昭和レトロ探訪特別編〜京都某店

 京都は僕の生まれ育った街です。さんざん飲んで遊んで、色々勉強させて戴いたお母さんのような街です。

しかし、知らないエリアも沢山あります。いわゆる祇園街、です。「一見さんお断り」システムで、お金があろうが場所に詳しかろうが、絶対に入れてもらえない。

京都の人でもそんなにたくさんの方が利用するわけでもなさそうです。逆に、世界中からいらっしゃるみたいです。変な街ですね。


今回、某店としたのは、店名を書くとそっくりそのまま食べログにリンク張られてしまうようです。そうすると僕の顔が割れているので困ったことになるます。悪く書けないじゃないか!!(笑)

まずは祇園の[GENROKU]さん(本当は漢字ですが検索で見つかってしまうので)
四条通縄手の北側の超繁華街にあります。





明治時代からやってる路面バー・・・。あり得ないです。
ある着物屋さんの旦那さんに連れて行ってもらいました。


ドアを開けるとオペラ座のカーテンと同じ赤の目隠し。それを潜ると!!!

もう明治時代からそのまんまの重厚な造り。深い焦げ茶の木を彫りぬいたバーの酒棚、壁の装飾、ランプ、古いシャンデリア。失礼だけど、うちと雰囲気は似ている。違いと言えば説得力。

そこに!!


大正ロマン、竹下夢二の絵そっくりのマダムが着物着て簪刺して、バーの壁にもたれてにっこり笑ってるんです。。


はっきり言ってキツい。オカルト映画 笑



この絵、激似なんです・・。


その紹介してくれた人、口が悪いから「妖怪油舐めみたいな女がおるんやで」「大正ロマンの頃から生きてんねんで」
僕は腹がよじれそうな笑いをこらえつつも、御挨拶。


そうするとカウンターに愛想の悪いオバアちゃまがいる!!なんと、そのマダムのお母さん86歳!!
悪い虫がつかないように見張ってるんだとか。なんなんだ、この店は・・。

そこからはもうお婆ちゃんのオンステージ!明治から今日までの話をスーパーダイジェストで。これがまた面白い!

「バーカウンター足元の棒は戦中の金属供出で持って行かれたままだ」
「三笠宮殿下がお忍びでいらして、腰が抜けるほどびっくりした」
「GHQが日本に米兵を送り込む際、印象を悪く持たれないために高等教育を受けた美男子だけが
選抜で日本に送り込まれた。その白人将校が接収されていたこの店で満員で飲んでいた時の美しかったこと!」
「宇野首相が紹介もなくいきなり入ってきたので追い出した」

もう、めっちゃくちゃ。

その間、大正ロマン姐さんはうなだれながら、壁にもたれ怪しげなカクテルを召し上がっている。

もー、参りました。コントみたいなんですもの。

僕も得意分野の古い話が目白押しで、さんざん好きで読んでるから、戦後の物資難の話とかスローガンとか、新円切り替えとか売春防止法施行とか、合いの手入れまくってたら婆さんに気にいられちゃった様子で。

最後は握手でお店を後にしました。

「いちげんさんおことわり」

それは常連客を大切にする素晴らしいシステムでした。
だってあの空間に観光客が押し寄せたら、店の火は一瞬で消えてしまいますもの。


そうして花見小路のかさいさん。ここも一見さんお断りですが、うちのお客さんが働いていらっしゃるので入れてもらいました。



なんというか、ここも素晴らしい。まあ、はっきり言って縁のない世界でした。笑

とにかく座ったら一万円です。それでもお安い方だとか・・。






なんか凄い事になっています・・・。

***

今回は12件、バーを巡りましたが、本当にそれぞれカラーがある。自分のお店を作る上でも、今後の人生においても本当に勉強になりました。

帰京後、益々アイディアが湧いてきました。実は二つほど画策していることがあります。またここで発表致しますー!



次回は昭和探訪シリーズ、ゴールデン街94歳戦慄のクソババァスナックの巻きです!!

不定期連載〜開店日記その4



またも御無沙汰してしまいました。



と、その前にお知らせ!!

6月6日(月)から9日(木)まで、実家の京都に帰ります。四日間の休業ということになります。どうぞよろしくお願い申し上げます。


***


気がつけば開店日記も去年の八月以来です・・。すいません。


前回はクレーン車をチャーターして、ピアノを四階まで釣り上げた所まででしたね。

で、無事ピアノは搬入されました。この頃は嬉しくって弾きまくっていました。店内にモノが無いのでやたら響いていたのを覚えています。

外はまだ新緑には程遠いです。三月の一週目か。




で、ピアノを入って左側に寄せたまま、工事再開です。





もとからあった水回りを撤去。配管もいちからやり直しです。ジョイフル本田で塩ビパイプとジョイントを大量に買って来て、一メートル離れた場所へとバイパス工事。間にガスの線や上水道があるので傷つけないように・・。まるで外科手術みたいです。めんどくさかった記憶が。





外したらセメントで塗り固めます。塗り塗り。





こうしながら二手に分かれて、西側の窓を塞ぐ形でバー棚を作りつけます。これはもう取れないようになっています。右の部分は換気扇を付ける場所として取っておきます。

シマシマのニットキャップ糸井先生の後ろにある水色の塊はピアノです。





カウンターの木材です。京都で良い松の一本の材料があったのですが、車がバンだった為に乗らず、涙の切断。本当はケヤキやオーク、せめてブビンガがよかったのですが、ゼロが一個違いました。。。


っと、今回はここまで!!!


今度はもっと早く書きますね。お楽しみに。

PC修理おわりました。ので、バー論について。

 長い間御無沙汰してしまい、ごめんなさい。店主でございます。

PCが爆発して、結局七万円の修理費と一週間の期間をもって完全復活しました。
今までは最悪な環境の中でPCを開いていたので(重い、電源落ちる、異常な機械音 等)今後は
快適に更新出来ると思います。

昭和レトロ探訪、開店日記などもピッチを上げて更新して参りますのでよろしくどうぞ。


***


GWは本当に忙しく、楽しかった。色んな人が洪水のように押し寄せて好きな事を話して色んな歌を歌い、踊り、楽器を演奏して帰って行った。

これだけ書くと乱暴だけれど、みなさん思い思いに表現して楽しみ、何より春を謳歌しているように見えて、俯瞰しながらなんだかグッと来てしまった。やっと僕のやりたかったお店の片鱗が見えた気がしてならなかった。それも毎晩。

お酒を飲む=単なる消費、という概念がどうも好きになれなくて、というか僕が昔に連れて行ってもらったバーは一晩に何度も勉強になったりあっと言わされたり、ともかくお昼から待ちきれないような甘い幻想を秘めていた。

けど、いつしかそんなお店は少なくなり、儲け主義一辺倒の質の悪い飲み屋が増えた気がする。

お酒をおしっこと二日酔いの頭痛の種にするだけじゃあまりにお酒が浮かばれないと思う。バーこそ最高の生産の場でないといけない。そうでないと飲酒の罪悪感も僕の夜の生活のストレスも吹き飛ばないし。 笑



***


昭和20年代の新宿にはうちのような10席未満の小さいバーがたちどころに並んでいて、学生やサラリーマン、お金持ちやホームレス、お女郎さんやそのた色々な人が肩を並べて朝まで語り合っていたそうな。

そこには許容や一体感や、美や、色々なものが巨大な洗濯機にょうにぐるぐる渦巻いていたんだと想像する。その渦こそが美であり、時には悪の匂いがして、全てのスリルの元となる。

水曜日のうちの店もそんな感じだったのか。

まだ若いオペラの男女がアリアを歌うとR&Bのごっついお姐さんがスイッチ入ってしまってジャズを歌う。その友達のピアニスト先生と僕がピアノを連弾。そうすると最近来出した21歳がトランペットを吹くと告白、無茶ぶりで拭いてもらうと、あまりにも軍歌っぽいので全員が敬礼を始める。あまりにバカバカしいので爆笑しているとレズの大姐さんが鞄から取り出したサンバホイッスルを吹く。僕は悔しいから爆音でサルサをかけるとみんな踊り出す、、、みたいな。

これが20分くらいの間に起こった。一応の目標達成だと思う。僕もずっと飲んで叫んで疲れるけど、こんなバカバカしくも宝石箱のようなお店がしたかったのだ。この10日間、そんな日が多かったように思う。

クラブも個人的には大好きだしいいんだけど、あちらは僕にとっては多様性がなさすぎるし、ちょと作られ過ぎている感もある。第一に、メインフロアで三人以上の会話が成立しない時点でコミュニケーションの可能性に限界があると思う。だからバーなのか、バーであってほしい。

バーの良いのはもう一つ、しっとり語り合うような時間も持ってるところ。もちろん語らなくても個々に本を読んだり、まさに七変化。

バー=得体の知れない渦のようなエネルギーの集合体、でありたいと僕は思う。



さ、連休最終日です。今日はしっとりコースでしょうか。頑張ります。

お花見その後とお詫び

 
まずはお花見当日、一時半ごろに携帯電話が故障してしまいました。全く反応しなくなりました。

結果、僕の取った場所までたどり着けないお客様がたくさん出てしまいました。

無駄足を運ばせてしまったお客さまには心より謝罪申し上げます。本当にごめんなさい。

場所の確認を当日の携帯でのやり取りでしか出来ない状況は僕の完全な落ち度でありました。
今後開催する場合は、前日までに場所の目星をつけてメールで送信する、ブログ等でそのつどアップできる体制を整える、などが必要な対策として挙げられます。

今後への反省材料として活かして参ります。どうかよろしくお願い申し上げます。


***

普段から気付かないうちに携帯に頼り切っていたのです。新宿御苑は三万人以上人が来ていたらしいのですが、そんな中で逢えるのは偶然に等しく、もう携帯をブン投げたかったです。

それでも三十人ほどの方が来て下さったように思います。みなさん出たり入ったりですが、中々楽しかったです。

数万人が公園を歩くと土ぼこりが巻きあがり、風が吹くとお料理に降りかかります。これには参った。
対策が必要です。

それと、お酒の持ち込みチェックは評判より大変だった。僕は八時半ごろに場所取りに行ったんだけれど、かばんを中までチェックされて、結局追い返されてしまった。厳しい。。。

来年は自宅開催もありかな、と思ってしまいました。そう、うちの家は桜並木の傍に有るのです。20人も入れませんが・・・。




要検討ですね。


皆さんはお花見なさいましたか?僕はやはり、桜が好きみたいです。圧倒的に春を感じさせてくれる代物だと思います。ため息が出ますねぇ。


おっと、雨が降ってきました。




こんな時期ではありますが・・・

 

様々御意見はある中ですが、折角お店の近くで桜は咲いていますし、、、ということで
来る4月10日(日)、新宿御苑でお店主催の観桜会をいたします。

場所・新宿御苑にて。
時間・開演から閉園までだらだらやります。
場所・真ん中の広場の辺りです。

費用・無料です

しっかりしたお花見会、というよりは、通りががりでこんにちは、どうぞ一杯いかがですか?
といった軽いモノです。お好きな時にいらして、好きな時にお帰り下さい。笑

通りがかった方は是非ご参加ください!その際にはおつまみとお飲み物を御自分の分だけ
お持ちいただけるとありがたいです。

(こういった提案で御気分を害された方がいらしたら、誠に申し訳ないです)



因みに、明日4月4日でキヌギヌは丸6年、七年目に入ります!

いつも支えて下さったお陰さまの賜物だと感謝の気持ちでいっぱいです。これからも
変わらず続けてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。



しばらく更新が途絶えてしまいましたが、今後ともまたくだらないことを書いていこうと思います。
こちらの方も併せて宜しくお願いいたします。



店主敬白

本日より営業再開いたします

 
お客様各位

一部のお客様におかれましては様々な御苦労がおありだったと聞いております。改めてお見舞い申し上げます。

交通機関の乱れもある中、どれほどのお役にたてるかは判りませんが、本日八時より、営業を再開いたします。

節電の為、空調を制限しての営業となりますので、皆様、素敵なアウターでお越しください(笑)

なお、お客様の安全面を最優先に考えておりますので、余震や原発等の情報により、営業を中断することがあるますのであらかじめ御容赦くださいませ。

災害時において、さまざまな意見があるのは承知の上ですが、常連さんとの情報交換や息抜きの場所として、店として出来ることを模索して参りたいと思います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


店主敬白

地震による今後の営業について

 

ご覧の皆様、特に被害のあった方にはお見舞い申し上げます。

テレビ等で節電などの呼びかけがありますが、それに加えて、ビルの構造に余震の不安がありますので、万が一の事故に備えまして日曜日までは休業とさせていただきます。

(個人的心情として、歌舞音曲もしばらく控えたほうがよろしいかとの思いもあります)

その後の情報につきましては随時、こちらでアップして参りたいと思います。

勝手ながら宜しく御理解賜りますよう、お願い申し上げます。

コメットさん、ありがとう。

 
まずは、被災なさった東北を中心とする皆様に御冥福をお祈り申し上げます。

ご不明の方も早く見つかるよう、祈るばかりです。


***


さて、そんなのに比べたら僕の店なんて。と言いたいのですが大変な事に。

入ってまずドアが開かない 笑

中はあらゆるものが散乱しています。空き巣が三回入ったみたい。
本棚の本は全部床にひっくり返し。

奥のガラス冷蔵庫が倒れて開いています。そこにハープが倒れ込む。その上から金魚入り水槽がドッカーン!!
金魚ちゃん、ガラスの破片の中で乾燥していました。可哀そうすぎるよ・・。

シャンパンとかソーダ、もう粉々で中身がジャブジャブ出て、凄い事になっています。

ピアノは200キロもあるくせに1メートルくらい動いていました。つまり、壁側に引き出されていたんですね。

上からはありとあらゆるものが落ちてきている。バカラも、チェコの手彫りもやられた、シャンパングラスも半分ダメ。クリスタルの彫の入ったボンボン入れは割れてクラッシュアイスみたいになってる。
昨日活けた薔薇も折れ、銀のベースも歪んでる。
それらは圧縮され、どうやってもゴミにしか見えない。

流し台の方も酷い。上から降ってきたシャンパングラスが床とストックを直撃。足の踏み場もない。


やれやれ・・。ちょっと一服。


思えば、よくもこんなにガラクタばっかり。こんなに集めたものかと自分で思う。自信なかっただろうか。

もし明日にこのビルが倒壊しても、今の自分なら木の下にピアノ置いて赤ワインのボトル、板っきれに「キヌギヌ」って書いてぶら下げても変わらずやっていけると思うの。心からそう思う。

もともと無いモノだったんなら、もっと気楽に楽しもう!と俄然やる気が湧いてきました。


そこから四時間お掃除。あー、すっきりしたー。

もうどこもピカピカに。なんだ、やれば出来るじゃんと言わんばかりの掃除機パック6個にゴミ袋4杯。

***

コメットさん、オープン準備の前のサラリーマン時代からの付き合いだったけどありがとうな。金魚の君に助けられることなんてしょっちゅうだったよ。

君の亡骸は素敵な小箱に入れてビル目の前の木の下にこっそり埋めてあげます。
いつも、この店が見えるように。見守っていて下さいね。

ありがとう。さようなら。

P1050220.JPG

筋肉バカへの道



相変わらずトレーニングが続いております。

最近では全身4分割に加えて、今まで無かったことにしていた有酸素運動を始めました。
週に5日、五キロ走るってだけのことなんですけど、これがキツい。

腹の肉がボヨンボヨン揺れます。マズイ。

すぐにバテてしまいます。しかも、夜恐ろしい睡魔がやってくる。

でも痩せたい!夏はすぐそこです。

なので、サプリメントを強化しました。


プロテインの他に、クレアチン、カルニチン、BCAA,グルタミン(アミノ酸)をバランスよく自分で配合しています。しかも全部、激マズ。

(これらは食品に含まれるような安全なモノばっかですので、、、。決してドーピングとかではないのです)


夜食はノンオイルのささみ、ツナ缶です。

漢方もちょと飲んでます。あと、マルチビタミンとカルシウム、食物繊維、などなど。


置き場所が無くなってきたので本棚を2段開けました。ゲゲゲ。。


qwefqergh.JPG

写ってない下の段は缶詰めとプロテインの予備、漢方とビタミン剤です・・・。



本はほぼ、皇室と旧華族の関連本、有吉佐和子センセなどの花柳界の女を描いた文芸作品、一張羅のサントーニのドレスシューズ、あとは筋肉グッズ・・。

三島由紀夫の私物棚みたい。はっきり言って気持ち悪い。かも。




僕はどこへ行くのでしょうか!!!!!



だれか教えてください。




***


でもね、ここん所の寝ざめは今までの人生で最高にスッキリしてます。強制的な夜型生活を強いられる僕にとって、これって凄いことだと思います。



ああ、人体の神秘。

そうそう、カレーの話だった。

 一か月も更新出来なくてすみません。PCが不調で何にも出来ませんでした。

たった今、復元して一応使えるようにはなりましたけど、重いし不安定です。ああ、やだやだ。

そう、カレー好きなんですよ。恥ずかしいんですけどここ一年の好きな食べ物はカレーとラーメンです。もう、大好きです。(だから太るんだけど)

カレーの好きな味は、話せば長くなるんですけど僕は欧風カリーが好きです。バター、小麦粉がしっかり炒められた風味と、チャツネ、そしてフォンドヴォー。あー、最高ですなぁ。

必然的にホテルでのルームサービスでもカレー、ここは僕の研究分野でもあります。街場のカレーですと神田駿河台のボンディ、四谷のオーベルジーヌ、新宿のガンディー、そして資生堂パーラー。
この辺りは譲れません。

ここらでは必ずと言っていいほど、ソース(ルー)が別添えで出てきます。そして、そこに僕の大きなこだわりがあります。


それは、ソースでお皿に絶対に汚さないようにして食べること!!!


別添えソース(ルー)は、大抵深めの入れ物かココット、陶器の器に入っていたりします。そこにスプーンでご飯を入れて頂くのです。

因みに、レードル付きのソーシエにカレーのソースが入ってきたときにはしません。ソースポッドにスプーンを入れるのはマナー違反です。


〈食べ方〉

,竿咾鬟好廖璽鵑房景目ほど盛る

△もむろにソースの入った容器にスプーンを沈める

xfgvsry.JPG
E度に冷ます
いちょぼ口で美味しく頂く

ゥ好廖璽鵑縫レーのソースが残らないように口をすぼめ、スプーンを綺麗にする

だいたいこの繰り返しです。こうするとお皿が綺麗なままで頂けます。写真は半分以上食べ終えた様子です(なんて美しいんだろうか)

dubfbs.JPG


最後にソースが残った場合は、スプーンで頂きます。


こうやって頂くと、お皿が未使用みたいに綺麗なままですの。


〈お勧めポイント〉


A・ソースを一滴も取り逃がさず頂ける。
B・文字通り、匙加減一つでご飯とソースの配分が変わってくるので、かなりスリリング
C・店員さんが「エコだし、上品で良い人だなぁ」と感謝してくれる・・・ かも。


Cに関してはまだ一度もないです。どんなにピカピカで食べても、奴らは下げに来た時は淡々と下げます。なんだったら汚いのを上に重ねやがる。殴ってやろうかと思った。

一回でいいから、「お客様、あの、お皿が未使用、あれ・・?失礼しました!」っとか言わせてみたい。


なんでかって言うと、意外と難しいの。これ。



問題として、ご飯がお皿にくっついた時はかなりパニックになります。これはマジで取れない(笑)
そういう時はスプーンを濡らしてお皿とご飯の間に微量、流し込むと取れます。

気を抜くとソースがすぐお皿についてしまう。フクシン付けの赤い色素も沈着しやすい。(これはかなり危険)

お皿にカレーソースが付いたら即、店員に見つからないようにおしぼりで拭きます。もう、ジンクスというか癖というか、気になって仕方がない。

綺麗に食べることが目標なのか、味わうことなのか、すでによく解らなくなってしまっている。


カレーだけでなく、昔はデザートの食べ残しのソースで洗い場さんに宛てて「THANK YOU」って書いたり、さんまの骨を丸めて立ててジェットコースターのレールみたいにしたり(形容しづらい)
とにかくそういうのが好きだったけど、バカバカしいので全部止めてしまった。カレーだけはその名残でしょうか。


一回やってみてください。




***




ご飯と言えば、最近ある方が60代中盤の誕生日で、お世話になったお礼にプレゼントを差し上げることにしたんですけど、その方は裕福なうえに博学な、本当に羨ましい方で、更に超いい人。

きっと色んなものを今まで貰われている筈で、普通のプレゼントでは喜んでもらえない気がしたんです。名産品とか美味しいものでもいいんだけど、好みもあるし。

そもそも、人に何かをプレゼントするのってかなり難しい。


で、物凄く考えました。やっぱ美味しいモノがいいんじゃないかと。


僕が思いつく中で、世界で一番おいしいもの。

ertubetyu.JPG



秋田の曲げわっぱの弁当箱と檜の箸、今年取れた新米、取り寄せた都のちりめん山椒を詰め合わせにしてお贈りしました。トーションはベルギー製のリネン。

stynsftn.JPG


曲げわっぱ、はっきり言ってクソ高いんですよ。ビックリするほど高い。でも、炊きたてのご飯をこれに入れると、こんな旨いものはない。涙が出るほど旨い。


お渡ししたら、一目で気に入って頂けたようです。よかったよかった。


もし、素敵なプレゼントを知ってる人がいらしたら教えてくださいねー。


***


プレゼントといえば・・。

石井君という背の高い悪友がお店の写真を沢山撮ってくれたんです。良い写真ばっかりでした。


stvghejybrbg.JPG

sfybtyb.JPG



薔薇の写真がいつもの明るさなのに、下の写真は明るいみたいに写っています。良いカメラだと色んなのが撮れるんですねー。なるほど関心。



そういえば、開店準備日記、続き書かなきゃですねー。近々書きますのでお楽しみに。










calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 並木、ドアその後。
    yukie
  • 風立ちぬ、を観てきました
    店主
  • 風立ちぬ、を観てきました
    takepon
  • 秋からの制服を考える
    店主
  • 秋からの制服を考える
    yukie
  • 昭和レトロ探訪〜新宿三丁目「千鳥街」
    三橋 順子
  • うーん、調子がよくないのです。
    シンスケ
  • うーん、調子がよくないのです。
    ゆう
  • うーん、調子がよくないのです。
    YASUO
  • マンハッタン旅行記(その1 街並み編)
    Sige

recent trackback

recommend

南の島に雪が降る (知恵の森文庫)
南の島に雪が降る (知恵の森文庫) (JUGEMレビュー »)
加東 大介
太平洋戦争末期、赤道直下の戦地ニューギニアで慰問団を結成し、7000人の兵士を楽しませた元歌舞伎役者の実話。ジャングルの中に歌舞伎座を建て、馬の尻尾や棕櫚の繊維で結いあげた鬘、パラシュートの打ち掛けや緞帳、ガーゼの糸を間引いた紗幕、そして紙吹雪を用いての雪景色に、遠い故郷を思い出し、兵隊たちは声を上げて泣く。究極の状況下での知恵と優しさの詰まった人々の心の触れ合いを描いた温かい作品。

recommend

伽羅の香 (中公文庫)
伽羅の香 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
宮尾 登美子
何不自由なく育った主人公は、何気なく始めた香道の奥深さに知らぬ間に溺れてしまう。免許皆伝の暁には、と始めた会合。気がつけば彼女の自宅は時のサロンに変貌し、有力者が訪ねて来るまでになる。しかし少数の仲間はそれをよく思わず、時を同じくして太平洋戦争の足音が忍び寄る、・・・・。
蘭奢待を始めとする平安から連なる奥深くも豪華な数多くのエピソードが、読み人を香りの世界へと誘う。
安いもので構いません、お好みの香木を焚き締めながらの拝読をお勧め致します。グッと気分が出ます。

recommend

グロテスク〈上〉 (文春文庫)
グロテスク〈上〉 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
桐野 夏生
悪気もなく、ただ人の不幸を喜びに生きる「私」と、類い稀な美貌を持ち、出会う人々を皆驚嘆させてしまう実の「妹」、人に勝利する事でしか自分の存在意義を見いだせない、容姿に恵まれない和恵。その三人を中心に描かれるQ女子高(私立慶應女子高校がモデルになっている)の超閉鎖的階級社会を舞台に、途中入学組に対しての、富裕層からなる内部進学者からの壮絶ないじめを軸とした数々のエピソードは圧巻。物語全体は東電OL事件を主軸にして描かれており、後半は生生しい売春婦の日常が詳細に描かれている。店主がここ最近の著書で、久々に気骨を感じた作品。

recommend

一の糸 (新潮文庫)
一の糸 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
何不自由ない造り酒屋の娘茜は幼き日に目を患い、その時連れられて聞いた文楽、露澤清太郎が奏でる三味線の音に恋をしてしまう。大正から太平洋戦争後にかけた女の一大抒情詩。乗馬を好む娘、宝石や宿屋を惜しげもなく買い与えるおおらかな母、その後の茜の命を賭けた壮絶な苛めとの戦い、本物の芸に賭ける壮絶なエンディングと、読みどころが随所に散りばめられた文句なしの女流文芸娯楽作品。

recommend

悪女について (新潮文庫 (あ-5-19))
悪女について (新潮文庫 (あ-5-19)) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
公子という一人の貧しい女が中華屋の仲居からスタートして何百、何千という嘘を重ねて戦後の混乱期にのし上がる様を描いた作品。嘘を重ねると言っても、無論、それだけでは決して成功はしない。夜学に通って簿記の試験をパスし、自らの美貌を磨いて出会う男を翻弄し、汗まみれになり生き抜くさまは寧ろ潔い。とある事件後の週刊誌記者による聞き取り調査と云う一風変わった文体で綴られる全編は、時を忘れ、あっという間に読めてしまう。中でも、登場スr数々の大粒の宝石の描写は秀逸。「取材魔」の異名を取る有吉文学の中でも比較的軽めな現代もの。特に初心者にお勧めの一品。

recommend

女系家族〈上〉 (新潮文庫)
女系家族〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
山崎 豊子
船場に続く大商家の物語。入り婿の父が突然亡くなり、残された三姉妹が遺産相続を期に豹変を始める。狡猾な大番頭、突然現れる妾の存在に、三姉妹は関係を結んだ男の入れ知恵や様々な駆け引きを繰り返し、遺産を減らさぬよう奔走する。団結した三姉妹と叔母が妊娠したと思しき妾を抑えつけ、懇意の医師が器具を用いて検査を始める妾宅での描写は、昭和女流文芸史に残る陰惨な情景と云えるだろう。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

昭和初期の船場に三代続く女系の老舗足袋屋に生まれた男の半生を描く。女親に反発するかのように愛人を4人も囲いながらも商売に精を出す主人公。迎え入れた新妻の妊娠を探るために肥溜めを棒で掻き回す姑と大姑の陰惨な嫌がらせ、襲名披露の配り物がたった足袋一足だと聞いてケチだと馬鹿にする参加者を尻目に、実は踵の留め金具が純金製で帰宅した一同を仰天させるエピソードなど、船場の粋と意地が詰まった珠玉の作品。

recommend

針女 (新潮文庫)
針女 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
出征した帝大出の弘一が残した青春の遺書を胸に、パンパンや闇成金の持ち込む針仕事に打ち込む孤児の清子。彼女は過去に踏んだ針が体を周り運悪く跛(びっこ)になるというハンディキャップを持つ。復員した夫は戦争のせいで性格が豹変しており・・。パンパンや気違いといった現代では禁止用語の登場人物が行き交い、戦後の混乱期をそのまま原稿用紙の上に広げたような生々しい作品となっている。

recommend

連舞 (集英社文庫)
連舞 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
昭和初期の日本舞踏の一大流派、梶川流の栄枯盛衰を描く。先代家元の妾の子に生まれながらも伸び悩む自分の踊りの才能、踊りの天才と謳われる性格の悪い妹、妹しか愛さない母に悩まされる青春時代。しかし、GHQ接収後のアーニーパイル劇場での歌舞伎ショーにてストリップを強要され、大逆転の末成功となり、家元夫人にまで上り詰めてしまう。忌わしい過去と出自に翻弄されつつも、過去をねじ伏せるかのように踊りに邁進し、遂に芸の道に境地を見出す主人公、月の直向な横顔が涙を誘う。

recommend

明治のお嬢さま (角川選書)
明治のお嬢さま (角川選書) (JUGEMレビュー »)
黒岩 比佐子
明治期の令嬢の実態を探る。たしなみ、学力、美醜の葛藤、結婚生活まで多岐にわたる。面白いのは多くの令嬢は今と変わらず贅沢品に執着したらしく、友人の持ち物を嫉む生々しい手紙なども解説入りで紹介されている。その他、当時の流行の髪型や美人術、痩せる薬などの広告資料も収録。

recommend

宮中賢所物語―五十七年間皇居に暮らして
宮中賢所物語―五十七年間皇居に暮らして (JUGEMレビュー »)
高谷 朝子,明石 伸子,太田 さとし
千代田の森の奥深く、宮中賢所に57年お住まいの神職の女性の半生を描いた作品。下界と分断された森の中で祈りを捧げる日々。厳格な穢れの区別(下界のものに触れると潔斎しなければいけない)、四足のものは食べてはならない、毎朝数時間かけて髪おすべらかしに結うなど驚愕の生活と共に、日本古来の自然に寄り添った質素な習慣を紹介する。

recommend

朝香宮家に生まれて
朝香宮家に生まれて (JUGEMレビュー »)
北風 倚子
渋谷・松濤の鍋島公園一帯は戦前、広大な鍋島侯爵邸であり、著者の住まいであった。大空襲で火の海になった屋敷を逃れ、昭和という時代を生き抜いた、旧華族のお姫様の生涯。

recommend

社長 島耕作(8) (モーニングKC)
社長 島耕作(8) (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
弘兼 憲史
言わずと知れた島耕作シリーズ単行本。長い経緯はさておき、弊店が表紙になっております。店主もタキシードでモデルを致しました。
是非お買い求めくださいw

recommend

梨本宮伊都子妃の日記―皇族妃の見た明治・大正・昭和 (小学館文庫)
梨本宮伊都子妃の日記―皇族妃の見た明治・大正・昭和 (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
小田部 雄次
佐賀藩主鍋島家令嬢伊都子。彼女はのちに梨本宮に嫁ぐが、明治から昭和に渡って77年間日記を残していて、その様相は「書き魔」と言わんばかり。初の洋行先のパリで買い物の様子や婚礼、即位式などの華やかな思い出を経て、戦中戦後の倹約の様子や時代に対する落胆ぶりなど。往時の匂いが漂ってくるかのような生々しさ。著者、小田部雄次の解説が当時の世情をわかりやすく補ってくれる。

recommend

写真集 酒井美意子 華族の肖像
写真集 酒井美意子 華族の肖像 (JUGEMレビュー »)
酒井 美意子
加賀藩前田家令嬢の酒井美意子。マナー講師として厚化粧キャラでメディアに登場した姿をご存じの方もいらっしゃるであろうが、彼女は戦前まで駒場の前田侯爵邸に居住していたことを知る人は少ない。莫大な財産と華麗な人脈を、膨大な写真とコメントで紐解く、いわば現代版歴史絵巻的な写真集。必読。

recommend

極楽商売―聞き書き戦後性相史
極楽商売―聞き書き戦後性相史 (JUGEMレビュー »)
下川 耿史
戦後の性関連産業を裏側の視点から取材した戦後風俗史。進駐軍専門のパンパン宿や性具の販売店、愚連隊、ゲイバー、カストリ情報誌、個室喫茶・・・。戦後の性に携わった人々の汗や息遣いが聞こえそうな一冊。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

京セラ、auの創始者ににして仏門に入った稲森氏が、街の小さな碍子工場を一代にしていかに大企業へと成長させたかを描く。単なるサクセスストーリーに収まらない哲学や思想を散りばめた珠玉の一冊。

recommend

芝桜〈上〉 (新潮文庫)
芝桜〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
有吉 佐和子
我らが有吉佐和子先生の長編。戦前の花柳界を舞台に、二人の女が艶やかに力強く生き抜く。温厚で情緒的な梅弥、狡猾で気ままな蔦代。共に授かった類い稀な美貌を武器に、ただひたすら戦前、戦後の花柳界を生きる。花柳界独特のお茶屋の仕組みや旦那制度、一本や水揚げなど、判りにくい独自の世界がこの一冊でよくわかる。ストーリを彩る、旦那からの贈り物の三越謹製三百円の帯や、大粒の翡翠の簪、英国土産の巨大ダイヤモンドなど、随所に登場する豪華絢爛な衣裳拵えと、それを取り巻く年増女将との丁々発止のやりとりの描写は必見。店主のバイブルと同時に、不動の一位たる女流文芸作品。

links

profile

書いた記事数:831 最後に更新した日:2017/09/21

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM