかのような生々しさ。著者、小田部雄次の解説が当時の世情をわかりやすく補ってくれる。

recommend

写真集 酒井美意子 華族の肖像
写真集 酒井美意子 華族の肖像 (JUGEMレビュー »)
酒井 美意子
加賀藩前田家令嬢の酒井美意子。マナー講師として厚化粧キャラでメディアに登場した姿をご存じの方もいらっしゃるであろうが、彼女は戦前まで駒場の前田侯爵邸に居住していたことを知る人は少ない。莫大な財産と華麗な人脈を、膨大な写真とコメントで紐解く、いわば現代版歴史絵巻的な写真集。必読。

recommend

極楽商売―聞き書き戦後性相史
極楽商売―聞き書き戦後性相史 (JUGEMレビュー »)
下川 耿史
戦後の性関連産業を裏側の視点から取材した戦後風俗史。進駐軍専門のパンパン宿や性具の販売店、愚連隊、ゲイバー、カストリ情報誌、個室喫茶・・・。戦後の性に携わった人々の汗や息遣いが聞こえそうな一冊。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

京セラ、auの創始者ににして仏門に入った稲森氏が、街の小さな碍子工場を一代にしていかに大企業へと成長させたかを描く。単なるサクセスストーリーに収まらない哲学や思想を散りばめた珠玉の一冊。

recommend

芝桜〈上〉 (新潮文庫)
芝桜〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
我らが有吉佐和子先生の長編。戦前の花柳界を舞台に、二人の女が艶やかに力強く生き抜く。温厚で情緒的な梅弥、狡猾で気ままな蔦代。共に授かった類い稀な美貌を武器に、ただひたすら戦前、戦後の花柳界を生きる。花柳界独特のお茶屋の仕組みや旦那制度、一本や水揚げなど、判りにくい独自の世界がこの一冊でよくわかる。ストーリを彩る、旦那からの贈り物の三越謹製三百円の帯や、大粒の翡翠の簪、英国土産の巨大ダイヤモンドなど、随所に登場する豪華絢爛な衣裳拵えと、それを取り巻く年増女将との丁々発止のやりとりの描写は必見。店主のバイブルと同時に、不動の一位たる女流文芸作品。

links

profile

書いた記事数:903 最後に更新した日:2018/04/17

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM